上地市長が初めて編成した来年度予算案と施政方針への代表質問がスタートしました/2018年予算議会・本会議1日目

2018年予算議会が本格スタートです

今日から4日間連続で本会議が開かれます。

代表質問が本格スタートです

代表質問が本格スタートです


上地市長が初めて編成した2018年度当初予算案と施政方針への代表質問・個人質問が行なわれます。

4日間のスケジュールは下のとおりです。

日付 会派 質問者
2月26日 自由民主党 南まさみ
無所属みらい 小幡沙央里
2月27日 公明党 土田弘之宣
研政 長谷川昇
2月28日 市政同友会 加藤眞道
日本共産党 井坂直
3月1日 無会派 小室卓重
無会派 フジノ

今日は、自由民主党と無所属みらいが代表質問を行ないました。



「よこすかポートマーケット」が2019年3月末で閉店へ

南まさみ議員による質問では、前市長の鳴り物入りでつくられた『よこすかポートマーケット』が2019年3月末をもって閉店することが明らかになりました。

横須賀ポートマーケットのロゴマーク

横須賀ポートマーケットのロゴマーク


『よこすかポートマーケット』は開業4年目(2016年)から黒字化するという事業計画を立てていました。

しかし、実際はわずか真逆で、4億円以上もの累積赤字となってしまったのです。

運営をしている『シティサポートよこすか』(横須賀市が100%出資している外郭団体です)から、今年1月に書面で「撤退したい」旨を伝えてきたとのことです。

上地市長としては

「当初見込みが甘く、とても残念だ。

しかし、用地は『にぎわいづくりの場』として重要である。

撤退後もそのポテンシャルを生かして新たな活用を考えていきたい」

との答弁がありました。

現時点では完全に閉店して更地にするのか、2019年3月末までに別の事業者を探して再スタートを切るのかは、不明でした。

明日以降も重要な論点がたくさん質問されます。

お時間の許す方は傍聴やインターネット中継でぜひご覧下さいね。



虚偽・不誠実答弁を繰り返し市政を私物化する吉田市長に対して、批判が集中している明日の一般質問/2015年9月議会

明日の一般質問の内容を読むと、吉田市長への批判ばかりでした

明日からスタートする9月議会に向けて、今日は議会運営委員会が開かれました。

明日からの本会議に向けて議会運営委員会が開かれました

明日からの本会議に向けて議会運営委員会が開かれました


市長への一般質問が行なわれるのですが、その質問の内容をあらかじめ記した『発言通告書』が全議員に配布されました。

中でも大変目につくのが、吉田市長の虚偽答弁や不誠実答弁を繰り返す市議会でのいいかげんな姿勢を質す内容や、市政の私物化に対する追及です。

少しだけご紹介します。

大野忠之議員の発言通告書より

日本丸の招致問題について

(1) 7月7日と24日の神奈川新聞における吉田市長の「虚偽答弁」の記事に対する市長の率直な気持ちについて

(略)

(3) 市長が言うところの「誤解を招く答弁」について

ア 第2回定例会において南議員は通告に基づいて質問をしており、市長は副市長を初め関係部局の理事者を交えて検討し、本会議に臨まれていると思う。

市長が誤解をしていて「先方からの希望」という方向で答弁しようとしたとしても、関係理事者が「それは、事実と異なる」と異を唱えるべきだったのではないかと考えるが、事前の検討はどのようなものだったのか。

イ なぜ南議員への答弁で昨年の8月に久里浜港への寄港を要請していることを明らかにしなかったのか。

(4) 浦賀地区説明会での説明内容について

ア 浦賀地区での説明会では、日本丸の招致理由について「久里浜港のポートセールスのため」及び「浦賀は民有地であるため、久里浜港に誘致した」旨の説明がなされたとのことだが、南議員への答弁において「日本丸側の意向だった」と発言した理由を同説明会で言及しなかった理由について

(略)

