横須賀美術館の「教育委員会」から「市長部局」への移管が市議会に報告されました/教育福祉常任委員会

美術館の「移管」について、市議会に報告されました

本日、教育福祉常任委員会が開かれました。

教育委員会から「横須賀美術館を教育委員会から市長部局へ移管する」ことについて報告が行われました。

教育委員会の説明資料

教育委員会の説明資料


報告は、フジノがすでにブログで報告してきた内容と同じです。

以下に、教育委員会が配布した資料を全文引用します。

横須賀美術館の在り方について

  1. 経緯

    平成19年度の開館以来、横須賀美術館は近現代美術をテーマとした企画展や、横須賀・三浦半島ゆかりの作家の紹介、これまで収集してきたコレクションの所蔵品展等を開催し、毎年度10万人以上の観覧者を迎えている。

    また、多くの人が美術に親しみを感じられるようワークショップ等の教育普及事業を実施し、社会教育施設としての役割を果たしてきた。

    一方で、施設運営に年間約3億円の経費負担があることから、運営の見直しについてのご意見もいただいてきた。

    そこで、平成23年度に運営改革の検討をするための庁内組織として 美術館運営方法検討委員会(後に「美術館運営改革プロジェクトチーム」に移行)を設置し、1.集客力アップ 2.市民満足度の向上 3.経費削減・収入増加の3つの柱を掲げ、美術館の運営改革に向けた検討を開始した。

    その検討のなかで試行として、民間企業を展示イベント事業者とする特別企画展を開催したところ、実施方法に疑義が生じたというご意見や、美術館の現場における作業の進め方から、美術館の信用を失いかねない課題があったものの、試行の結果から、美術館には集客や都市イメージの向上に資することのできるポテンシャルがあることを再認識することができた。

    このような経緯や検討結果をまとめフロジェクトチームから、横須賀美術館の在り方について中間報告書が提出された。

    報告書では、今後の美術館の方向性として、今までの教育活動に資する美術館としての機能は残しつつ、美術館をより一層集客や都市イメージの向上などに活用していくために、文化行政を所掌し他部課との連携をより緊密にとることができる市長部局(政策推進部)へ美術館を移管する必要があるとしている。

    この中間報告書を受けて、横須賀美術館の方向性を以下のとおりとして進めていきたいと考えている。

  2. 今後の横須賀美術館の方向性について

    市民の美術に対する理解と親しみを深め、文化の向上を図ることが、美術館の大きな目的である。

    加えて、集客や都市イメージの向上に資するために今までになかった話題性のある高い集客が見込める企画展やイベントの開催、市民の作品の紹介等を実施していく。

    ただし、特別企画展での反省をふまえ、公立美術館としての水準(信用)を維持するために、展覧会め開催、教育普及、美術品の保管等に、専門的知識を有する学芸員がしっかりと携わっていくことが必要であると考えている。

    (1)教育活動に資する美術館

    ○市民の美術に対する理解と親しみを深め、文化の向上を図る。
    ・優れた美術品を紹介する企画展、所蔵品の展示
    ・学校と連携し、子どもたちの鑑賞教育を実践
    ・子どもワークショップ、親子向けギャラリーツアー、野外シネマ等の活動

    (2)従来の美術館の枠を超えた美術館

    ○集客や都市イメージの向上に貢献し、コストパフォーマンスの改善を図る。
    ・サブカルチャ一、アニメなど、高い集客が見込める企画展の開催
    ・美術館の持つイメージを広く発信し、 ドラマ、映画、CM等の商業撮影を拡大

    (3)市民や地域に聞かれた美術館

    ○市民や地域の文化活動に貢献し、市民満足度の向上を図る。
    ・市民の作品を紹介
    ・市民文化団体との連携

  3. 市長部局への移管について

    集客や都市イメージの向上に資するため、教育を自的とすることだけに縛られない、自由な発想、の中から幅広い活用を図るために、美術館を教育委員会から、他部課との連携がより緊密にとれ、文化行政を所掌する市長部局(政策推進部)へ移管することを考えている。

    【参考】他都市の例 *市長部局が所管する美術館

    1.関東近隣
    横浜美術館、千葉市美術館、板橋区立美術館、 町田市立国際版画美術館、川崎市市民ミュージアム、

    2.中核市(全国)
    金沢21世紀美術館、アーツ前橋、高崎市美術館、 川越市立美術館、長崎市野口弥太郎記念美術館

  4. 移管までの主なスケジュール

    今後は、教育委員会会議や社会教育委員会議等においてご議論いただき、第4回市議会定例会に条例改正議案を上程し、平成27年4月を目途に市長部局へ移管したいと考えている。

