決算委員会スタート!本日は「健康部」「病院事業会計」を審査しました/2015年9月議会

(*時間のつごうで途中までしか書けていませんが、いったんアップします)

決算委員会がスタートしました

1ヶ月間にわたる9月議会も、ついに後半戦に突入しました。

本日から、決算委員会がスタートしました。

市役所玄関に掲示されている「本日の市議会スケジュール」

市役所玄関に掲示されている「本日の市議会スケジュール」


4つの分科会にわかれて、市役所の全部局・特別会計・企業会計の決算を審査していきます。



健康部の決算

フジノが所属しているのは『教育福祉分科会』です。

決算委員会の議事次第

決算委員会の議事次第


まず、健康部の決算審査からスタートしました。

決算説明資料・健康部

決算説明資料・健康部


フジノは13の視点から、約50分間質疑をしました。

  1. 地域包括ケア推進の為の人材養成について

    ・診療所開業医が在宅医同行研修に参加しやすくする工夫について

    ・看護師離職防止研修を実施後、質的な評価は高いが現実的に離職を防げているかデータで明らかにする必要性について


  2. 結核が生活保護世帯において増えている原因について

    ・結核医療費交付負担制度(37条)を利用している生活保護世帯が増えている原因分析


  3. 保健所の精神保健福祉相談(訪問)の重要性と、民間メンタルクリニックによるアウトリーチとの役割分担について

    ・保健所の専門医と保健師による訪問での精神保健福祉相談と、民間のメンタルクリニックや精神科病院によるアウトリーチ活動との役割分担とその充実の必要性について


  4. 精神障がいのある方のグループホーム体験利用事業が2014年度ゼロ名だったことの原因分析と、利用しやすい体制整備について

    ・精神障がいのある方々がグループホームでの暮らしにチャレンジしたいと感じた時に、安心して踏み出せるようにDVD等の利用によるハードルを下げる必要について

    ・ご家族のレスパイトケアの為に利用できるにもかかわらず、実績がゼロ名だったことの原因分析と、今後の利用しやすい体制づくりについて


  5. 自殺対策のゲートキーパー養成研修会での研修が求めているゴールと、モチベーションが高い受講者の想いとのミスマッチを解消する必要性について

    ・ゲートキーパー養成研修を受講した方々から「受講はしたけれど、本当に誰かに死にたいと相談された時に何もできそうにない」と強い危機感を抱いていおられる意見が多く、現在の研修ではゴールとして実際にはそこまで求めていないということを明確にする必要性について

    ・今後のゲートキーパー養成研修及びフォローアップ研修において、専門機関の存在と専門機関につなげるという意識を持っていただくことの必要性をより明確化する改善について


  6. エイズ予防普及・啓発事業において、2014年度初開催した2回の街頭啓発の結果、専用電話による相談の件数が増加につながっているか

    ・先進国で唯一わが国だけがHIVキャリアが増加している現状で、初めて本市がショッピングセンター等の多くの人びとが集まる中で開催したエイズ予防普及啓発の街頭キャンペーンの効果について

    ・街頭キャンペーンが専用電話による相談件数の増加に実際につながっているか


  7. 骨髄提供希望者登録推進事業の明確な目標設定の必要性と、実際に骨髄提供をした方された方の講演等との連携について

    ・残念ながら2014年度も骨髄提供希望者登録が定時・随時2名にとどまってしまった原因分析と、今後の年度目標設定の必要性について

    ・登録者アップの為に、実際に骨髄提供をした方とされた方の講演などの機会と積極的に連携する必要性について


  8. 血液対策事業(輸血募集のことです)に横須賀市が広報だけでなく市立病院と連携して積極的に取り組んでいく必要性について
    ・現在の横須賀市の血液対策事業が広報よこすか掲載しか無い現状を変え、市立2病院と連携して積極的に血液対策事業に取り組んでいくべき必要性について

  9. 健康食生活推進事業のうち『栄養改善事業』(個人)の存在を周知して誰でも受けられるようにすべき必要性について

    ・2014年度は『栄養改善指導(個人)』48人と報告されたが、この指導を受けられるのはあくまでもたまたま保健所に電話相談をした方の内容が『栄養関係』だったものをカウントしているに過ぎない。