(6) 議会での答弁に虚偽が許されるのであれば、議会制民主主義は成り立たなくなってしまうが、市長はどのように考えているのか。

大野議員が指摘している記事はこちらです。

2015年7月7日・神奈川新聞より

2015年7月7日・神奈川新聞より


この問題は極めて深刻です。

フジノは厳しく追及しつつもいつも心の中では後輩である雄人をかばいたい気持ちを持っています。

けれども、この問題ではかばうことができる要素がもはや全くありません。

吉田市長は、自らのウソを心から市民のみなさまにお詫びし、市議会に対しても深く謝罪すべきです。

他に選択肢はありません。

高橋英昭議員の発言通告書

横須賀警察署跡地について

(1) 土地購入に対する市の考え方について

ア 市として購入しないことは正式な決定なのか。正式決定であればその理由について

イ 重大な案件にもかかわらず、議会側への相談も報告もない理由について

高橋議員が指摘するとおり、事前に市議会には何も報告はありませんでした。

そもそもこんなことは『あってはならないこと』です。

2015年8月8日・神奈川新聞より

2015年8月8日・神奈川新聞より


上の記事でインタビューに応じて下さったあるPTA会長の言葉が象徴的です。

(記事より引用します)

県からの打診を断っていたことを報道で知ったといい、「なぜいらないとなったのか、私たちは寂しい思いをした」と指摘。

横須賀署の移転により、周辺地域での非行の抑止力低下をすでに実感しているという。

さらに、「市の中心地である跡地をちゃんと整備しないと、横須賀に住んでいる者も(市を)愛せなくなる。それでは絶対に市として繁栄しない」と強い危機感を示した。

新聞報道でも多数報じられたとおり、この問題ではたくさんの市民の方々が強い怒りを抱いています。

続いて、田辺議員の指摘も深刻です。

田辺昭人議員の発言通告書より

2.よこすかポートマーケットのBBQパークについて

(1) よこすかポートマーケットを運営する上での土地利用形態について

ア 土地使用料減免の状況について

イ 使用料を減免している場合の減免額及び減免の期間について

(2) 駐車場スペースをBBQパークとして利用する場合の市との協議の必要性について

(3) 同パーク設置の発案者について

(4) 貴重な大型パスの駐車スペースを削ってまで同パークを設置する必要性について

(5) 同パークの運営者について

(6) 同運営者の選定方法及び同者との土地利用等の契約形態について

(7) 同パークのコンテナが使用中止となった理由及び経緯について

(8) 市長及び都市部が同パークの違法営業形態を知ったそれぞれの時期について

(9) 同パークが建築確認申請を怠った理由について

3.市とシティサポートよこすかの関係について

(1) シティサポートよこすか及びよこすかポートマーケットに対する市の指導や監督の範囲について

このBBQパークについてもスタート前から強い批判がありました。

大型バス駐車場用地をあえて潰して作らせたBBQパーク

大型バス駐車場用地をあえて潰して作らせたBBQパーク


案の定、実施してみたところ問題が多発した訳です。

よこすかポートマーケットのホームページより

よこすかポートマーケットのホームページより


何故、市長はまわりの冷静な声を聴かずに独断専行でこうした取り組みをしたのか、大きな疑問です。

田辺議員の追及によって、こうした異常な状況が改善されることを望んでいます。

石山満議員の発言通告書より

職員採用問題について

(1) 平成27年3月25日付の議長からの申し入れに対する市長の回答について

(2) 同申し入れ後から採用決定に至るまでの正副議長並びに議会への市長の対応について

(3) 議会や市民からの不信感に対する市長の所見について

この問題も、極めて深刻です。

吉田市長は自らに政治献金をした人物を、市役所職員としてあえて採用したのです。

