データヘルス計画の日本での第一人者・今井博久先生のお話を伺いました/Health Care Inovation21研究会

とりいそぎ、画像だけでごめんなさい。

会場のプラザ神明にて

会場のプラザ神明にて

講師の今井博久先生

講師の今井博久先生

「データヘルス計画におけるKDBの利活用」

「データヘルス計画におけるKDBの利活用」

熱く語る今井先生

熱く語る今井先生

成功するデータヘルス計画とは?

成功するデータヘルス計画とは?

最後に

最後に

2060年の日本社会を見据えた社会保障・社会福祉政策に取り組む為に/第9回地域医療計画策定勉強会へ

今年も最先端の医療と介護の政策・実践を学びました

今日は東京・青山一丁目へ向かいました。

第9回地域医療計画策定勉強会・会場にて

第9回地域医療計画策定勉強会・会場にて


『HealthCare Innovation21 研究会』主催の『地域医療計画策定勉強会(第9回)』に参加しました。

昨年の取り組みに続いて、フジノは2回目の参加です。

厚生労働省医政局・佐々木昌弘室長

厚生労働省医政局・佐々木昌弘室長


今年の開催趣旨やプログラムは以下の通りです。

目的

自治体の医療介護福祉の将来構想(地域医療構想)を策定することが義務付けられ、この地域医療構想(ビジョン)に対する厚労省ガイドラインが2015年 3月31日に発表され自治体に交付されております。

自治体では、地域医療構想の実現の為の戦略策定の必要性があり、医療機関や介護施設では地域医療計画の方向性に合わせた経営戦略を実行していく必要性があります。

今回発表された厚労省ガイドラインで示されている地域医療構想区域の策定と未来推計、地域医療構想調整会議の運営方法など、具体的な地域医療計画策定に照準に当て勉強したいと思います。

必要とされている各種コーディネーター育成のための“未来医療塾”構想について検討したいと思います。

地域医療計画を担当する地方自治体の方、医療介護施設の経営者、医薬・医療材料製造販売企業、保険薬局、医療関連コンサルタントの方、また、地方自治体に対する支援ビジネスをお考えの企業の方々のご参加をお願いいたします。

プログラム

  1. 「地域医療構想ガイドラインと地域医療計画・医療介護連携について」
    厚生労働省 医政局地域医療計画課 医師確保等地域医療対策室長 兼 医政局地域医療計画課在宅医療推進室長 佐々木 昌弘氏

  2. 「2025年へのロードマップ~病床機能分化と地域連携」
    国際医療福祉大学大学院 教授 武藤 正樹氏

  3. 「日本の未来推計と地域医療計画について」
    一般社団法人 未来医療研究機構 代表理事 長谷川 敏彦氏

  4. 「地域医療計画を支援する未来医療塾について」
    株式会社MBI 代表取締役 成田 徹郎氏

  5. 「地域医療構想医療圏策定への500mメッシュデータの活用について」
    技研商事インターナショナル株式会社 営業本部副本部長 市川 史祥氏

医療政策を本格的に学び始めた頃は、そこで語られている内容の意味さえ分からなかったのが、今ではようやくついていかれるようになってきました。

さらに、こうした最先端の取り組みや国が進めている改革の方向性について、どれほど横須賀のようないち地方自治体にも大きな影響があるのかが理解できるようになってきました。

今後もこうした学びの機会に食らいついていって、横須賀のみなさまをはじめ、横須賀・三浦2次保健医療圏域のみなさんの暮らしを守る為に、しっかりと政治家として政策に活かしていきたいです。



