2019年度は「(仮称)歯と口腔の健康づくり条例」を作ります!/政策検討会議(第2回)

新しい任期で2回目の「政策検討会議」が開かれました

横須賀市議会の政策立案のエンジン役=政策検討会議。

前期に続いて、フジノは今期4年間もメンバーに就任しました。

今期も政策重視の横須賀市議会への改革をめざす強い想いを持つメンバーが集まりました。

会派委員
公明党石山満(委員長)
よこすか未来会議伊関功滋(副委員長)
よこすか未来会議高橋英昭
自民党南まさみ
公明党二見英一
共産党大村洋子
無会派藤野英明



前期の政策検討会議で、最低でも4年間の任期で4本の条例づくりと政策提案をしていこうと決まりました。

前期メンバーのうち再選された議員は再び今期もメンバーとなりました(フジノも前期からの留任のひとりです)。

それによって、改選後の今期も改革の方向性だけでなく「政策立案重視の横須賀市議会へ変わるんだ」という改革への想いも変わらずに受け継がれています。



まずは2019年度に作る条例を何にするか

第1回は5月29日に開かれて、すでに本格的な議論に入っています。本日、第2回を開きました。

政策検討会議の開会前に

政策検討会議の開会前に


前期の政策検討会議で、最低でも4年間の任期で4本の条例づくりと政策提案をしていこうと決まりました。

第1回の会議では、まず『今年度とりくむべき条例を何にすべきか』を議論しました。

前期(2017年7月)に全議員から募集した提案をもとに9本の条例リストの中から選ぶこととしました。

前期から引き継いだ9本の条例案リスト

前期から引き継いだ9本の条例案リスト


フジノたち無会派議員5名も議論をして、意思統一をして臨みました(下のツイートの通りです)。

無会派で議論をした結果を報告するツイート(2019年6月7日)

無会派で議論をした結果を報告するツイート(2019年6月7日)


無会派で議論をした結果を報告するツイート(2019年6月7日)

無会派で議論をした結果を報告するツイート(2019年6月7日)


無会派で議論をした結果を報告するツイート(2019年6月7日)

無会派で議論をした結果を報告するツイート(2019年6月7日)


無会派で議論をした結果を報告するツイート(2019年6月7日)

無会派で議論をした結果を報告するツイート(2019年6月7日)


そして本日、全会派+無会派が議論した結論を持ち寄りました。

議論の結果、全員一致で決定しました。

2019年度は『歯と口腔の健康づくり条例』に決定です。

この結果はフジノもとても満足です。

市民のみなさまの健康がさらに守られるようになる良い条例にしたいです。



条例づくりのワーキングチームの立ち上げにとりかかりました

2019年度は選挙があった為、時間的な制約があります。

すでに3ヶ月が過ぎており、残り9ヶ月しか議論に使える時間がありません。

そこで条例案を作るワーキングチーム(『検討協議会』と呼んでいます)をすぐに設置する必要があります。

そこで、設置に必要な要綱案を議論しました。

歯と口腔の健康づくり検討協議会設置要綱

(設置)
第1条
歯と口腔の健康づくりにおける虫歯や歯周病疾患、その他の疾病予防など、市民の健康づくりの重要性を鑑み、市民の健康寿命の延伸及び生活の質の向上を目的とした施策の必要性を検討するため、政策検討会議運営要綱第8条の規定に基づき、歯と口腔の健康づくり検討協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(通称)
第2条
協議会の通称を「みんなのお口歯ピネス協議会」とする。

(組織)
第3条
協議会は、議員を委員として組織する。

2 協議会の委員は、各会派の議員のうちからそれぞれ選出された 1名及び会派に属さない議員のうちから選出された1名をもって組織する。

ただし、次条第1項の規定により委員長及び副委員長 (以下 「委員長等」という。)が選任された後に、委員長等に選任された委員の属する会派の他の議員(会派に属さない議員である委員が委員長等に選任された場合は会派に属さない他の議員)のうちから、さらに1名を委員として選出するものとする。

(委員長等)
第4条
協議会に、委員長及び副委員長を置き、委員が互選する。

2 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議)
第5条
協議会の会議は 、委員長が招集する。

2 委員は 、 会議に出席できないときは、その委員の属する会派の他の議員(会派に属さない議員である委員については、会派に属さない他の議員)を代理人として出席させることができる。