    ・誰もが『栄養改善指導』を受けられることをしっかりと広報・周知して市民の栄養状態改善につなげるべきではないか。


  10. 健康食生活推進事業のうち『飲食店栄養成分表示推進説明会』『栄養成分表示活用講習会』を開催した結果と今後の店舗数増の必要性について
    ・2014年度、合計5回の『栄養成分表示推進説明会』と1回の『栄養成分表示活用講習会』を開催した結果、実際に栄養成分表示を店内に始めた店舗は何店舗に増えたのか

    ・取り組みをさらに進めて飲食店による『栄養成分表示』をさらに増やす必要性について

病院事業会計(市民病院・うわまち病院)の決算

決算説明資料・病院事業会計(市民病院・うわまち病院)

決算説明資料・病院事業会計(市民病院・うわまち病院)

*続きは後で必ず書きます。ごめんなさい。



浜家連のフォーラム「こころの病の方に訪問支援します!」へ

浜家連の市民精神保健福祉フォーラムへ

今日は、横浜市の戸塚公会堂へ向かいました。

戸塚公会堂にて

戸塚公会堂にて


『NPO法人横浜市精神障害者家族会(通称・浜家連)』が開催した『市民精神保健福祉フォーラム「こころの病の方に訪問支援します!」』に参加しました。

浜家連のチラシより

浜家連のチラシより


入院ではなく、地域での生活支援を進めていく

精神科病院を廃止したイタリアのことを記しましたが、『精神科病院を無くすこと』とイコールなのが『地域での暮らしを支援すること』です。

日本では『精神科病院を減らすこと』は進んでいませんが、『地域での暮らしを支援すること』は少しずつ進み始めています。

グループホーム・自宅などの地域での暮らしの場に、保健・医療・福祉サービスや就労支援などが受けられる体制を広げていくことがとても重要です。

今日のフォーラムでは、横須賀北部〜横浜南部における地域での訪問支援の実践活動について伺いました。

講師は、藤原修一郎さん(金沢文庫エールクリニック院長)と野々上武司さん(訪問看護ステーションleaf)です。

金沢文庫エールクリニックは、京浜急行金沢文庫駅から徒歩数分のメンタルクリニックです。地域への『精神科訪問診療』『精神科訪問看護』を行なっています。

さらに、2012年2月から新たに『訪問看護ステーションleaf』をスタートさせました。横浜市金沢区を中心に、栄区、磯子区、港南区、逗子市、横須賀市などに『精神科訪問看護』を行なっています。

訪問支援の流れ

訪問支援の流れ

チームアプローチ

チームアプローチ

質疑応答

質疑応答

戸塚駅へ向かう道のり

戸塚駅へ向かう道のり

横須賀の精神科訪問看護

横須賀市HP(2011年に掲載)によると、訪問看護を行なっているステーションは以下の通りです。


名前電話番号
よこすか訪問看護ステーション824-3065
湘南訪問看護ステーション865-9784
衣病訪問看護ステーション852-1471
衣病訪問看護ステーション長瀬843-3172
聖ヨゼフ訪問看護ステーション822-2187
せいれい訪問看護ステーション横須賀857-8840
福井記念病院 外来訪問看護室888-2145
かしこ839-2424

神奈川県の『訪問看護ステーション連絡協議会』のHPの情報では、さらに数カ所が増えています(訪問看護ステーション一覧はこちらをご覧下さい)。

参考:訪問支援について

訪問支援については、こちらのサイトや下の動画などをご覧下さい。


かながわ精神科訪問看護&アウトリーチ研究会へ

新たな研究会スタート

今夜は、新横浜駅から徒歩10分の横浜市総合保健医療センターに向かいました。

新しく立ち上がる『かながわ精神科訪問看護&アウトリーチ研究会』に参加する為です。

夜の新横浜はとても寒く、道路の所々にまだ雪が残っていました。

横浜市総合保健医療センター

『かながわ精神科訪問看護&アウトリーチ研究会』の代表・顧問は次のお2人です。

  • 代表:松井洋子さん(さいとうクリニック・精神科認定看護師)
  • 顧問:相澤和美さん(東京・地域精神ケアねっと)