2014年診療報酬改定、病床機能分化と地域連携/地域連携コーディネーター養成講座2013

新年最初の大学院へ

夕方から都内へ移動、2014年最初の大学院へ向かいました。

半年にわたる『地域連携コーディネーター養成講座』も、今夜を入れて残すところあと2回となりました。

大学院にて

大学院にて


今夜の講師は、武藤正樹先生です。

テーマは『2014年診療報酬改定、病床機能分化と地域連携』でした。

内容は、もっぱら時事的なテーマについて、最新の診療報酬改定の目指すものや制度変更がもたらす変化などについて膨大な資料をもとに解説していただきました。

ここから先は、フジノが講義を通して感じたことを記します(武藤先生のお考えを記したものではありません)。

介護人材の育成・離職者対策・復職支援こそ重点投資すべき

超高齢社会・未踏高齢社会に突入した今、財政的に支出が増えていくのは当然のことです。10年後には、特に『介護』分野では2.3倍の支出が見込まれています。

その財政難に対応する為に、今いろいろな政策が打ち出されています。

給付の見通し

給付の見通し


ただフジノとしては、むしろ問題は「その時、介護人材が居るのか?」という点にあると感じています。今でさえ、介護人材は足りません。

ご高齢の方々の圧倒的な増加に対して、ケアを担うことができる方々が不足し続けている限り、『介護難民』がどんどん増えていくことになります。

もっともっと『介護人材の育成』と『離職者対策』と『復職支援』に重点的に投資すべきだとフジノは考えています。

県の医療計画と市の介護保険計画をもっと連動させるべき、人材の積極的な関わりも必要

国は2025年の地域包括ケア体制の実現に向けて、下の4つのツールをフルに活かして政策誘導を行なっています。

  1. 診療報酬の改定
  2. 介護報酬の改定
  3. 医療計画の改定(あと2回)
  4. 介護保険事業計画の改定(あと4回)

お金の動きと制度による縛りで、アメとムチを駆使して、医療と福祉の仕組みを2025年の社会の姿に対応できるように取り組みをしているのです。

2025年の地域包括ケア実現に向けた工程表

2025年の地域包括ケア実現に向けた工程表


ただ、問題なのは国の狙いどおりには現実は動いていないということです。

例えば、『医療計画』と『介護保険事業計画』の連動についてです。

フジノがこの数年間ずっと国・県・市の動きを追い続けてみてハッキリと感じていることは、県の『医療計画』と市の『介護保険事業計画』は全く連動なんてしていない現実です。

市議会議員としてフジノは、しつこすぎるほどに「県の医療計画改定と市の介護保険事業計画などの計画をしっかりと連動させるべきだ」と市議会で訴えてきました。

その結果、市の医療担当部署はかなり県に対して意見を述べてくれたし、市の『医療』に関する意見は県の医療計画に反映されたと感じます。

しかし、市の『介護』に関する意見や『介護保険事業計画』が県の『医療計画』に反映されたり連動しているとは全く思いません。

これでは何の為の『医療計画』なのか、絵に描いた餅ではないかと感じています。

また、市の医療部門と福祉部門の連携はかなりうまくいっています。

しかし、市の介護部門と県の医療部門との連携が存在しているのかさえ見えてきません。

『医療』と『福祉』の連携が必要だ、さらには連携を超えて統合が必要だ、と叫ばれ続けてきましたが、行政ではなくて民間ではかなり進んできています。

早く行政が追いついていかねば、現実への対応が全く不十分だと感じます。

2014年は、フジノとしてはこの点の強化に取り組んでいきたいと考えています。

病院が激変していく

さらに重要な改革としては、病院が大きく変わっていくことがあります。

亜急性期が議論に

亜急性期が議論に


中医協でも大きな議論になった、亜急性期の扱い。

亜急性期

亜急性期

診療報酬によって誘導

診療報酬によって誘導


また、7対1を算定している現在の病院がかなりの数で変更せざるをえない制度変更。

これらについてはまた改めて詳しくご紹介したいと思います。

今夜もとても難しい内容ばかりでしたが、市民のみなさまにとって大きな影響をもたらすことばかりでした。

つまり、政治家としては知らねばならないことばかりでした。

もっともっと学んで、しっかりとみなさまにお伝えしていきます。

ケア・サイクル論/世界のどの国も体験したことのない「未踏高齢社会」に突入した日本が取るべき新しい理論

地域包括ケアを実現の最新の理論と事例を学ぶべく大学院へ

今夜は、大学院での聴講でした。

高橋紘士先生・武藤正樹先生による「医療福祉の連携と総合化〜地域包括ケアシステムの展開へ〜」です。

国際医療福祉大学院での聴講へ

国際医療福祉大学院での聴講へ


今夜のゲスト講師は、長谷川敏彦先生でした。お話を伺うのは昨年4月以来、1年ぶりです。

長谷川先生は3月いっぱいで日本医科大学教授を退官されたのですが、その熱弁は1年前と全く変わりませんでした。

身振り手振りを交えて、熱く語りつづける長谷川敏彦先生

身振り手振りを交えて、熱く語りつづける長谷川敏彦先生

  • 現在の日本は、世界のどの国も体験したことのない『未踏高齢社会』に突入している。
  • 日本の取り組みを、世界が注目している。
  • 『未踏高齢社会』の先駆者として、日本はその取り組みを世界に発信していかねばならない。
  • そして、その『未踏高齢社会』では、理論も制度も新しい枠組みを構築していかねばならない。

