「横須賀子ども未来プラン(素案)」に448件もの意見が寄せられました/児童福祉審議会子ども・子育て分科会(第9回)

「子ども・子育て分科会(第9回)」が開かれました

今日は、児童福祉審議会の『子ども・子育て分科会(第9回)』が開かれました。

子ども・子育て分科会の会場にて

子ども・子育て分科会の会場にて


『子ども子育て支援新制度』が今年4月からスタートするにあたって、新たな計画を作らねばなりません。

2013年8月からスタートしたその計画づくりが、ついに終わろうとしています。



パブリック・コメントの結果、市民のみなさまから448件のご意見を頂きました

今回の議事は下の通りです。

子ども・子育て分科会の議事次第

子ども・子育て分科会の議事次第


昨年末に行なわれた『パブリック・コメント』の結果、市民のみなさまからたくさんのご意見が寄せられました。

199名の方々から、合計448件ものご意見を頂きました。政治家としてフジノは本当にありがたく感じます。

第1章から第4章までのパブリックコメントで寄せられた意見の件数

第1章から第4章までのパブリックコメントで寄せられた意見の件数


最も多くのご意見を頂いたのは、『地域子ども・子育て支援事業』についてでした(141件)。

第4章からその他までのパブリックコメントで寄せられた意見の件数

第4章からその他までのパブリックコメントで寄せられた意見の件数


続いて、『学童クラブの基準条例関係』が101件、『学童クラブの全般』が83件にものぼりました。

学童クラブの今後に対する不安と期待の高さが強く読み取れる結果となりました。

さらに、『子育て支援の推進』も56件とご意見が集中しました。

分野別に見ても、内容を見ても、市民のみなさまの『子ども・子育て支援』の在り方に対する強い関心が伺うことができました。



パブリック・コメントで頂いたご意見へどのような回答をするか議論されました

そのご意見に対して、『子ども・子育て分科会』がどのような回答(『頂いたご意見への考え方』と呼んでいます)をするのかが議論されました。

実際には、事務局である『こども育成部』が作成した回答案をもとに、分科会メンバーのみなさまがその案を読んで、議論をします。

最終的に、事務局の原案どおりに回答を出すことに決定しました。

その内容はこちらです。



児童福祉審議会・全体会へ送られました

この分科会の結果は、最終的に『児童福祉審議会・全体会』に送られました。

とはいえ、実際はわずか1時間後に『全体会』はスタートします。

その内容は次の記事で報告いたします。



「子ども子育て支援事業計画・素案」に「こどもの貧困対策」が加えられました/児童福祉審議会子ども・子育て分科会

「子ども・子育て支援事業計画」作りが大詰めを迎えています

けさは、『はぐくみかん』で開催された、『児童福祉審議会子ども・子育て分科会』(第8回)を傍聴しました。

児童福祉審議会子ども・子育て分科会会場にて

児童福祉審議会子ども・子育て分科会会場にて


この『子ども・子育て分科会』は、昨年(2013年)新しく設置されました。

来年(2015年)4月からスタートする、新たな『子ども・子育て支援事業計画』を作ることがその役割です。

昨年8月29日に第1回が開催されて、議論がスタートしたのです。

議事次第より

議事次第より


それから1年が経ちました。

11月には『計画・素案』をパブリックコメントにかける予定なのですが、本日はまさに議論の大詰めを迎えました。



新たに「こどもの貧困対策」が計画素案に書き加えられました!/フジノの提案、実現しました

『計画』についてお伝えすべきことはたくさんあるのですが、今日はフジノが特にお伝えしたいことを1つだけ記しますね。

フジノの提案が実現しました。

今日示された『子ども・子育て支援事業計画(素案)』=事務局案に、『こどもの貧困対策』が新たに追加されました。

フジノは9月議会の市長への一般質問で「子ども・子育て支援事業計画に『子どもの貧困対策』を明記すべきだ」と提案しました。

それに対して、市長は「計画には『こどもの貧困対策』も盛り込む」と答弁しました。

その結果、本日新たに事務局から示された『子ども・子育て支援事業計画(素案)』には、新たに『こどもの貧困対策』の記述が加えられました。

横須賀市子ども・子育て支援事業計画(素案)より

横須賀市子ども・子育て支援事業計画(素案)より


本当に良かった!



