ブックレット「おなかの赤ちゃんと家族のために〜赤ちゃんに病気や障がいが見つかった方へ」の初版が完成しました!/NPO法人親子の未来を支える会(FAB)のイベントへ(その1)

「NPO法人親子の未来を支える会」(FAB)のイベントに参加しました

今日は東京・両国で開かれた『NPO法人親子の未来を支える会』(略称『FAB』)のイベントに参加しました。

『FAB』のイベントに参加するのは8ヶ月ぶり2回目です。

今日参加することをフジノは本当に心待ちにしていました。

イベントは2部構成で、午前は『胎児ホットライン開設中間報告会』、午後は『-1才(うまれるまえ)の命への向き合い方を考える会』です。

「胎児ホットライン開設中間報告会・-1才(うまれるまえ)の命への向き合い方を考える会」チラシより

「胎児ホットライン開設中間報告会・-1才(うまれるまえ)の命への向き合い方を考える会」チラシより


イベントの概要は以下のとおりです。

午前の部『胎児ホットライン開設中間報告会』、午後の部『-1才(うまれるまえ)の命への向き合い方を考える会』の2部構成となります。

今年3月に「−1才の命に向き合うお手伝い 『胎児ホットライン』 設立へ」としてスタートしたプロジェクトは、その後2ヶ月間に、当初の目標の約2倍である4,032,000円のご支援を頂くことができました。みなさま本当に有難うございました。

(クラウドファンディング『Ready for』で募集したプロジェクトのコーナー)

300名を超える皆様方からご支援を頂いており、みなさまに直接お会いしてご説明・御礼をする機会を作らせていただきます。

クラウドファンディングでご支援いただいた方や、日頃ご寄付を頂いている方を招待し、ブックレット作成の裏側や、現在の胎児ホットラインの進捗状況も合わせてご案内する会となります。

同日午後には「ー1才(うまれるまえ)の命への向き合い方を考える会」を企画しました。

数々の命の現場をレポートされている河合蘭(出産ジャーナリスト)さん、日頃からグリーフケアに関わっている蛭田明子さんをゲストにお招きし、ご家族の葛藤や支援者の取り組みについてご紹介いただきます。

この冊子はイギリスで発行されているものをもとに、日本で初めて作成することを林代表ら『FAB』のみなさんが決意されました。

妊婦健診・新型出生前診断(NIPT)などの出生前診断を受けた妊婦さんと配偶者の方々にとって、大きな支えになるはずです。絶対に必要な冊子です。

3月に参加した時、ぜひご意見をくださいと言われてフジノはゲラをお預かりしました。

初版が完成したブックレット

初版が完成したブックレット


それから8ヶ月。

『FAB』のクラウドファンディングも目標額をクリアしてブックレット作成はついに初版完成に至りました。

今日はそのお披露目をかねた会だったのです。

今後も改訂を重ねていくから完成はないとはいえ、ブックレットの初版完成は本当に嬉しかったです!

現在『FAB』のホームページでは、この初版に限ってアンケートにお答えすると無料でダウンロードができるようになっています。

NPO法人親子の未来を支える会サイトより

NPO法人親子の未来を支える会サイトより


ぜひご関心のある方はリンク先からアンケートにお答えして、ブックレットをダウンロードして下さい。




(その2へ続く)

未来をつくる、明日をつくる参議院選挙へ行こう!市民がつくった音楽フェス「ゼンダマフェスin Yokosuka」へ/堀潤さん、石田純一さんらも出演

数カ月前からいろんな人に「ゼンダマフェスに行きますか?」と尋ねられまくりました

数カ月前から、いろんな方面の知りあいから

「フジノさん、ゼンダマフェス行く?」

と尋ねられるようになりました。

「なんだろう、ゼンダマフェスって・・・」

と調べるのですが、なかなか情報が見つかりません。

うーん、なんだろう、なんて思っていたら、あっという間にあらゆるメディアで報じられるようになりました。

例えば東京新聞の記事神奈川新聞の記事タウンニュースの記事

他にもたくさん報じられていました。

ゼンダマフェスのチラシより

ゼンダマフェスのチラシより


堀潤さんも石田純一さんも来る、なんだかすごいイベントみたい。

タイムテーブル

タイムテーブル


しかも、実行委員会はみんなふつうの市民の方々。「おお、すごいな。やるなぁ」と驚かされました。

公式サイトFacebookなどによると

「ゼンダマ」とは未来を考えて立ち上がり、自らの願いを託した候補者を「選ぶ」すべての有権者たちをイメージ。そんなゼンダマが増えることを願い、みんなが楽しめる音楽フェスを開催します。どうぞご支援のほどよろしくお願いします!