その為の新しい理論として長谷川先生が提唱しておられるのが

『ケア・サイクル論』

です。

長谷川敏彦先生の「ケア・サイクル論」とは

と言っても、全く難しいものではありません。

長谷川先生がおっしゃるほど新しい概念でも無くて(長谷川先生、ごめんなさい)、今では多くの方々が直感的に感じておられるであろう「ケアの在るべき姿」のことです。

ケアサイクル

ケア・サイクル


フジノなりに理解した『ケア・サイクル』を説明してみます。

『ケアサイクル』とは、1人の患者が受ける連続したケアのこと。

様々な保健資源・医療資源・福祉資源から、その時点の状況に対応したケアを受ける、というもの。

ひとことで定義すると、上のようになるとフジノは思います。

ケアサイクルの概念

ケア・サイクルの概念


かつて『病気』は、毎回孤立した出来事でした。

ドクターの仕事(使命)は、救命して完治させることでした。

その『病気』だけにピンポイントで責任を果たしていれば良かったのです。

例えば、肺炎になった方がいれば、ドクターは肺炎を治すことだけを目指して治療をすれば良かった訳です。

けれども、そういう時代は終わりました。

ほとんどの人は、複数の病気を抱えているものです。

例えば、入院して肺炎そのものは治っても、ご高齢の方は病院に入院してベットでの生活を送った後には、退院したら寝たきりになってしまうことがあります。

つまり、『病気』そのものは治せても『生活』が守れなければ、それは治療として正しく無いのです。

その時その時の処置によって、ある『病気』の状態は良くなります。

けれども、他の『病気』や『障がい』や『生活レベル』は元のようには完全には戻らないことが多いものなのです。

こうして、人はみな、完全な健康では無い状態のまま、寿命を迎えるその日まで生き続けていきます。

そこで、人の健康を『ケア・サイクル』で見ていく必要があるのです。

長谷川先生の提言というのは、このようなことだとフジノは考えています。

決して特別な考え方ではなくて、むしろ今の時代では「当たり前」という感じですよね?

ただ、それが実際の現場レベルではまだまだ実現していない。

だからこそ、長谷川先生のようにあえて理論化して訴えていくことが必要なのかな、とフジノは理解しています。

医療の新たな目的

医療の新たな目的

  • ある病気が発生する。
  • 日常の生活動作(ADL)が低下する。
  • 病院(急性期)に入院して、回復する。
  • 自宅で在宅ケアや福祉支援を受ける。
  • また容態が変化する。
  • 治療を受けて、回復すれば自宅に戻る・福祉施設に入所する。
  • このサイクルを繰り返しながら、最後は死を迎える。

長谷川先生によると、「男性は4~5回、女性は7〜8回のケア・サイクル回転をする」とのことでした(この根拠を伺ったのですがフジノには理解できませんでした)。

保健・医療・福祉のあらゆる職種が役割を分担して、地域全体で人々の暮らしを包括的に支援していくことが重要です。

さらには、都市政策・住宅政策も重要です。

こうした取り組みがフジノの考える『地域包括ケア』です。

2025年まで、あとわずか12年しかありません。

一刻も早く『地域包括ケア』を実現していきたいです。

今夜の講義では、そうした基本的なスタンスを再確認させていただきました。

社会保障の在り方そのものを変えていく為に学んだ半年間でした。修了証も頂きました/「医療福祉の転換~地域包括ケアシステムの構築へ~」

「医療福祉の転換~地域包括ケアシステムの構築へ~」最終日でした

夕方から、東京・青山一丁目の国際医療福祉大学大学院に向かいました。

4月14日から半年間にわたって毎週土曜日の夜は大学院で聴講してきたのですが、ついに今夜で最終回となりました。

国際医療福祉大学大学院前にて

国際医療福祉大学大学院前にて


今のフジノには「どうしても学ぶべき必然性があった」ので振り返ると、本当に感慨深い半年間でした。



政治家フジノの「ライフワーク」が増えた理由

10年前、フジノが政治家に転職した理由は、2つのことを実現する為でした。

  1. 対策が存在しなかった『自殺対策』を新たに創りだす為

  2. 質・量ともに圧倒的に不足している『精神保健福祉』を向上させる為

この2つへの想いが2003年にフジノを選挙に立候補させました。

政治家としての日々の中で全力を尽くしている政策は他にもいくつもあるのですが、『自殺対策』と『精神保健福祉』は僕にとっては特別なのです。

政治家でなくなっても、どんな立場に変わったとしても、これからの人生を賭けてずっと取り組んでいく『ライフワーク』なのです。

その『ライフワーク』は、当選の翌年に3つに増えました。

2004年12月、父が脳梗塞によって植物状態になってしまったことがきっかけで、新たに『高齢者福祉』についてむさぼるように学ぶようになりました。

高齢者の保健医療福祉について、全ては頭の中で『知識』としては知っていたことなのに、僕は自分自身が体験して、改めてその苦しさを痛感させられました。本当に苦しいことばかりでした。