「こどもの貧困対策」が書き加えられた部分を紹介します

『計画素案』の中で、新たに書き加えられた『こどもの貧困対策』の部分を紹介します。

まず、『現状分析』において、下のように書き加えられました。

第2章 現状の分析
3.子どもと青少年を取り巻く現状

(6)子どもの貧困
子どもの将来が、生まれ育つ家庭の事情等に左右されず、貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図れるよう、平成26年8月29日に『子供の貧困対策に関する大綱』が閣議決定されました。

本市では、子どもの貧困に関する主な指標として、保育所や小中学校に入所・入学されている子どもの課税状況に着目し、生活保護世帯及び市民税や所得税非課税世帯等が概ね20%程度あり、経済的に厳しい世帯があることが分かります。

(事務局案p18)

次に、『課題解決に向けた方向性』において、下のように書き加えられました。

5.計画で取り組むべき課題と課題解決に向けた方向性
(5)特に支援を必要とする子どもとその家庭への支援の充実

子ども・子育て支援法は、障害、疾病、虐待、貧困、家族の状況等により、深刻な困難を抱えやすく、社会的な支援の必要性が高い子どもやその家族を含め、全ての子どもや子育て家庭を対象とし、一人一人の子どもの健やかな育ちを等しく保障することを目指しています。

社会的養護が必要な子ども、貧困状態にある子ども、障害児等、特に支援を必要とする子どもとその家庭に必要な支援を行うとともに、予防や早期発見の観点から本市の関連機関の連携強化を行います。

(事務局案p37)

④子どもの貧困対策
大綱で示された我が国の子どもの貧困率は、 16.3%(平成25年)とされ、 17歳以下の子どもの約6分の1が経済的に困窮しているといわれています。

この状況は子ども達に責任があるものではなく、経済的に困窮しているため、結果的に教育の機会が失われたり、将来が閉ざされるといったことは、あってはなりません。

子どもの育つ力を育み、子ども達が将来に希望が持てるよう、子どもの成長や家庭状況に応じた支援を図るとともに、子どもの貧困に関する調査・把握に努め、有刻な施策の充実に役立てていきます。

(事務局案p38)

『計画素案』には5つの太柱があります。

前回までの「計画素案」の5つの太柱

前回までの「計画素案」の5つの太柱


このうち太柱5『特に支援を必要とする子どもとその家庭への支援の充実』には、前回までの『計画素案』では、4つの中柱が記されていました。

4つの中柱

(1)児童虐待防止の充実
(2)ひとり親家庭の自立支援の推進
(3)障害児施策の推進
(4)社会的養護体制の充実

しかし、これに新たに5つ目の中柱が加わりました。

4つの中柱

(1)児童虐待防止の充実
(2)ひとり親家庭の自立支援の推進
(3)障害児施策の推進
(4)社会的養護体制の充実
(5)子どもの貧困対策

事務局案p46より

事務局案p46より

事務局案p83より

事務局案p83より

事務局案p84より

事務局案p84より

フジノとしては、『計画素案』への書き込みの弱さや、この計画づくりは『こどもの貧困対策』を充実させる重要な機会なのに、などいろいろな感想や想いはあります。

けれども、まずは一歩前進です。

とりいそぎ、ご報告でした!



里親・ファミリーホーム・施設の小規模化など「家庭的養護」を推進する横須賀市初の計画を作ります/(仮称)社会的養護推進計画の策定を行なっています

横須賀市が新たな計画づくりをスタートします

2014年9月5日の教育福祉常任委員会で報告されたことの1つに、とても大切な事柄がありました。

『(仮称)横須賀市社会的養護推進計画』の策定について

です。

教育福祉常任委員会・一般報告・説明資料より

教育福祉常任委員会・一般報告・説明資料より


といっても、横須賀市だけが全国初で独自にスタートさせるという特別なことではありません。

2年前(2012年1月30日付)に『児童養護施設等の小規模化及び家庭的養護の推進について』という厚生労働省雇用均等・児童家庭局長からの通知が出されていました。

厚生労働省からの通知

厚生労働省からの通知


2年も時間が立っている理由は、通知の本文を読むとわかります。

  • 2013〜2014年度は各施設との調整期間とすること
  • 2015年度スタートの15カ年計画を作ること
  • 計画は、5年ごとに前期・中期・後期とすること

この2年間の調整期間が終わり、横須賀市も15カ年の計画を作るべき時期となった訳です。

(※横須賀市は全国で中核市ながら2ヶ所だけ児童相談所をもっているうちの1つです。『都道府県計画』とありますが、児童相談所設置市である横須賀市も『計画』づくりが求められています)

通知本文より

通知本文より


全国で親と暮らせないこどもたちが厳しい現実の中に置かれています。

血のつながりとは関係なく、育ての親との愛情の通った家庭環境がこどもたちには絶対に必要です。

けれども現状では、乳児院・児童養護施設などの施設で暮らしているこどもたちが90%、里親さんのもとで暮らすことができているこどもたちはわずか10%です。

この状況を大きく変えていく為の長期的な計画を国をあげて全国で作っていくのです。

2029年がゴールの目標とあまりにものんびりしているのにフジノは不満です。

けれども、やっと里親・ファミリーホーム・施設の小規模化へ光があたったことには大歓迎です!