実は、フジノはたまたま御二方ともご縁がありました。

相澤さんとフジノは『リカバリー全国フォーラム』の企画・実行委員会メンバー仲間で、2009年からご一緒させて頂いています。

相澤さんは精神科訪問看護のリーダー的存在で、とても分かりやすい入門書も書いて下さってます。ぜひご覧下さいね。

これで大丈夫!精神科訪問看護はじめてBOOK

『これで大丈夫!精神科訪問看護はじめてBOOK』(相澤和美編、精神看護出版、2010年)

松井さんは、『リカバリー全国フォーラム2012』分科会2『みんなで丸くなって話そう、リカバリー~医療の場でリカバリーを育てるには~』に、相澤さんとともに出演して下さいました。

さて、研究会の呼びかけ文です。

このたび、神奈川県周辺の精神保健医療福祉に関わる多職種および当事者が連携し、暮らしやすい街づくりのネットワーク、システムの実現をめざし、共に知り合い、学び合う機会を作りたいと考えました。情報交換や実践能力向上の機会とする為に、「かながわ精神科訪問看護&アウトリーチ研究会」を発足することになりました。人と人とをつなぐネットワークづくりは、お互いを思いやり、可能性を信じ、成長しあえることが大切で、なによりもその人の人柄や、深い人間性によるものが大きいと確信しています。

本研究会の活動理念は「誰もが無理せず、できることから・・・」仲間と共に支え合って、活動をすすめてゆきたいと考えています。精神保健医療福祉に関わる方、精神科訪問看護、アウトリーチに関心のある方など、どなたでも参加できます。

どうぞお気軽にご参加下さい。皆さまのご参加をお待ちしております。

この呼びかけに応えて、約30名が集いました。

あらゆる職種が参加

参加した方々の職種は様々で、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、ケースワーカー、臨床心理士など。

ただ、政治家で参加したのは(いつもながら)フジノだけでした。

専門職のみなさんに囲まれて(いつもながら)アウェー感、たっぷりでした。

いろいろな機会に「多職種の連携が必要だ」と叫ばれるのに、そこには政治家がいつも存在していません。

これでは絶対にダメです。

政治家こそもっと現場の声をじかに聴きに行って、どんどん意見を交わさないといけないはずです。

次に、参加者の方々の勤務先はというと...。

  • 神奈川県立精神医療センター芹香病院
  • 北里大学医療衛生学部作業療法学専攻
  • 横浜市立みなと赤十字病院
  • 横浜市総合保健医療センター訪問看護ステーションみんなのつばさ
  • 東横恵愛病院
  • 在宅療養支援ステーションかえでの風
  • 訪問看護ステーションACT-J
  • 北里大学東病院
  • 訪問看護ステーションKAZOC
  • 横浜市立みなと赤十字病院
  • 横浜市南区福祉保健センター
  • 横浜市神奈川区生活支援センター
  • うしおだ診療所
  • 横浜市港北区生活支援センター
  • 横浜舞同病院
  • 久里浜医療センター
  • 横浜市こころの健康相談センター
  • 曽我病院
  • すペーすあい

その他にもいらっしゃるのですが、フジノがメモを取りきれませんでした。

横須賀からは、フジノの他にお一人いらしてました。良かった!