「手術をしても助からない可能性が高い」

と言われた手術を終えて、あまりにも急なことに気が動転している中で詳しいことも分からないままに、胃ろうの造設や経管栄養を行なうようにドクターに言われるがままに家族として判断をせざるをえなかったこと。

障害者手帳の申請や、生命保険の一時金の申請、介護認定の申請、市役所のあらゆる窓口を駆けずり回ったこと。

3ヶ月が経つとすぐに退院を迫られて自宅で介護をするのか、特別養護老人ホームや療養病床に受け入れてもらえないか、悩みぬいて苦しんだこと。

施設への入所を決めた後も、全く受け入れ先が見つからなかったこと。すさまじい数の待機者がいることを改めて痛感させられたこと。

疲弊しきった家族は心身がボロボロになって家族が倒れたり、入院したりが続いたこと。

そんな時、助けてくれるはずの市役所の相談窓口も、病院の相談室も、何も有効な相談相手にはなってもらえなかったこと。

長期の入院は、医療費以外にも出費がすさまじくて、僕はどんどん借金をしなければ入院費をまかなえなかったこと。

高齢者福祉には、こうした問題がずっと昔から存在していて、しかも今も状況は全く変わっていないことを体験しました。

こうして『高齢者福祉』は『ライフワーク』になりました。

政治家としてこの現実を絶対に変えなければいけないし、家族として父を取り巻く現実を変えなければいけないのです。

最終回の講師は高橋紘士先生ご自身です

最終回の講師は高橋紘士先生ご自身です


植物状態の父との8年間の日々を通して直面した問題に1つ1つ取り組んでいくうちに、その背後に、全てに共通している根っこが見えてきました。

それは、知れば知るほど、学べば学ぶほどにハッキリと見えてきました。

このままの政治・行政が続く限りは、僕と僕の父のような問題はむしろ避けることはできない。むしろ、この先もっと爆発的に増えていかざるをえない、ということが分かりました。

その理由は、

この先わずか30年のうちに人口やその構造が急激に変化していくから

です。

もはや完全に日本社会は変わってしまうのです。

コメントする武藤正樹教授

コメントする武藤正樹教授


それにもかかわらず、確実にやってくるその変化に対応する為の準備はほとんどなされていません。

現在の福祉政策の多くは、戦後60年間続いてきた経済社会状況の古い枠組みの中で、その場しのぎのやりとりをしているに過ぎないのです。

今の日本の社会保障制度のままでは、僕と僕の父よりももっともっと悲惨な状況を味わう人々が凄まじい勢いで爆発的に増えていくことを避けることはできないのです。

『社会保障制度の在り方』そのものを変えていかなければならない。

そんな『危機感』がフジノの中でどんどん強くなってきました。

こうして、『社会保障の在り方』そのものについて取り組むことが4つ目の『ライフワーク』なのだ、と考えるようになりました。



「ライフワーク」の政策に徹底して専念していくと改めて決意しました

3期目に立候補するにあたって、選挙ではそうした『想い』を率直に語ってきました。

しかし、実際には当選直後から今年3月末までは『震災対応』と『原子力事故』に関する仕事にひたすら追われていました。

そして、あっという間に1年間が過ぎていきました。

もちろん、『震災対応』も『原子力事故』に関する仕事も大切です。

けれども僕は

「自分の能力や心身のキャパシティを考えると自分の成すべきことを絞らなければならない」

と感じました。

「いくつもいくつも抱えすぎているテーマをリセットしなければならない」

とハッキリと思いました。

次から次へと相談を受けるがままに取り組んでいくだけでは自分はすり減っていくばかりで、本来成すべきことを実現できなくなってしまう。

僕が政治家として成すべきことは4つ。

そもそもこの4つだけでも、あまりにも大きすぎるテーマなのだ。

この4つだけに専念しよう、そう決心しました。

「その決心に忠実である為に僕は学ばなければならない」

と感じました。

2030年、2050年に向けて、今までとは全く違う社会構造の中で『地域保健医療福祉』を推進する為にもっと深く学ぶことが必要だと痛感してきました。

そして、これまで読んできた文献や、傍聴を続けてきた国の審議会などで強い関心のあった先生方から直接に学ぶ機会を得る為に、この半年間の講座を受講することにしたのです。