    平成26年8月教育委員会会議
    ・中間報告書について報告。
    ・美術館の在り方について社会教育委員会議に諮問。
    8〜10月社会教育委員会議
    ・美術館の在り方について(諮問)の審議。
    ・教育委員会に答申。
    9月第3回市議会定例会(美術館の在り方について報告)
    10月教育委員会会議(答申を受け、審議)
    11月教育委員会会議(審議)
    11月第4回市議会定例会(条例改正議案上程・組織改正報告)
    平成27年4月市長部局(政策推進部)へ移管

市議会への報告は、無事に終わりました。

今後のスケジュール

『移管』に向けての手続きが少しずつ進んでいます。

8月22日教育委員会会議
・中間報告書について報告。
・美術館の在り方について社会教育委員会議に諮問。
8月28日社会教育委員会議
・諮問(美術館の在り方について)を受ける。
9月5日第3回市議会定例会(美術館の在り方について報告)
9〜10月社会教育委員会議
・3回の議論。
・教育委員会へ答申
10月教育委員会会議(答申を受け、審議)
11月教育委員会会議(審議)
11月第4回市議会定例会(条例改正議案上程・組織改正報告)
平成27年4月市長部局(政策推進部)へ移管

まず、9〜10月は、『社会教育委員会』の会議での議論です。

これからも経過を全て市民のみなさまにお伝えしてまいります。

教育委員長から社会教育委員会に「諮問書」が出されました/横須賀美術館の所管を「教育委員会」から「市長部局」へ移す為の議論スタート

美術館の移管について「社会教育委員会」での議論がスタートしました

本日、朝9時半から『社会教育委員会』会議が開催されました。

社会教育委員会会議の会場にて

社会教育委員会会議の会場にて

フジノブログにおいて「横須賀美術館の所管を『教育委員会』から『市長部局(政策推進部)』へ移すという方針」について、報告しました。

この問題について、今日から『社会教育委員会』で4回にわたって議論していくことになります。

第2回社会教育委員会会議・議事次第

    〜スタートからしばらくは傍聴は不許可、秘密会で開催されました〜

  1. 開会
  2. 教育長あいさつ
  3. 〜ここからフジノは傍聴が許可されました〜

  4. 諮問
  5. 今後のスケジュール予定
  6. 美術館の概要・事業計画・経緯など説明
  7. 議事
    美術館の在り方について




教育長から「諮問書」が渡されました

はじめに、いささかセレモニー的ではあるのですが、青木克明教育長が『諮問書』を読み上げて、社会教育委員会議長にお渡ししました。

教育委員会委員長から社会教育委員会議長への「諮問書」

教育委員会委員長から社会教育委員会議長への「諮問書」


『諮問書』の全文は以下のとおりです。

横須賀美術館の在り方について(諮問)

このことにつき、市議会等からの美術館の運営に対するご意見を受け、美術館のさらなる有効活用に資する検討を行うため、平成23年度に教育委員会内及び市長部局の関係課長をメンバーとする美術館運営改革プロジェクトチームが発足し、以来、度重なる検討が行われてきました。

このたび、この検討結果をまとめた「横須賀美術館の在り方について」の中間報告書(以下、報告書)が、平成 26年8月15日付けで横須賀市教育委員会委員長あて、同プロジェクトチームリーダーから提出されました。

報告書の内容を要約すると、今後の美術館の方向性として、今までの教育活動に資する美術館としての機能は残しつつ、美術館をより一層集客や都市イメージの向上などに活用していくために、文化行政を所掌し他部課との連携をより緊密にとることができる市長部局(政策推進部)へ美術館を移管する必要があるとしています。

この報告書の提出を受け、美術館の在り方について検討を行ったところ、美術館の集客の必要性などについては一定の理解はできるものの、「美術館をあえて市長部局へ移管しなくとも、今まで通り、教育委員会の所管のまま施設の有効活用を図ることができるのではないか。」、「市長部局ヘ移管した場合、教育を目的とする事業はどの程度確保されるべきか、また確保するためのしっかりとした仕組みが必要なのではないか。」といった意見が出たことから、さらに慎重な検討を要するものと考えております。

そこで、「横須賀美術館の在り方について」、社会教育の観点から、教育委員会へのご助言をいただきたく、ここに諮問いたします。

*答申期限:平成26年10月23日まで

一読してまずフジノが感じたことは、「あれ?先日の教育委員会をフジノは傍聴していたけど、こんな発言あったかな?」ということでした。

具体的にはこの一文です。

この報告書の提出を受け、美術館の在り方について検討を行ったところ、美術館の集客の必要性などについては一定の理解はできるものの、「美術館をあえて市長部局へ移管しなくとも、今まで通り、教育委員会の所管のまま施設の有効活用を図ることができるのではないか。」、「市長部局ヘ移管した場合、教育を目的とする事業はどの程度確保されるべきか、また確保するためのしっかりとした仕組みが必要なのではないか。」といった意見が出た



