HAMを治療する画期的な新薬が開発されつつあります!/第6回HTLV-1対策推進協議会へ

予算委員会が午後スタートの為、朝から国の審議会へ参加してきました!

今日は『予備日』を使用して、引き続き『予算審議』が行なわれました。

朝から委員会スタートかと思い込んでいたら、なんとラッキーなことに午後2時からスタートとのこと。

そこで「参加できないだろうな」と諦めていた別の仕事に向かいました。

政治家として絶対に参加することに決めている、国による『HTLV-1対策推進協議会』です。

会場にて

会場にて


『HTLV-1対策』は、3期目の政治家フジノにとって重要なテーマです。

HTLV−1とは

HTLV−1とは


HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)に感染している人は、全国で約110万人です。これは、約100人あたり1人の割合です。

現時点では、感染してしまうと排除できません。発症を予防する方法も、治療法も、まだ確立していません。

しかし、この病気を撲滅する為に官民連携で取り組んでいるのがこの協議会です。



画期的な新薬が山野先生によって開発が進んでいます

厚生労働省の中に会議室が取れなかったのか、竹橋のホテルで開催されました。豪華…。

傍聴席には、元『はむるの会』(現在は『スマイルリボン』)の山越里子さんをはじめ、この問題に一緒に取り組んできたみなさんがいらっしゃいました。とても心強かったです。

HTLV−1対策推進協議会の様子

HTLV−1対策推進協議会の様子


さて、今日のプログラムは、下の通りです。

  1. HTLV-1母子感染対策事業における妊婦健康診査とフォローアップ等の状況について
  2.    

  3. ATL患者の立場から
  4. HAMに関する研究について
    • HAMに対する抗CCR4抗体療法の実用化に向けた治験の進捗状況について
    •            

    • ロボットスーツHALの医学応用、HAMの歩行改善効果と治験に向けた準備について
  5.        

  6. HTLV-1関連疾患研究領域研究の3年間の成果について
  7. 平成26年度の厚生労働科学研究について

この文章は、都内から横須賀へ戻る電車の中で書いています。

そろそろ横須賀に着きますので、文章は途中ですがいったん終わります。

さて、予算審議に行ってきます!

午後もがんばります!



HTLV-1対策の都道府県ごとの取り組み状況が報告されましたが「取り組みあり」でも実態はまだ弱いです/HTLV-1対策推進協議会(第2回)へ

HTLV-1対策推進協議会(第2回)へ

今日は夕方から東京・霞が関の厚生労働省へ。
 
第2回目の『HTLV-1対策推進協議会』を傍聴しました。

本来であれば昨年のうちに開催されるはずだったのが2012年にズレこんでしまいました。

東日本大震災の影響で、第1回の開催は3ヶ月も延期されてしまいました。

けれども震災が起こっても延期せずに開催している審議会もたくさんある中で延期されると

まるで『HTLV-1対策推進協議会』が後回しや軽く扱われているような気持ちになってしまいます。

この『対策推進協議会』は、『総合対策』を全国で確実に進めていく為の重要な場ですので

どうか毎回スケジュール通りに必ず定期的に開催してほしいです。

厚生労働省17階・第18~20会議室前にて

厚生労働省17階・第18~20会議室前にて


総合対策のスタートから、1年間が経ちました。
 
少しずつですが取り組みは動き出しています。

例えば、母子手帳の中に新しく『HTLV-1』の項目が加わりました。

妊婦検診で行なわれる検査に加わったことで、以前よりも『HTLV-1』の発見ができるようになりつつあります。

「母子健康手帳」に新しく加わりました

「母子健康手帳」に新しく加わりました

そんな中、今日は、47都道府県それぞれの『取り組み状況』について発表されました。

現時点では『HTLV-1』への特効薬が無いので、『まずは母子感染を防ぐことが有効』です。

そこで、母子感染を防ぐ為に、都道府県は3つの取り組みをしなければなりません。
                ↓

都道府県が実施せねばならない3つの取り組み

都道府県が実施せねばならない3つの取り組み





都道府県が実施しなければならない3つの取り組み一覧表

この3つの対策を各都道府県がちゃんと実行しているのか、ひとめで分かるようにフジノが表を作成してみました。

『実施済み』は赤い文字にしました。

赤い太字で記されている都道府県名は3つ全てに取り組んでいるところです。

あなたが暮らしている都道府県はいかがでしょうか?