 半年間、通い続けることができて本当に良かったです。

修了証も頂きました

修了証も頂きました


『震災対応』と『原発事故』関連の課題への対応に奔走してきた昨年1年間のフジノのことを応援してきた」

という方々からはたくさんのひんしゅくを買うことになるのかもしれません。

けれどもフジノは本来のテーマに戻って、自分が今成すべきだと信じることに専念していきたいと考えています。

今、聴講を始める前よりもあらゆることを学んで、より一層、『危機感』は強くなりました。

学んだ成果はすでに本会議や委員会での質疑にどんどん反映しているつもりです。

さらに学び続けて、フジノはフジノが成すべきことをしっかりと1つずつ実現していきます。

どうか市民のみなさまには、そんなフジノの活動を信じて見守っていていただきたいです。



2050年の日本を希望の持てる姿にする為に今やるべきこと/大学院で「医療福祉の転換~地域包括ケアシステムの構築へ」を学びます

国際医療福祉大学院で14週間学びます

夕方から、東京・南青山の国際医療福祉大学大学院へ。

国際医療福祉大学院にて

国際医療福祉大学院にて


医療・福祉の連携を学ぶ為に、これから14週にわたって土曜日は大学院の講義を聴講します。

講義のタイトルは

『医療福祉の転換~地域包括ケアシステムの構築へ』

です。

平成24年度から診療報酬、介護報酬の同時改定が実施された。

医療福祉介護は今後21世紀型ケアシステムの構築にむけ歩みだすことができたのだろうか。

本講義はこのような問題意識で、地域包括ケアにむけた方向性を検証することとしたい。

その際、今後重要となる住宅政策、経済政策についても留意する内容とする。

というのが、講義の紹介文です。



医療・福祉政策のリーダー2人から学びます

コーディネーターは、こちらのお2人です。

  • 高橋紘士先生(医療福祉学分野・教授)
  • 武藤正樹先生(医療経営管理分野・教授)

お2人は、日本の医療・福祉政策の重要メンバーです。

2025年の日本の在り方として『地域包括ケア』が提唱されていますが、そのもととなった『地域包括ケア研究会報告書』を作成した研究会のメンバーの1人が高橋紘士先生です。

高橋紘士先生の講義風景

高橋紘士先生の講義風景


すでに武藤正樹先生についてはこのHPでも何度かご紹介しましたが、新たな『医療計画』を策定する審議会の座長を務めた方です。

また、3月23日に第1回が開かれた『精神科医療の機能分化と質の向上に関する検討会』の座長でもあります。

このお2人のコーディネートによって、医療・福祉分野のトップリーダーである方々から学んでいきます。



まもなくやってくる日本の姿を直視しなければ対策も生まれない

初回である今日は、高橋紘士先生によるイントロダクションでした。

人口の推移

人口の推移


まもなくやってくる日本の姿を直視することからスタートしました。

世帯類型別世帯数の推移

世帯類型別世帯数の推移


国土交通省が昨年発表した推計によれば、

  • これまでは最も一般的であった『夫婦と子』の世帯はまもなく少数派になる。

  • これまでは少数派であった『高齢者単独』の世帯がまもなく最も一般的な形になる。

  • まもなく日本の人口は、終戦後と変わらないほどに減っていく。

人口が減少するのは、もはや何年も前から分かっていた『事実』です。

問題なのは、人口構造(世帯の形など)が大きく変化していくことです。これに対応した社会全体の政策を打っていかねば、日本は立ちゆかなくなるのです。

現実を直視すること。

それだけしか前に進むことはできません。



フジノの使命は2050年の日本を希望の持てる姿にすることです

政治家フジノにとって、2025年~2030年まで社会保障・社会福祉を守ることが最大の課題です。

団塊の世代が後期高齢者になる大きな波をまず乗り越えなければいけません。

福祉を守って、次の世代に引き継ぐことが自分の最大の仕事なのだと覚悟しています。

けれども、その波を乗り切ったら、団塊ジュニア世代が後期高齢者になる2050年がやってきます。

フジノも団塊ジュニア世代なのですが、僕たちの世代が亡くなると、日本の人口は一気に減少していきます。

この2つの大きな波を乗り越えると、日本は今とは全く違う姿になります。

その新しい姿が少しでも希望が感じられるものであるように現実を変える力を持っている政治家という立場の1人として、全身全霊を賭けて取り組んでいきたいです。