今年も横須賀で「当事者研究」をやろう!/12月9日、いらしてくださいね

「当事者研究」を横須賀に広めるべく奮闘している内藤義晴さんが報じられました!

横須賀に『当事者研究』を根づかせようと孤軍奮闘しておられる内藤義晴さん。

昨年に続いて、12月9日には総合福祉会館で、公開当事者研究会を開催します。

その内藤義晴さんの活動が、けさの神奈川新聞で報じられました!

2012年11月20日・神奈川新聞より

2012年11月20日・神奈川新聞より


小さな告知が載るのかと思いきや、内藤さんのこれまでの人生や横須賀を拠点とした自助グループの設立を目指しての活動についても取り上げた大きな記事になっていました。すごいです。

服部記者、ありがとうございます!



12月のイベントをご紹介します

フジノからも12月のイベントについてぜひ紹介させて下さい。

北海道・浦河べてるの家から、向谷地生良さん(昨年12月に横須賀に来て下さった向谷地宣明さんのお父さまです)とべてるのメンバーをお迎えして、公開『当事者研究』を行ないます。

精神疾患のある当事者が主役となって、自らの抱える生きづらさに『研究』という視点でアプローチする自助プログラムが『当事者研究』です。浦河べてるの家での取り組みを、当日は総合福祉会館で実際に行なっていただきます。

レッツ「当事者研究」inよこすか~向谷地生良先生とべてるの仲間たち!公開「当事者研究」会~

レッツ「当事者研究」インよこすか

主催は横浜「当事者研究」会です。

神奈川で暮らす当事者の方々から「私たちのまちでも、べてるの家のような当事者研究ができたらいいのに...」との声があがり、2008年に横浜「当事者研究」会がスタートしました。浦河べてるの家の向谷地宣明さんに協力によって、毎月、当事者研究ミーティングを開催しています。

こうした横浜「当事者研究」会の活動は徐々に広がりを見せていて、現在、関東~県内各地で『当事者研究』を学ぶ自助グループが活動しています。

今回のイベントも、内藤さんの強い想いを受けて、この横浜「当事者研究」会が実現してくれたものです。

プログラム(予定)は下の通りです。

  1. 当事者研究の「生のすがた(ライブ)」の紹介
    • べてるの家では、当事者の生きづらさを「ユニークな理念づくりなどの取り組み」により、ユーモアに変えています。様々な困難をかかえていても、「...にもかかわらず笑うこと」についてのヒントを紹介します。
    • べてるの家の取り組みを通じ、べてるの仲間たち(当事者メンバー)の自助活動を通じた「生の言葉(本音トーク)」をお届けします。

  2. 「浦河べてるの家」の活動の紹介
    • べてるの家の出版活動を通じた取り組みを紹介します。
    • べてるの家の昆布製品など、地域の特産品を生かした企画商品の紹介(実費弁済)を通じ、講演会の参加者の方々に、浦河「べてるの家」が、多様な事業を展開することにより、障がい者が地域とともに歩む姿について考える場を提供します。

  3. 横須賀三浦地区の各事業所の紹介
    • 横須賀市の社会資源を紹介します(相談支援機関、各事業所など)。
    • 横須賀・三浦地区の事業所の協力を得ながら、各事業所の企画商品を紹介し、それぞれの事業所の特徴、商品展開を紹介します。

向谷地生良さんとべてるの家の紹介は下の通りです。

  1. 向谷地生良(むかいやち・いくよし)さん略歴

    1955年、青森県十和田市に生まれる。1974年に北星学園大学社会福祉学科入学。特養ホームに住みこんだり、難病患者や脳性まひの障がいをもった当事者たちとかかわる。卒業後、浦河赤十字病院でソーシャルワーカーとして勤務。当事者と教会の一室に住み込み、1984年に彼らとともに「べてるの家」を設立。現在は、「べてるの家」の理事であるとともに、北海道医療大学教授を務める。

  2. 浦河べてるの家

    北海道浦河にある精神障がい等をかかえた当事者の地域活動拠点で、1984年に設立された。社会福祉法人「浦河べてるの家」(多機能型の就労・生活サポートセンター、共同住居とグループホーム14か所運営)、有限会社「福祉ショップべてる」などの活動の総体である。