実は、カフェトーク参加経験者が4人も居ました。つまり7人に1人の割合です!会場でお互いに初めて参加を知って、嬉しかったです。

ぜひ次回は、横須賀・三浦、県西部、県の全域からもっと参加して頂きたいです。ご関心のある方はぜひいらして下さいね。

かながわ精神科訪問看護&アウトリーチ研究会

今夜は第1回ということもあって、参加者全員の自己紹介(これまでの取り組み、今後取り組んでいきたいこと)を行なっただけで予定の時間を過ぎてしまいました。

次回のテーマ(横浜市独自の取り組みである『障がい者自立生活アシスタント』についてのミニレクチャーと、ディスカッション)を決めて、解散となりました。

今後の活動が楽しみです。

精神科訪問看護とは

せっかくの機会なので、『精神科訪問看護』についてご紹介しますね。

『訪問看護』という言葉の響きから「看護師さんが自宅/地域を訪れて医療的に診てくれる」というイメージが浮かぶと思います。

実は、訪問できるのは看護師だけではありません

  • 看護師
  • 保健師
  • 准看護師
  • 精神保健福祉士(PSW)
  • 作業療法士

多職種による『チーム』のイメージが近いかもしれません。

また、症状やクスリのことなどのいわゆる医療面の専門的な相談・支援を行なうだけではありません。その他にもいろいろな支援を行なってくれます。

訪問看護師の方々に実際に『提供しているケア』を調査した結果が下の図です。

平成21年度厚生労働科学研究費補助金障害福祉

平成21年度厚生労働科学研究費補助金障害保健福祉総合研究事業(伊藤班)より


このグラフから多い順に挙げていくと

  • 力づける援助
  • からだのケア
  • 人づきあいに関するケア
  • こころのケア
  • 日常生活に関するケア
  • 社会資源の利用に関するケア

「からだのケア」は2位ですが、それ以外のサポートの方が圧倒的に多いんです。

1位「力づける援助」、3位「人づきあいに関するケア」、5位「日常生活に関するケア」、6位「社会資源の利用に関するケア」といったことは、つまるところ、自宅や家庭や地域において、安心して日常生活を送ることができるようなサポートをしていくということですね。

さらに「家族への支援」も行なってくれるのも大きな特徴です。

こうしてみると、『精神科訪問看護』という言葉が与えるイメージと、実際の支援の内容はだいぶ違いますよね。

『精神科訪問看護』は、もっと身近なサポートをしてくれるものです。

もっと正確な姿が広くきちんと伝わったら、利用してくれる人も増えるのではないかなぁとフジノは感じています。

増加するステーション

もともと訪問看護は高齢の方々を対象にスタートしました。介護保険制度の導入と共に増えていって、今では『訪問看護ステーション』が全国に5,922ヶ所あります。

このうち『精神科訪問介護』を実施しているのは、59.6%です(2011年11月現在)。

以前に比べたら、自宅・地域で訪問看護を受けられる機会はかなり増えてきたと言えます。

医療そのものが病院中心から地域中心へ移行しつつある中で、精神科医療も地域中心に少しずつ移りつつあります。

横須賀市の状況

横須賀・三浦には『訪問看護ステーション』が合計19ヶ所あります。

このうち、『精神科訪問看護』をしているのは下の8ヶ所です。

  • よこすか訪問看護ステーション(三春町)
  • 湘南訪問看護ステーション(追浜町)
  • 衣病訪問看護ステーション(小矢部)
  • 衣病訪問看護ステーション長瀬(長瀬)
  • 聖ヨゼフ訪問看護ステーション(緑が丘)
  • せいれい訪問看護ステーション横須賀(長坂)
  • 福井記念病院 外来訪問看護室(三浦市初声町)
  • かしこ(長沢)

ステーションの数が増えて、利用して下さる方がもっと増えていくと良いなあとフジノは考えています。

今後の行方

フジノがここ数年追いかけ続けている『医療計画』においても、『訪問看護』は大切なポジションを占めています。

2013年4月からスタートする『医療計画』から、新たに『精神疾患』が計画に組み込まれます。

医療体制の構築の為には『現状を把握する為の指標』を調査しなければならないのですが、『精神疾患』の指標として『精神科訪問看護』も入りました。

指標治療・回復・社会復帰
ストラクチャー精神科訪問看護を提供する病院・診療所数必須
プロセス精神科訪問看護の利用者数任意

(2012年10月9日厚生労働省通知『精神疾患の医療体制の構築に係る指針の改正について』より)

「提供する側」と「利用する側」の数が指標として入れ込まれて、5年ごとに現状がチェックされていくことになります。

新しい精神保健医療福祉へ

下の図をご覧下さい。

研究結果からも、『精神科訪問看護』を利用した方が入院日数が減ることが明らかになっています。

22shorter

誰もが地域でふつうに暮らしていかれる為に、『訪問看護』の存在はとても重要です。

こうした取り組みをさらに広げる為に、フジノも政治家として努力していきます。

どうか現場のみなさまも、一緒に広げていきましょうね。

そして市民のみなさまも一緒に、こうした活動を応援して下さいね!