あの日のブログを読み返しても、質疑はゼロ、1人の教育委員から意見が出ただけ、それに対して教育総務部長がコメントしただけ。

だから『諮問書』のこのパラグラフの表現には首をかしげざるをえません。

でも、ともかく『諮問書』が無事に出されました。

これによって、議論の場が正式に『社会教育委員会』へと移りました。



社会教育委員会が答申するまでのスケジュール

『諮問』を受けた今日から、教育委員会へ『答申』をするまでのスケジュールは以下のように予定されています。

社会教育委員会での諮問から答申までのスケジュール

社会教育委員会での諮問から答申までのスケジュール

今回を含めて4回で美術館の所管を教育委員会から市長部局へ移すことについて、議論が続けられます。

じっくりと議論をしていただきたいと願っています。

フジノは今日の様子を含めて、詳しい内容を市民のみなさまにしっかりとお伝えしていきます。



横須賀美術館を「教育委員会」から「市長部局」に移管する方針が打ち出されました!/フジノの提案から4年、ようやく動き出します(その2)

その1から続いています)

第1の選択肢、市の財政から「美術館」を切り離す為の「民営化」

美術館建設反対が挫折に終わった後も、フジノはあらゆる改革を提案してきました。

その『第1の選択肢』が、美術館を『市の財政』から切り離すことです。

美術館の活動は大切だと思いますが、このまちの財政状況のもとでは税金で運営すべきではない、とフジノは判断したのです。

つまり『民営化』を提案しています。

けれども、前例を大切にするという在り方を持つ行政において、急速な民営化は難しいということが見えてきました。

そこで『第2の選択肢』として、『教育委員会』が所管する『博物館法に基づく施設』という現在の位置づけを変えるべきだと考えました。

つまり、

『市長部局』に所管を移して「博物館法」の縛りを外す

のです。

それによって、『教育施設』としての役割が求められている美術館を、『教育施設』としての役割以外の役割もできる存在へと変えるのです。

第2の選択肢、「教育の為だけの施設」を「教育と教育以外の為の施設」へ変える

こうした考え方から、フジノは下のような提案を4年前に行ないました。

2010年6月9日・本会議
question(フジノ)
(4)美術館そのものの在り方を見直すべき時ではないか?

今回の問題は、美術館の在り方を見直すよいきっかけです。

横須賀美術館はオープンから3年がたちましたが、観覧者数は減少を続けています。

集客効果も弱い、市民の雇用の場にもならない、それでは一体何の為にたくさんの税金を使ったのでしょうか。

確かに教育研究機関でもある美術館は、そもそも黒字化を期待すべき性質の施設ではありません。

また、学芸員を初めとする現場の職員の方々にも全く非はありません。

けれども、財政危機の本市において、市民の税金で運営されている以上は、効率や採算を重視した経営や税収が増えるなど市財政に対する明確な費用対効果を強く求めざるを得ないのです。

今回の問題を契機に、横須賀市の今の現実に照らして『美術館の在り方』を根本的に見直すべきではないでしょうか。

そこで伺います。

【質問1】
現在の横須賀美術館は、『博物館法に基づく施設』として『教育委員会』が所管をしていますが、この位置づけを変えるべきではないでしょうか?

マーケティングや資金調達や営業の強化などのより柔軟な経営を可能にするためにも、博物館法に基づかない『博物館類似施設』へと変更すべきです。

「指定管理者制度への移行も視野に入れている」と吉田市長から既に答弁を受けていますが、『民間への移行』に時間をかけるならば、まずせめて『行政内部での移管』を迅速に行うべきです。

【質問2】
もしも吉田市長が「観光による集客の為にあえて税金を投入し続けてもこの美術館を存続させたい」と考えているならば、所管を『教育委員会』から『市長部局』へと移管して、強力な全庁的支援と介入が必要ではないでしょうか?