都道府県母子感染対策
協議会の設置
母子感染対策
関係者研修事業
母子感染
普及啓発事業
北海道設置済実施予定実施予定
青森県今年度中の
設置を検討
実施予定実施予定
岩手県設置予定来年度以降
実施検討
来年度以降
実施検討
宮城県来年度以降
設置検討
実施を検討中実施済
秋田県既存事業で
対応
実施予定 来年度以降
実施検討
山形県設置予定実施済実施済
福島県来年度以降
設置検討
既存事業で
対応
来年度以降
実施検討
茨城県設置済実施済実施予定
栃木県既存事業で
対応
実施済実施済
群馬県来年度以降
設置検討
実施予定実施済
埼玉県設置済実施済実施済
千葉県来年度以降
設置検討
実施予定実施済
東京都必要に応じて
設置できる体制
実施予定実施済
神奈川県既存事業で
対応
実施予定実施済
新潟県来年度
設置予定
実施済実施済
富山県設置済実施予定実施予定
石川県既存事業で対応実施済来年度以降
実施検討
福井県来年度以降
設置検討
来年度以降
実施検討
来年度以降
実施検討
山梨県設置予定実施済実施済
長野県来年度以降
設置検討
来年度以降
実施検討
実施済
岐阜県既存事業で
対応
既存事業で
対応
実施済
静岡県来年度以降
設置検討
実施予定実施済
愛知県設置済実施済実施済
三重県設置済実施予定実施済
滋賀県設置済実施予定実施済
京都府来年度以降
設置検討
実施予定実施済
大阪府既存事業で
対応
来年度以降
実施検討
来年度以降
実施検討
兵庫県来年度以降
設置検討
既存事業で
対応
来年度以降
実施検討
奈良県設置予定実施予定来年度以降
実施検討
和歌山県来年度以降
設置検討
実施済実施済
鳥取県既存事業で
対応
実施予定実施済
島根県設置予定実施済実施済
岡山県設置済実施済実施済
広島県来年度設置予定
(準備会開催済)
既存事業で
対応
実施済
山口県設置済実施予定実施済
徳島県既存事業で
対応
実施済実施済
香川県設置予定実施済実施済
愛媛県既存事業で
対応
実施済実施済
高知県設置済既存事業で
対応
実施済
福岡県設置済実施済実施済
佐賀県既存事業で
対応
実施予定実施済
長崎県設置済実施予定実施済
熊本県来年度
設置予定
実施済実施済
大分県設置済実施済実施済
宮崎県設置済実施済実施済
鹿児島県設置済実施予定実施済
沖縄県設置済実施済実施済

こうして一覧できるリストになると、どの県がちゃんと取り組んでいるのかが一目で分かります。

実施していない県はすぐに取り組むように厚生労働省からもしっかり働きかけてほしいです。

あなたの暮らしている都道府県は実施していましたか?

もしも「実施していない」だった場合は、政治・行政に対して「実施すべき!」と厳しく注文してくださいね。

協議会の様子

協議会の様子


ただ、このリストにも問題があります。

「実施済み」になっている都道府県であっても、「どんな内容」を「誰を対象」にして「何回」行なったのかという情報が全くありません。

ほんの1回60分の研修を行なっただけで「実施済み」としている県もあります。

例えば、フジノが暮らしている『神奈川県』は『母子感染対策協議会』を実施したことになっています。

でも、その内容がどのようなものだったか資料を取り寄せてみたのですが、不十分な内容でした。

また、『母子感染普及啓発事業』も「実施済み」となっていますが実際には研修1回を行なっただけです。

これで総合対策が十分かと言えば、そんなことは全くありませんよね。

今日の『HTLV-1対策推進協議会』でも委員の方から

「繰り返し研修は行なっていかなければダメだ。年1回やっただけでは、いざという時に忘れてしまっている」

という意見が出ました。この意見にフジノは全く同感です。

いざという時に本当に生きた知識にならなければ、それでは研修とは言えません。

そこで、6月議会でのフジノの提案を受けて、横須賀市では県の動きとは別に独自に研修を開催しました。

それでもフジノとしては「足りない」という想いから

「さらに継続して、対象を広げて、研修を開催してほしい」

と12月議会の教育福祉常任委員会で提案しました。

市の答弁も、継続して行なうというものでした。

100万人を超えるキャリアが全国にいるのです。

『HTLV-1』を撲滅する為には、まず母子感染対策を全てのまちで確実に行なう必要があります。

ぜひあなたのまちでもこうした取り組みを行なうように、あなたも声をあげてみてくださいませんか。

どうかお願いします!

全国のみなさま、一緒に頑張っていきましょうね!

『HTLV-1』を撲滅する為にやるべきことは山積みです。

それでも少しずつ前に進みつつあります。

全国でこの問題に取り組んでいるみなさま、一緒にがんばっていきましょうね!