横須賀市の計画づくりのメンバー

教育福祉常任委員会で配布された説明資料をPDFファイルにしました(こちらを御覧下さいね)。

「(仮称)横須賀市社会的養護推進計画の策定について」より

「(仮称)横須賀市社会的養護推進計画の策定について」より


計画づくりにあたって審議を担当するのは、すでに設置されている『横須賀市児童福祉審議会』の中にある『措置分科会』です。

会長は社会福祉法人横須賀基督教社会館館長が就任しており、他のメンバーは精神科医・小児科医・神奈川県立保健福祉大学准教授・弁護士など合計7名の委員で構成されています。



横須賀市の計画の位置づけ

15年間もの壮大な計画は社会情勢の変化もあるので現実的ではありません。

そこで横須賀市ではまず前期5年間の計画を作ります。

ただ残念ながら、単独の『横須賀市社会的養護推進計画』とはなりません。

『横須賀市子ども・子育て支援事業計画』という大きな計画の中に、盛り込む形で位置づけます。



横須賀市の計画に明記する予定の内容

目次も事務局案が示されていますが、以下の予定です。

第1章 計画策定に当たって
第2章 社会的養護の取り組み経過、現状及び課題
第3章 計画の基本的方向性及び社会的養護の需要量・供給量
第4章 市内児童養護施設等の家庭的養護推進計画
第5章 本市の取り組み

  1. 里綴開拓と委託の推進
  2. 施設の家庭的養護の推進
  3. 施設の専門的ケアの充実
  4. 施設の人材確保・人材育成
  5. 子どもの自立支援の充実
  6. 家族支援及び地域支援の充実
  7. 子どもの権利養護の推進
  8. 児童相談所の体制強化
  9. 本市の第一義的児童家庭相談窓口の機能強化

第6章 本市の社会的養護推進計画

  1. 本市の社会的養護推進計画
  2. 社会的養護に係る本体施設、グループホーム及び里親・ファミリーホームの構成割合

第7章 進行管理等

9月5日の委員会報告までにすでに4回の会議が行なわれています。

この後、3回の会議とパブリックコメント、さらに2回の会議を行なって決定となります。

完成は2017年3月の予定です。

とても重要な計画づくりなので今後も注目していきます。

施設(乳児院・児童養護施設)が悪なのではありません。

施設も重要です。

その一方で、全てのこどもが家庭的な環境(フジノは特に里親さんを圧倒的に増やしたいです)で暮らせるようにするのは、政治・行政の責任です。

世界を見渡せば、実親と暮らせないこどもたちの100%が里親さんに委託されている国々があります。

日本は圧倒的に遅れています。

横須賀からこの異常な状況を変えていけたらと願っています。



後日追記(2014年11月10日)

計画案が完成しましたので、パブリックコメント手続きをスタートしました。



新しい「子ども子育て支援制度」づくりの議論がスタート/児童福祉審議会、子ども育成分科会、子ども・子育て分科会

「子ども子育て支援新制度」に向けて、児童福祉審議会で議論が始まりました

今日は『児童福祉審議会』が開催されました。

5月21日の児童福祉審議会に続いて、『子ども子育て支援新制度』についての議論が本格的なスタートを迎えました。

会場のはぐくみかん5階にて

会場のはぐくみかん5階にて


3つの会議が立て続けに開かれて、合計3時間にわたりました。

  1. 児童福祉審議会の全体会
  2. 分科会:子ども育成分科会
  3. 分科会:子ども・子育て分科会




傍聴者はなんと20名!「新制度」への関心の高さが感じられました

通常の傍聴の定員は10名なのですが、傍聴を希望する方々の熱意の高さもあり、今回は希望者全員(20名)が傍聴することが可能となりました。

フジノは様々な審議会を傍聴していますが、こうした関心の高さは大変うれしいことです。

第17回児童福祉審議会のプログラム

第17回児童福祉審議会のプログラム


もっぱら保育・幼稚園・学童保育などの関係者の方が多かったようです。

ぜひ市民のみなさまと関係者のみなさまと横須賀市とが一緒になって、新たな制度づくりを進めていきたいです。

第21回子ども育成分科会のプログラム

第21回子ども育成分科会のプログラム


新たに設置された『子ども・子育て分科会』は、今日が初開催(第1回)でした。

第1回子ども子育て分科会のプログラム

第1回子ども子育て分科会のプログラム

新しい制度づくりに向けての議論についてお伝えしたいことはたくさんあるのですが、ここでいったんストップします(のちほど改めて更新します)。

実はブログを書いている今、『猿島』で火災が起こったという連絡が入りました。とても心配です。



里親・ファミリーホーム・施設の小規模化など「家庭的養護」を推進する初めての計画「(仮称)社会的養護推進計画」案のパブリックコメント手続きがスタートします/ぜひあなたのご意見をお待ちしております