とか

▼ご挨拶
選挙に参加することの意味を、たくさんの人と共に考えたいと願う市民有志で実行委員会を作りました。みんなが楽しめる音楽を通して、選挙に行くことを呼びかけたいと考えています。

▼実現したいこと
7月に行われる参議院選挙に向けて、6月18日(土)に「選挙に行こう!」がテーマの市民音楽フェス「ゼンダマフェス in YOKOSUKA」を開催します。その運営資金のために、クラウンドファウンディングを行うことにしました。

▼イベント開催に至る背景
2011年3月11日の東日本大震災以降、多くの人たちが生き方の変換点に立たされ、意識や行動を変えてきたと思います。また、刻一刻と変化する世界情勢の中、日本の仕組みも様々な変化が見られるようになりました。

国や地方自治の仕組みに参加するには「選挙」に行くことが最も直接的な方法ですが、残念なことに国政選挙でさえ投票率は5割程度。つまり有権者の約半数が自ら未来の創造を放棄していることを意味しており、これでは有権者の総意とは言えない選挙結果になってしまっています。

投票は各自の想いを表現する手段であり、隣の人の意見と異なることを恐れる必要はありません。むしろその違いを理解し合い、多様性を認め合うことで成熟した社会が実現すると私たちは考えています。

各々が理想とする明日に向け、意志を持って明日を選ぶ行動、それが選挙への参加です。そのきっかけ作りこそが、この「ゼンダマフェス」の開催目的でもあります。

ということだそうです。

つまり、ひとことでいうと

「世の中をもっと暮らしやすくする為にまず選挙に行こう」という音楽フェス

なのではないかと思いました(違ってたらごめんなさい)。

という訳で、その趣旨に大賛成なので、喜んでお邪魔してきました。



真夏日の三笠公園が音楽フェス会場になりました!

今日はすさまじく晴れました。真夏日です。

会場の三笠公園

会場の三笠公園


ここから先は、ツイキャスで生中継をさせていただきました。










開会宣言は、堀潤さん(ジャーナリスト)です。

開会宣言は堀潤さん(ジャーナリスト)

開会宣言は堀潤さん(ジャーナリスト)


そして、音楽フェスがスタートしました。

アンサンブル・フォー・ピース

アンサンブル・フォー・ピース


会場も一体となって、一緒に歌ったりもしました。

会場のみんなと一緒に歌ったりもしました

会場のみんなと一緒に歌ったりもしました


ステージのまわりにはたくさんのブースが出ていて、食べ物も飲み物もグッズもたくさんありました。

主催者の方からインタビューも受けました

主催者の方からインタビューも受けました


仕事のつごうで1時間しか居られなかったのですが、夕方までめちゃくちゃ盛り上がったそうです。

Let's be a VOTER!!!

Let’s be a VOTER!!!


フジノの友人たちもたくさん遊びに来て、写真を見せてもらったり話をたくさん聴かせてもらいました。

こういうイベントを市民のみなさまが自らの手でたちあげたことを、心から歓迎したいです。素晴らしいことですね。

丸一日をフルで撮影したDVDがクラウドファンディングで作品化されて観られるそうです。

クラウドファンディングは6月30日までですので、関心のある方はぜひ申し込んでみて下さいね。

こうした活動こそ横須賀市はどんどんサポートしていくべきです。

どんどん市民活動を応援してこそ、このまちの民主主義が活性化していくからです。

ゼンダマフェス実行委員会のみなさま、おつかれさまでした。

どうか参議院議員選挙2016の1度だけでなく、どうかこれからもずっと続けていって下さい。

フジノは応援しています!