3 前項の代理人は、協議会の会議において委員の権限を有し、その出席は、委員の出席とみなす。

4 協議会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、意見を聴くことができる。

(庶務)
第6条 協議会の庶務は、市議会事務局議事課において行う。

(その他)
第7条 この要綱に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、委員長が協議会に諮って定める。

附則
(施行期日)
1 この要綱は、令和元年 月 日から施行する。
(この要綱の失効)
2 この要綱は、令和3年3月31日限り、その効力を失う

当初の要綱案をフジノの提案で一部修正してもらいました。

要綱案の原案

要綱案の原案


第1条の中に

「また、ふえ続ける医療費を抑制し」

という一文がありました。

しかし、医療費の抑制はこの条例の目的であってはなりません。

あくまでも目的は、市民のみなさまの歯と口腔に対する健康をアップすることです。

こどもの頃にきちんと歯科検診を受けて、治療をしたり衛生状態を改善することで、将来にわたる良い影響をもたらすことができるのです。

中高年の方々に良いアプローチをできれば、生活習慣病の対策とイコールにもなります。

ご高齢の方々の口腔を改善できれば、認知症をはじめとする心身の状況が大きく改善されます。

もちろん、人生の最期まで自分の口から食事をとれることはQOLを大きく改善します。

こうした市民のみなさまの健康度がアップしてQOLが改善されたら、その結果、医療費も下がるかもしれません。

つまり、目的を実現した結果として副産物として医療費の低下がもたらされるかもしれないだけで、医療費抑制を目的にするのは間違いです。

そのように提案したところ、全会派から賛成していただき、この一文を要綱案からカットすることができました。

この『歯と口腔の健康づくり検討協議会』のメンバーは6月25日までに全会派+無会派から選出します。

そして、可能な限り早く、条例づくりをスタートすることになります。

残された期間はわずか9ヶ月。

けれどもしっかり議論をして、歯と口腔の健康を改善する政策を打ち出していきたいです。

『政策検討会議』はこれからも政策立案重視の横須賀市議会をリードしていくエンジン役としてがんばっていきます!



講演会「子どもの生活習慣病と食育」へ/お母さんのお腹の中にいる時から生まれて大人になって高齢になるまで生涯を一貫した取り組みが必要

お母さんのお腹の中にいる時から、生まれて亡くなるまで生涯を通じた「保健」の取り組みが大切

フジノは

『生活習慣病の発症』と『要支援・要介護状態になること』を防ぐ為には、大人になってからの『健診』『保健指導』だけでは足りない

と考えています。

つまり、

胎児としてお母さんのお腹の中にいる時から、乳児〜幼児〜少年〜青年〜中高年〜高齢期を経て亡くなるまで、生涯を通した取り組みが必要

という立場から、『健康政策』を訴えてきました。

講演会「子どもの生活習慣病と食育」が開かれました

そんなフジノにとって、市民のみなさまにぜひ聴いていただきたい講演会(横須賀市主催・食育推進講演会)が開催されました。

タイトルは『子どもの生活習慣病と食育』です。

会場にて

会場にて


講師は、木本茂成さん(神奈川歯科大学成長発達歯科学講座・教授)です。

神奈川歯科大学附属病院の副院長であり、小児歯科の診療科長も務めておられます。

木本先生

木本先生


とても重要で大切な内容を、木本先生は本当に分かりやすく1時間半で講演していただきました。

取り急ぎ、スライドの画像だけご紹介します。

もっともっとフジノが分かりやすく(それこそ木本先生のように)説明できれば、市民のみなさまにももっとご理解いただけるのに…と力不足を感じています。

とにかく後日、追記していきますね。

講演

講演

講義2

講義2

小児生活習慣病の一般的概念

小児生活習慣病の一般的概念

生活習慣病胎児期発症説

生活習慣病胎児期発症説

学童期の肥満傾向出現率

学童期の肥満傾向出現率

朝食を食べない理由

朝食を食べない理由

授業以外で運動しているか?

授業以外で運動しているか?