すでに採用の前から問題視した横須賀市議会は、「そのような採用は極めて慎重であるべきだ」と正副議長が申し入れを行なったにもかかわらず、わざわざ採用したのです。

これは以前にもあった、自分の後援会メンバーが所属するNPOに随意契約をしたのと全く同じ。

完全に『市政の私物化』です。

大村洋子議員の発言通告書より

市長の問責決議に関連する問題について

(1) 第2回定例会で上地議員から市長に対して問責決議案が出され、議会の多数により可決された。

後日、記者会見において上地議員だけではなく、私や藤野議員へも同様に直接的な答弁にならないようにしていたと市長はご自身の認識を言明されていた。

私は以前から、市長の答弁に対して真撃にお答えいただいていないという感を持っていたので、この際、この件についてしっかり質疑を交わしていきたいと考えるようになった。

同時に今年に入り、何点か市長の言動について議会からいろいろな場面で指摘はしていたが、市長自身が考えを表明する機会がなかった。

これでは、あやふやなまま水泡に帰してしまうので、「問責決議の発端である答弁拒否について」、「日本丸の久里浜港招致をめぐっての渡辺議員、南議員への説明のすりかえ」の2点についてこの場ではっきりさせたい。

ア なぜ、所属常任委員会の所管事項に関する一般質問は遠慮するという、議会側のルールを根拠に答弁しないと判断されたのか。

イ 市長は毎回答弁の最初に「ご質問ありがとうございました。」とおっしゃるが、いったいどのようなお気持ちで、おっしゃっているのか。

ウ 日本丸の招致に関して、なぜ、南議員への答弁で本市が8月21日に依頼書を提出していたことを第一義にふれなかったのか。

エ 神奈川新聞は市長の答弁に対して、虚偽答弁としているが、当の市長ご自身に虚偽答弁をしたとの認識はあるのか。

オ 市長は渡辺議員に追及されると依頼書のことを答弁せざるを得なくなり、依頼書そのものは見ていないが久里浜港に向けた招致を進めていくことは承知していたと答弁を二転三転させた。その後、依頼書は部長決裁だったと言い、結局市長決裁だったことがわかった。

このようなしどろもどろの答弁を繰り返したあげく、港湾部長に責任を負わせるような発言で終わってしまったことは、到底許されるものではない。

ご自分の言動を振り返って、現在どのようにお感じになっているか。

カ 今後はぜひ、真撃な態度で、誠実な答弁、説明を行っていただくようお願いしたいがいかがか。

この質疑についてはフジノも当事者のひとりとして名前が挙がっています。

問責決議を受けたにも関わらず、そのあとに行われた市長記者会見で吉田市長はまたも失言を繰り返しました。

そのやりとりを議事録で読んだフジノは

「市長の発言は最悪だ」

と頭を抱えました。

副市長や広報課長は何故このような市長発言をストップさせることができなかったのか、と疑問にも感じました。

吉田市長の放言は、いつもいきあたりばったりで危機管理意識も極めて低く、メディアに対する発言も全くトレーニングされていません。

市議会での発言は虚偽や不誠実。

その一方で、メディアのインタビューや、場所を市外に移しての市長のお友達(例えばG社のH氏)とのイベントなどでの数々の発言は、極めてだらしがない。

「横須賀市の恥をさらすような内容だからやめてほしい」

とフジノは批判をすることさえ、やめました。

このまま吉田市長が市長を続けることは、横須賀市にとって不利益が多いとフジノは感じています。対外的なイメージダウンばかりだからです。

吉田市長が外で発言していることの多くは首長としてあまりにも情けない発言が多く、それを批判してもっと多くの人の目につくようにしてしまうことでさらに横須賀市の利益を損なってしまうからです。

しかし、市議会のみなさまは、9月議会でそんな吉田市長のことを厳しく追及することを決めたようです。

けれども、吉田市長が受ける批判は全て『自業自得』としか言いようがありません。

明日、せめて少しでも誠実な答弁を行なうことで、吉田市長には失われた信頼を取り戻す努力をしていただきたいです。



ついにオープン、「よこすかポートマーケット」に行ってきました!