お答えください。

answer(市長)
現在は『博物館法に基づく施設』として『教育委員会』の所管だが、市長部局への移管による強力な全庁的支援と介入が必要ではないか、という御提案をいただきました。

横須賀美術館の目的の1つに、「文化発信によって交流人口を増やしていくこと」を位置づけています。

しかしながら、さらなる集客を促進するためには、教育施設としての観点だけでなく、全庁的な事業展開も必要になると私も考えています。

御提案のことも含め、今後、全庁的な支援について検討してまいります。

フジノがこの提案をしてから4年間、ようやくこの改革が動き始めました。

教育委員会に対して、新しい方針が提案されたのです。

その3へ続く)

横須賀美術館を「教育委員会」から「市長部局」に移管する方針が打ち出されました!/フジノの提案から4年、ようやく動き出します(その1)

フジノの現状認識と、将来に対する使命感

少子超高齢化と財政危機に苦しむこのまちは、死亡による人口減少(自然減)だけでなく、他のまちで暮らすことを選んで引っ越していく転出(社会減)も全国ワースト1位です。

このまちは、極めて厳しい現実に追い込まれています。

社会保障・社会福祉を守ることが使命であるフジノにとって、もはや限られた税金の使いみちは、徹底して『いのちを守ること』を最優先にすべきだと考えてきました。

これまでは『行政がやるべき仕事』『税金で賄うべき事業』だと市民のみなさまが受け止めてきたことであっても、徹底的にカットしていく。

この危機を乗り越える為には、それしか道は無い。

そう考えてきました。

いのちを守る為には、市民のみなさまからどんなに厳しい批判を受けても、徹底して行財政改革を行なうしかない、と訴え続けてきました。

その行財政改革の中でも、フジノが『ハコモノ3兄弟』と名づけた施設の在り方を徹底的に改革することは、象徴的な意味がありました。

特に『美術館』は、12年前にフジノが初めて立候補した時に「建設反対」を選挙公約として掲げたことから、市民のみなさまを巻き込んで、大きな反対運動が起こりました。

7万5000人もの署名を集めた反対運動は、しかし、挫折に終わりました。

多額の借金によって美術館は建設され、スタートした美術館は、開館前に予想されたとおり毎年約4億円の赤字を垂れ流し続けました。

スタートする前から分かっていたことなのに、止められなかった。

多くの市民の方々が『変わらない政治』に失望し、落胆しました。

けれども、フジノは諦める訳にはいきませんでした。

何故なら、2025年、2050年と、2つの大きな人口変動の波によって、さらに社会保障の危機が続いていくことがすでに明らかになっているからです。

今あなたの目の前にある社会は、数年のうちに全く姿を変えます。良い方向に、ではありません。

今も僕たちの生活は厳しいものがあります。けれども今の世代は苦しくてもまだマシなのです。

もしも僕たちの世代が『改革』を諦めたら、こどもたちや孫たちの世代はもっともっと苦しい目に遭うのです。

あらゆる推計などから、その未来がすでに目に見えているからです。

僕たちの世代がけじめをつけて改革を行なうことは、次の世代への歴史的な使命なのです。

僕たちがガマンしてガマンして改革を続けられたら、なんとか次の世代が今の生活水準や福祉サービスをかろうじて維持できるかどうかという状態なのです。

これがフジノの現状認識です。

フジノは、このまちの未来を全く楽観視していません。

だから、狂ったように政策提案を続けていくし、改革を止めようとする勢力とは闘い続けるし、どんなに人々に嫌われても文句を言われても、政治家を続けているのです。




その2へ続く)



『長井海の手公園ソレイユの丘』の1年間の赤字は4億9,030万円(2011年度)

「長井海の手公園」が出した2011年度の赤字

フジノがこのまちの『ハコモノ3兄弟』と名付けている3施設が、横須賀市の財政へ与えているダメージを報告しています。

今日は、三男坊にあたる長井海の手公園『ソレイユの丘』について、1年間の税金投入額(=赤字)を見てみましょう。

収入はありません。

『ソレイユの丘』で、市民の方々がアトラクションなどに支払う料金は全て運営管理をしている(株)ファームの収入になり、横須賀市には1円も入りません

支出を説明します。

1.総合公園整備事業費:1億230万7,000円

内訳:公有財産購入(BTO施設買取一式)

10年間かけて施設を買い取る為のローンの分割払いみたいな支払いを続けているのですが、2011年度の支払い金額が1億230万円です。

神奈川県から1200万円の補助金が出されましたので、1200万円を除いた横須賀市の支払いは9030万7,000円となります。

環境政策部・決算説明資料より

環境政策部・決算説明資料より


続いて、運営管理ににかかった費用です。

2.長井海の手公園運営事業:4億円

運営を委託している『株式会社ファーム』に対して毎年4億円の指定管理料を支払っています。

環境政策部・決算説明資料より

環境政策部・決算説明資料より


ということで、1+2=2011年度のソレイユの丘にかかった費用は、4億9030万7,000円でした。

先ほど述べたとおりで横須賀市への収入はゼロですから、

つまり、

4億9030万7,000円の赤字

です!