    当事者の社会参加を支える充実した支援プログラム、投薬の量が全国の3分の1、病床数の削減など、先進的な取り組みがなされており、世界中から毎年3500人以上の研究者・見学者が訪れる。厚生労働省などによる「ベストプラクティス」にも選ばれた。

    「幻覚&妄想大会」などユニークな企画が行われ、近年その実践は、精神保健福祉分野を超えて哲学、社会学等など幅広い領域から注目を集めている。

    著作に『べてるの家の「非」援助論』、『べてるの家の「当事者研究」』、『退院支援べてる式』(以上医学書院)など多数ある。

『当事者研究』が横須賀に根づくのはフジノの夢でもあります。

自分の身体は誰よりも自分がいちばん詳しく知っているはず。自分の専門家である自分自身が、病気について自分のやり方で研究して、名前を付けてみましょう(医学的な知識を学ぶのではありません)。

そして、つらい時もやり過ごしていかれる方法をみんなで探していきましょうね。

左から、内藤義晴さん、向谷地宣明さん、フジノ。


12月9日、ぜひいらしてくださいね!



予算委員会スタート、健康部の予算案を審査しました/うわまち病院で精神科を再開!

予算委員会スタート/「健康部」の予算案への質疑でした

今日からついに2012年度の予算委員会がスタートしました。

フジノが所属する『教育福祉分科会』では、大きく下の3つについて審議していきます。

  1. 一般会計のうち
     (1)健康部
     (2)福祉部
     (3)こども育成部
     (4)教育委員会
  2. 特別会計
     (1)病院事業(市民病院・うわまち病院)
     (2)国民健康保険
     (3)介護保険
     (4)後期高齢者医療
     (5)母子寡婦福祉資金貸付
  3. 予算に関係する議案

今日の審議は『健康部』の予算と関連する議案についてでした。

フジノが行なった質疑は次の通りです。



1.地域医療連携事業

(1)『在宅療養連携会議』の成果を県と連携して取り組むべき

(2)事業化できる取り組みは年度途中でも実施していくべき

(3)『在宅療養講演会』の新年度の取り組みの方向性について

(4)多忙な医療職・福祉職らを対象にした『多職種合同勉強会』にいかにして参加を促す仕組みを作るのか

(5)『看護師離職防止研修』についても同様にいかにして研修への参加を促す仕組みを作っていくのか

議案説明資料より

議案説明資料より



2.精神保健福祉対策事業

(1)自殺未遂者支援を行なう『生きる支援相談員』の役割と毎日の業務の在り方について

(2)社会生活技能訓練への職員参加負担金について

(3)『認知行動療法』普及への新年度の取り組みについて

(4)『認知行動療法』の一類型である『当事者研究』の導入について

(5)本年度は応募ゼロであった『こころの健康づくり電話委託事業』の相談員をいかにして増加させるか

議案説明資料より

議案説明資料より



3.骨髄提供希望者登録推進事業

(1)骨髄バンクドナー登録の『定日受付』の過去の実績ゼロの現状をいかにして改善するか

(2)『骨髄移植』という言葉からくるイメージと実際の姿との乖離を埋める取り組みが必要ではないか

議案説明資料より

議案説明資料より



4.病院事業・市立うわまち病院の精神科が再スタート

(1)うわまち病院では今年1月から医師確保が叶って精神科を再スタートすることができたが、現在はどのような勤務形態か。将来的にはどのような位置づけを目指すのか。

(2)『総合病院における精神科』の持つ役割を重視して、入院患者のメンタルケア・緩和ケアへの取り組みをはじめとして、身体疾患を合併する精神疾患のある方々の救急受け入れなどに重点的に取り組むべき



5.議案「いのちの基金」の新設

(1)新設する『いのちの基金』への寄附金額が当初予算見込みを上回った場合に、対象事業(例えば不育症治療への補助)の人数や補助金額を増やせる仕組みを作れば、必ず寄附はたくさん集めることができる。こうした制度の柔軟な運用を行うべきではないか。

議案説明資料より

議案説明資料より



6.議案『子宮頸がん検診』へ検診の正式名称を変更

(1)検診名称を正確に『子宮頸がん検診』へ変更したことはより受診しやすくなる工夫として評価する。さらに、受診率を向上させる為に20代をターゲットにした広報の工夫を行うべきで例えば『新成人のつどい』とタイアップするなど取り組むべきではないか。