よこすかポートマーケット、3月13日オープン

3月13日、横須賀新港埠頭に新たな地産地消マーケット『よこすかポートマーケット』がオープンしました。

よこすかポートマーケットのロゴマーク

よこすかポートマーケットのロゴマーク


連日、マスメディアの報道や、訪れた方々のクチコミなどで大きな話題になっています。

3月10日にはオープン記念式典が行なわれて、市議会議員も招かれたのですが、フジノは予算議会の会期中の為に欠席しました。

その後も忙しくてなかなか行けなかったのですが、「今日こそ見学しなければ!」と決心して、行ってきました。

オープンから半月が経過、ようやく見学してきました

オープンから半月が経過、ようやく見学してきました


すでに訪れた方々のブログやツイッターでの感想や意見を見ると、市内西地区に2011年6月オープンした農産物直売所『すかなごっそ』(JA横須賀・葉山)と比べたものが多いですね。

今では大人気の『すかなごっそ』ですが、オープン当初は厳しい意見が多かったのを憶えています。

『よこすかポートマーケット』も日々改善されていくはずですので、みなさまはぜひ率直な感想を運営先に届けていただければと思います。

ところで、フジノ自身は、全く違う感想を持ちました。

今日はその感想を記してみたいと思います。



恐ろしい埋め立て計画がありました

実は、つい10年ほど前まで、横須賀市には『巨大埋め立て計画』がありました。

横須賀新港から走水にかけて150haもの海面を埋め立てる、という計画です。

2005年改定で削除された巨大な埋め立て計画

2005年改定で削除された巨大な埋め立て計画


150haとは、1.5平方キロメートルです。

横須賀市の総面積が100.7平方キロメートルですから、約1%にあたる土地を海を埋め立てて造ろうとしていた訳です。

フジノが政治家に転職した当時(2003年)には、他にもいろいろな超大型の計画が存在していました。

三浦海岸沖に「空港」を造るという計画や、千葉県まで「巨大な橋」を架けるという計画など...。

国土交通省の資料より

国土交通省の資料より


政治家になる前から、これらに対してフジノは反対運動をしてきました。

みなさん、今では信じられないと思うのですが、こうした巨大な公共事業の計画がいろいろあったのです。

千葉県富津市のホームページより

千葉県富津市の資料より


しかも、横須賀から千葉県まで橋を架ける『東京湾口道路』計画は、完全にストップした訳ではありません...。

横須賀市ホームページより

横須賀市ホームページより


ちょっと景気が回復したらいつ復活してくるか分からないので、厳しく監視し続けなければいけません。

(*後日談:この問題は改めて2015年12月議会での一般質問でも取り上げました)

それにしても、これらの事業が実施されていたら、『ハコモノ3兄弟』どころではない、泥沼の財政地獄に追い込まれていました。

ストップされて本当に良かったです。



「交流拠点」へと方針転換

さて、話を横須賀新港埠頭に戻します。

バブル崩壊から10年が過ぎた2005年の『港湾計画』改定では、横須賀新港から走水に至る巨大埋め立て計画はカットされました。

現在の「港湾計画」が策定されたスケジュール

現在の「港湾計画」が策定されたスケジュール


そして、新たに『交流拠点』というアイディアが盛り込まれました。

新港埠頭の一部区域を『交流拠点用地』として位置付け、各種店舗が立地する「賑わいゾーン」と国・県・市の官公庁施設が立地する「官公庁ゾーン」に分けて都市的土地利用を図ります。

JR横須賀駅、京急汐入駅、京急横須賀中央駅の3つの駅。観光スポットとしての三笠公園とヴェルニー公園。そして、それらの間に位置する中心市街地。

この3つの点をつないで、線だけでなく面として人が行き交うようにしていこう、というのが『交流拠点』のイメージです。

「賑わいゾーン」を作る目的

「賑わいゾーン」を作る目的


今までは『野積場』として利用されてきた横須賀新港埠頭。

ここに、市内に散らばっている官公庁等を集約する。

官公庁だけでは弱いので、賑わいを生むことができる施設を造って、新たな人の流れを生み出す。

そんな発想です。



果たして本当に中心市街地がにぎわうのか?