「長井海の手公園」のこれまでの利用者数

続いて、2005年のオープンから2011年度末までの利用者数の動きをみてみましょう。

ソレイユの丘・利用者数の実績

年度利用者数
2011年度 52万4,503人
2010年度 55万2,833人
2009年度 65万8,418人
2008年度 65万9,981人
2007年度 58万8,506人
2006年度 65万8,355人
2005年度 73万6,084人

2011年度の『ソレイユの丘』の利用者数は、前年度比マイナス2万8,330人の52万4,503人となりました。

東日本大震災があった2011年度の決算なので芸術劇場と同じく、集客施設にとって厳しい1年間だったのは事実です。

けれども、こと『ソレイユの丘』については大きな災害が無くても、猛暑日が続いたり台風が来たりという当たり前の天候の変化だけですぐに数万人もガタ落ちになってしまうという、集客施設としては致命的な欠陥を抱えている施設です。

2010年9月を例に挙げます。

猛暑日と雨が数日間続いた結果、9月だけで前年度比較マイナス4万8,600人となったのです。このように、天候が変わるだけであっという間に利用者数が減ってしまうのです。

農業型テーマパークなので基本的には日光の下で過ごす性格であるとはいえ、直射日光を避けられるような施設も雨が降ったら降ったで建物内で楽しめるような施設もほとんどありません。集客施設としての工夫が無いので天候が変わるだけで利用者が激減してしまうのです。

オープンした2005年がピークで、約74万人でした。

それから2年続けて減少して約59万人へと落ち込みました。翌年、芝ぞりゲレンデとミニSLを新たに導入するなどテコ入れをして、ようやく2009年には約66万人と盛り返しました。

けれども2010年には一気に55万人へ転落し、2011年には52万人へとさらに減少しました。

このままでは、利用者はいずれもっと減少していくのではないでしょうか。

「長井海の手公園」改革は遅々として進んでいません

かねてから『長井海の手公園ソレイユの丘』に対して、市議会議員時代の吉田市長とともにフジノは厳しく追及をしてきました。

2009年に吉田市長が新たに市長に就任した後も、フジノは抜本的な改革を求め続けてきました。吉田市長の改革のスピードはあまりにもゆっくりで、時にはフジノから見て、改革を放棄しているようにも映りました。

そうした姿勢を厳しくフジノが追及すると

「財政面から見て、これらの3施設(ハコモノ3兄弟)の建設により、市債償還費や維持管理費が増大し、本市の財政状況を悪化させた一因になっているとの認識に変わりはありません」

といった答弁を吉田市長はするものの、とにかく動きが遅くて、赤字による市税の出血は今も続いています。

ようやく今年2012年度予算案で示されたのが『長井海の手公園ソレイユの丘あり方検討委員会』です。

現在の指定管理者との契約期間が終了する2015年度からの運営形態の見直しをする為の検討委員会です。

環境政策部・2012年度予算説明資料より

環境政策部・2012年度予算説明資料より


外部の有識者も加わるこの『あり方検討委員会』は来年2013年3月までに1回開かれる予定です。

2015年度からの運営形態の見直しを検討する、という目的そのものもあまりにもスローですが検討委員会の初回の開催が2013年になるなんて...遅すぎますよね、動きが。

それで今は何をしているかというと、この『あり方検討委員会』で議論する為の『たたき台』を作る為に、市役所内部の関係部課長によるプロジェクトチームを開いています。

プロジェクトチームのメンバーは、環境政策部からは緑地管理課、公園建設課。経済部からは商工観光課、農林水産課、集客担当課長。政策推進部からは政策推進課、行政管理課。

6月から合計3回、開催したのですが、1回目は顔合わせ、2回目は『ソレイユの丘』への現地視察、3回目は議論スタートという内容でした。

4回目の開催は、日程調整中です。

『あり方検討委員会』のメンバーの候補は議論しているものの、まだ決定していないとのこと。とにかく、もっと早く動いてほしいです。

2009年に吉田市長が市民のみなさまに選ばれたのは、若さとか悪しき官僚主義の打破とかいろいろな要因はありますが、何よりも改革のシンボルとして市民のみなさまが求めたのは『ハコモノ3兄弟』が垂れ流す巨額の赤字への『スピード感ある徹底的な改革』だった、とフジノは信じています。

それからもう3年が経ちました。

フジノは改革をあきらめずに対策を訴え続けてきました。

けれども、吉田市長の任期はもう1年を切りました。

任期が切れる前に、しっかりとけじめを付けてほしいです。