議案説明資料より

議案説明資料より


これまでは『子宮がん検診』という名前でした。

『子宮がん』とひとくくりにされがちですが、子宮がんには『体がん』と『頸がん』という全く異なる性質の2種類があります。

そこで今回、正式に『子宮頸がん』の検診なのだとハッキリと名前も変えることにしました。

名前の分かりやすさは単純なことに見えますが、実は人の行動に与える影響はとても大きいので、政策としてフジノはとても大切にしています。



総合病院に「精神科」が存在する重要性

どの質問もフジノにとって、ふだんから政策として大切にしていることばかりですが

その中でも今日特に重視したのは『うわまち病院の精神科が再スタートしたこと』に関しての質問です。

うわまち病院は、精神科医を医局にひきあげてしまった為に、長期間にわたって精神科を閉鎖していました。

この再開をフジノは何年間もずっと提案し続けてきました。

全国的に見ても、総合病院(いろいろな科があって入院もできる)の精神科が医師不足でどんどん閉鎖に追い込まれている現状があります。

まさに危機なのです。

それがついに2012年1月から精神科医(非常勤)を確保できて再スタートが実現しました!

ただ、これだけ多くのメンタルクリニックが開業している中で、単にそれらと同じような外来を行なっていては意味がありません。

他科も入院できる総合病院の中に精神科がある意味を強く打ち出していかなければなりません。

それは、身体疾患を合併した精神疾患のある方々が救急搬送されてもなかなか受け入れてもらえない全国的な現状に対して

精神科がある総合病院の救急では、必ず受け入れを行えるようにしていく。

こうした取り組みを行なってこそ、市民のみなさまに求められている医療が実現できるのです。

あまりにも世間には知られていないとても地味で地道な取り組みですが、いのちを守るために絶対に必要な取り組みです。

こうした問題にフジノはしっかりと向き合っていきます。

予算委員会の質疑だけでは時間が足りなくて、問題意識があっても提案しきれないことばかりです。

委員会が終わって議会シーズンが終わっても日常的にどんどん関係部局を訪れて直接に意見を述べていきます。



時間が足りず延会へ

さて、朝9時スタートに1時間早まった新しい予算委員会ですが、それでも時間は足りなくて、予定通りには終わらずに延会となりました。

次回の予算委員会(教育福祉分科会)は来週6日(火)です。

『福祉部』の審議の続きと『こども育成部』関連の予算についての予定です。



べてるの家の「当事者研究」を横須賀で実現しよう!/横須賀初の「当事者研究」が内藤義晴さんらのご尽力で実現しました

べてるの家の「当事者研究」を横須賀で実現しよう!

今日は、午後から汐入の総合福祉会館へ。

『浦河べてるの家』から向谷地宣明さんをお招きしての『当事者研究』が行なわれました!

総合福祉会館の会場にて

総合福祉会館の会場にて


『当事者研究』という言葉は、精神保健医療福祉の業界では今や知らない人がいないほどになりました。

いろいろな解説があらゆる本などで行なわれていますので『フジノ流の解釈』で、ひとことで説明したいと思います。

  • 今まで、病気の診断はドクターが行なうものだとされてきた。

  • けれども、自分の病気は誰よりも当事者である自分こそが一番知っているはず。

  • だから、自分の病気を自分自身で研究して、自分で名付けてみることで、自分がもっと生きやすくなる方法が見つかる!

これが『当事者研究』です。

10年ほど前に『浦河べてるの家』でスタートしたこの取り組みは基本的なルールさえ押さえれば誰でも取り組めることもあって、今では全国のあらゆる場所で実践されています。