過去に市議会に配布された資料には、こんな風に記されていました。

(目的)
(1)官公庁ゾーン、港や三笠公園などを訪れる人々が、横須賀中央駅周辺の中心市街地へ向かう新たな人の流れを創出する為。

(2)中心市街地および周辺地区の賑わいや交流が推進し、まちが活性化することで、交流人口を増加させる為。

これを実現化する為に提案されたのが、道の駅や地産地消マーケット的な役割を持つ店舗を造ることです。

これが『よこすかポートマーケット』の起源にあたります。

05zone


つまり、造ろうとしたスタートの目的は、JR横須賀駅〜汐入駅〜横須賀中央駅の間の地域を活性化させることです。

しかし、長らく『中心市街地』と呼ばれていた地域は、現在ではさいか屋大通り館も西友もビルが取り壊されて、人通りは計画当初よりもさらに激減しています。

さいか屋大通り館跡地

さいか屋大通り館跡地


果たして『賑わいゾーン』『よこすかポートマーケット』によって、その目的は実現できるでしょうか?

大型観光バスで大挙して訪れた人々は、三笠公園とポートマーケットと猿島を楽しんで、そのまま観光バスで帰っていくのではないでしょうか?

むしろ『中心市街地』と呼ばれていた地域は素通りされていくのではないでしょうか?

この疑問がどうしても拭えませんでした。

吉田市長は2013年度の施政方針演説において、アベノミクスに象徴される国の動きに連動するように経済対策へ大きく舵を切りました。

吉田市長の施政方針演説より

吉田市長の施政方針演説より


『官公庁の移転』と『よこすかポートマーケット』が触れられ、西友の跡地にビルが建てられることへの期待が語られています。

しかし、

「それはあくまでも『期待』に過ぎないのではないか?」

という想いは現場を訪れてむしろ強く感じました。

つまり、『よこすかポートマーケット』は盛況になったとしても、それは『中心市街地』と呼ばれた地域には波及しないのではないか、と。

現場を見学したフジノの感想は、以上です。



ぜひ1度訪れてみて下さい!

いろいろなことを記しましたが、ぜひ市内外のみなさまに1度は『よこすかポートマーケット』を訪れていただきたいとフジノは願っています。

吉田市長の記者会見によれば、初年度の目標は80万人とのことです。

  1. 住所:横須賀市新港町6番地
  2. 営業時間:10:00~19:00(飲食ブースは11:00~21:00)
  3. 定休日:月曜日(祝・休日を除く)

地図

よこすかポートマーケットへのアクセス


事業主体は、横須賀市の外郭団体である『一般社団法人シティーサポートよこすか(旧・財団法人横須賀市都市施設公社)』です。

新港埠頭の賑わいゾーンの隣に立地していた『横須資冷蔵株式会社』から、冷凍食庫を買い取りました。

(議会に配布された資料より)
1.横須賀冷蔵株式会社が所有していた冷凍倉庫の概要

・敷地面積 約7,430㎡(横須賀市港湾部所管)
・建物面積 約3,560㎡
・冷凍倉庫部分=約3,090㎡(築24年)、事務所部分=約47O㎡(築8年)

2.公社が取得後決定した理由
(1)将来的に事業の拡張が可能なこと
(2)来場者用の駐車場が多く確保できること
(3)整備費用が安価で済むこと

冷凍倉庫を改築したのが、現在の『よこすかポートマーケット』の建物です。おもしろいですよね。

よこすかポートマーケットの入口

よこすかポートマーケットの入口


ここから先は、写真での紹介です。

店内の地図です

店内の地図です

長井水産などお魚は大人気

長井水産などお魚は大人気


フジノがお世話になっている源さんの『いぶりっぎょ』も長井水産さんに置いてあるそうです。

天気が良かったので関口牧場のソフトクリームは大好評でした

天気が良かったので関口牧場のソフトクリームは大好評でした

05ypm8

横須賀みやげを売っているお店

横須賀みやげを売っているお店

横須賀といえばやっぱり鈴木水産さんですね

横須賀といえばやっぱり鈴木水産さんですね

岩沢さんの卵です

岩沢さんの卵です

バス

新しく設置されたバス停留所


ぜひ1度、遊びにいらして下さいね!