横須賀市社会的養護推進計画の計画案ができました

いろいろな事情から生みの親のもとで暮らせないこどもたちがたくさんいます。

本来ならば、全てのこどもたちは家庭的な環境のもとで愛情をもって育てられて成長していく『権利』があります。

こどもたちに家庭的な環境を提供することは政治・行政の『義務』でもあります。

けれども実態は、施設(乳児院・児童養護施設)で集団で育てられるこどもたちが90%にのぼり、里親さんのもとで育つこどもはわずか10%しかいない現状があります。

一方、海外では、生みの親のもとで暮らせないこどもは施設ではなく、里親さんのもとで暮らして育つことが100%である、という進んだ国々もあります。

そんな日本の現状を変えていく為に、国も自治体も取り組みにようやく乗り出しました。

横須賀市でも『(仮称)社会的養護推進計画』づくりをスタートしたことを9月9日のブログ記事でご報告しました。

とはいうものの、その実態は、

  • 厚生労働省からの通知にもとづいて作らねばならないという押し付けられ感
  • 15年間もの計画を作らねばならないという現実感の無さ

の中でスタートしたものでした。

残念ながらフジノ自身、今年度はこのテーマを所管している教育福祉常任委員会の委員から外されてしまっています。

本会議では質問時間が足りずこのテーマに触れられず、委員会に所属していないので質問そのものができませんでした。とても残念です。

それでも今回の計画が策定されることは、こどもたちの人権にとって本当に大きな意味があります。

横須賀市社会的養護推進計画案

横須賀市社会的養護推進計画案


前回のブログでの報告から2ヶ月が経ち、ついに計画案ができました!



パブリックコメントを明日からスタートします

この計画案について、パブリックコメント手続を明日からスタートします。

あなたのご意見をぜひいただければと願っております。

横須賀市社会的養護推進計画案のパブリックコメント手続きがスタートします

横須賀市社会的養護推進計画案のパブリックコメント手続きがスタートします


横須賀市からパブリックコメント手続きを実施するにあたって冒頭にごあいさつが記されています。

すべての子どもは、適切な養育環境で、安心して自分をゆだねられる養育者によって、一人ひとりの個別的な状況が十分考慮されながら養育される必要があります。

しかし、児童虐待等さまざまな理由により家庭で適切な養育を受けられない子どもは、社会全体で公的責任をもって保護し、健やかに育んでいく必要があります。

このような社会的養護を必要とする子どもたちは、心身ともに大きなダメージを受けているため、その養育は、できる限り家庭的な環境のもと、特定の大人との継続的で安定した関係により行われる必要がありますが、わが国では、このような子どもに対する養育を、これまで主に児童養護施設等の施設により行われてきました(施設養護)。

今後、施設養護から家庭的環境での養育を主体とした体制に転換していくためには、施設養護においては、施設の小規模化や地域分散化を推進し、併せて里親やファミリーホームによる養育も推進していく必要があります。

さらには社会的養護を市民全体で担っていくという風土を醸成していくことも大切になってきます。

これらを踏まえ、社会的養護を必要とする本市の子どもたちが、家庭的環境のもと、安全に安心して生活できるよう、本市の社会的養護推進計画を策定することとしました。

この度のパブリック・コメント手続は、(仮称)横須賀市社会的養護推進計画案に対して、ご意見を伺うものです。

(赤太文字化はフジノによります)

ご意見の募集は

  • 2014年11月11日から12月2日まで

  • ご意見の提出方法は下のとおりです

    1.直接持ち込み
    ・こども育成部こども施設指導監査課(横須賀市役所はぐくみかん5階)
    ・市政情報コーナー(横須賀市役所2号館1階32番窓口)
    ・市内の各行政センター

    2.郵送
    〒238-8550 横須賀市小川町11番地
    横須賀市役所 こども育成部こども施設指導監査課

    3.FAX
    046-827-0652(こども育成部こども施設指導監査課)

    4.電子メール
    cfgi-cfr@city.yokosuka.kanagawa.jp

  • 書式は問いません

計画案はこちらになります(PDF化してあります)。

どうかあなたのご意見をお寄せください。

よろしくお願いいたします!



追記(2015年3月)

パブリックコメントを終えた結果が教育福祉常任委員会に報告されました。