東京大学との共同での取り組みや、さらには英語に翻訳されて他国でも取り入れられています。

月刊誌『こころの元気プラス』に連載コーナーがあって『べてるの家』による連載『レッツ!当事者研究』はとても人気があります。

その連載を単行本にまとめたものもこれまで2冊、出版されています。

レッツ!当事者研究1

レッツ!当事者研究1

レッツ!当事者研究2

レッツ!当事者研究2


今や世界的な広がりを見せているこの『当事者研究』の第一人者であるとともに普及の為の先頭に立っているのが、向谷地宣明さんです。

講演をする向谷地宣明さん

講演をする向谷地宣明さん


すでに3年前から神奈川県内では複数のまちが取り組みを始めています。
 
横浜では市社会福祉協議会と協働で、相模原でも『相模原・町田べてるの集い』が発足して、かなりの回数が行なわれています。素晴らしいです。

そんな中、「横須賀でも『当事者研究』を実践していこう」という活動を一生懸命行なっているグループの方々が向谷地さんをお招きしたのですね。

とてもいい取り組みで、フジノはすごくうれしく感じます。

今日は、まず当事者研究をはじめとする『べてるの家』の理念を語っていただきました。

次に、会場の参加者の方々の中から『当事者研究』に挑戦したい方々に手を挙げていただいて

その中から選ばれたAさん(50代・男性)の『当事者研究』を実際にみなさんの前で行ないました。

べてる流に、大いに笑いありの当事者研究でした。

当事者研究の実際の様子

当事者研究の実際の様子


この動きが横須賀に深く根付くことを願っています。



フジノからも終わりにひとことお話させていただきました

さて、主催者の内藤さんからフジノは依頼を頂いて『終わりのあいさつ』としてひとことお話させていただきました。

フジノがお話ししたことは、下の通りです。

フジノから終わりのあいさつ

NPO地域精神保健福祉機構(通称コンボ)の理事をしている藤野英明と申します。

今日はひとこと『コンボ』の紹介をしてほしいと内藤さんに言っていただきました。

『NPO地域精神保健福祉機構』は、リカバリーをすすめることを目的に活動を続けています。

全国で8000人の会員がいますが、来年2月でスタートから5年になります。

毎年1回、『リカバリー全国フォーラム』という当事者・家族・支援者の枠を超えて全国から1000人規模で集まるお祭りを開いています。

僕も『ピアサポーターの部屋』という分科会を精神医療サバイバーの広田和子さんとぜんせいれんの有村律子と3人で担当しています。

今年は毎月1回、『こんぼ亭』というイベントも開いています。

昨日の『こんぼ亭』では向谷地さんのお父さんに講師として来ていただいて、『恋愛大研究』というテーマで開催しました。

さらに、NPOコンボで1番有名なウリは月刊誌の『こころの元気プラス』の発行です。

今日みなさんが体験した『べてるの家の当事者研究』も連載されています。

さらに毎号、当事者のみなさんに表紙モデルになってもらっています。

2号前は横須賀の女性が表紙になりましたが、来年3月号では横須賀市内の『アトリエ夢喰虫』に通っておられる方が表紙モデルとして登場してくださいます。

とても素敵な雑誌ですが、1年間5000円で12冊送られてきます。

実は、3人1組で購読してくださるとグループ割引で1年間4500円になります。

通っている作業所などを宛先にしてぜひ3人1組で購読して下さいね。お得です。

みんなでつながって、リカバリーを進める為にもぜひNPOコンボに参加してくださいね。

さて、向谷地さん、今日は本当にありがとうございました。

個人的なお話を1つさせていただきますとWHOのベストプラクティスにも選ばれたべてるの家と僕が出会ったのはもう10数年前になります。

それから9年前に八王子のぱおが開催しているべてるまつりに行ってから「横須賀にべてるの家を招きたい」とずっと願ってきました。

そこで出会った、下野さんのギターが大好きでした。

今年亡くなってしまったのがとても残念です。

松本さんからは「僕は当事者のプロだけどフジノさんは何のプロなの?」と言われて、今も迷い続けています。

それが今日、内藤さんをはじめとするみなさんのがんばりでついに向谷地さんを横須賀にお招きすることができました。

僕の9年越しの夢が叶いました。

僕の次の夢は「横須賀で当事者研究を根付かせていくこと」です。

お隣の横浜市では「当事者研究」が定期的に続いていますし、相模原でも続いています。

ぜひこの横須賀でも『当事者研究』を進めていきたいです。

今日だけに終わらせない為にもこれからも定期的に当事者研究を続けられるように、どうか会場にいらしたみなさま、ぜひご協力をお願いします。

内藤義晴さん、今日の為に尽力して下さって本当にありがとうございました!
 
そして、おつかれさまでした。

左から、本日の会を主催してくれた内藤さん、べてるの家の向谷地宣明さん、そしてフジノ。

左から、本日の会を主催してくれた内藤さん、べてるの家の向谷地宣明さん、そしてフジノ。


この動きがずっとずっと続いていくようにフジノも力を尽くしたいと思います。

どうか三浦半島に暮らす精神疾患のあるみなさま、一緒に『当事者研究』に挑戦してみませんか!?