市長への一般質問に向けて発言通告書を提出しました/2013年9月議会

発言通告書を提出しました

10年間、横須賀市議会ではただ1人、1度も休まずに一般質問を続けてきました。

そしてその回数、現在50回になりました。

もちろんこの9月議会でも、フジノは市長に対して一般質問を行ないます。

その一般質問の内容を記した『発言通告書』のしめきりがけさ10時でした。

連日、深夜までの作業が続いて大変でしたが、無事に提出してきました。

市議会にて

市議会にて


ここしばらくは、ふだんの仕事とあわせて『発言通告書』の作成に追われて、本当に大忙しでした。

その疲れが出たのか、昼過ぎから体調を崩して寝込んでしまいました。

午後から『第2回神奈川県性的マイノリティ人権・教育推進連絡会議』という大切な会議に出席するはずだったのに、無念の欠席。

性的マイノリティ

神奈川県性的マイノリティ人権・教育推進連絡会議の開催要項


夜まで全く動けませんでした…。

関係者のみなさま、申し訳ございませんでした。

中秋の名月でした

今夜は「中秋の名月」でした


でも、これでとにかく一般質問は無事に行なうことができます!

一般質問の5つの項目を紹介します

取り急ぎ、大きな項目のみこちらに掲載しますね。

【9月議会でのフジノの一般質問の項目】

  1. 市長選挙において対立候補の陣営に立った方々にも、吉田市長が心から協力を求めることの必要性について
  2. 市民・市議会に対して今後4年間の市政の在り方を語る「所信表明」を実施すべきであったにもかかわらず、再選後の本定例会で吉田市長が「所信表明」を行わなかった問題について
  3. 吉田市長の選挙公報の記述から感じられた、入所施設への誤解・美化された在宅ケアのイメージ、そして死生観について
  4. 「事務事業等の総点検」における「見直しの基本方針」について
  5. 健康寿命を伸ばす為の新たな組織および取り組みの「実施計画」への明確な位置づけの必要性について

大きく5項目について質疑を行ないます。

さらに取り上げたい項目もあるのですが、一般質問は1人20分間という質問時間のしばりがあるので、カットしました。残念です。

絞りに絞った上での、5項目です。フジノにとってはどの1つも外せない、大切な質問です。

市長としっかりとした議論を交わしたいと願っています。

一般質問は、9月24日or25日のどちらかに行ないます。どちらの日付なのか、また順番は何番目なのか、は明日の議会運営委員会で決まります。

*後日追記 9月24日(火)朝10時からフジノは一般質問を行なうことに決まりました!

横須賀市民の平均寿命は、男性42位、女性49位(県内58市区町中)と短い

データで客観的に現実を捉えること

毎日あらゆる統計や資料を調べています。

すると、これまではイメージで捉えていたものが、データによって客観的に捉えられるようになってきました。

例えば、「横須賀市民の平均寿命は高い」=「長生き」というイメージをフジノは持っていたのですが、それは間違っていました。

厚生労働省の『市区町村別生命表』(平成17年版が現時点での最新)にそのデータがありました。

58市区町中、男性42位、女性50位

神奈川県の58市区町の中で、横須賀市の市民の平均寿命のランキングが分かりました。

男性の寿命は、58市区町のうち42位。

順位市区町名平均寿命(才)
1青葉区81.7
麻生区81.7
3都筑区80.7
4金沢区80.5
港北区80.5
緑区80.5
栄区80.5
8港南区80.3
鎌倉市80.3
10泉区80.2
宮前区80.2
12戸塚区80.1
旭区80.1
藤野町80.1
15多摩区80
16保土ケ谷区79.9
瀬谷区79.9
茅ヶ崎市79.9
伊勢原市79.9
20藤沢市79.8
21相模原市79.8
城山町79.8
23逗子市79.7
海老名市79.7
葉山町79.7
26秦野市79.6
厚木市79.6
二宮町79.6
29磯子区79.5
平塚市79.5
寒川町79.5
大磯町79.5
33高津区79.4
座間市79.4
35清川村79.3
36西区79.2
開成町79.2
愛川町79.2
39神奈川区79.1
大和市79.1
大井町79.1
42横須賀市78.9
42小田原市78.9
綾瀬市78.9
45鶴見区78.6
三浦市78.6
南足柄市78.6
松田町78.6
49山北町78.5
50中原区78.4
51中井町78.4
52南区78.3
53幸区78
54箱根町77.9
55真鶴町77.8
湯河原町77.8
57川崎区76.8
58中区76.3

女性の寿命は、58市区町のうち49位。

順位市区町名平均寿命(才)
1青葉区88
2開成町87.7
3緑区87.3
麻生区87.3
5都筑区87.2
6宮前区87.1
7多摩区86.9
8藤野町86.8
9港北区86.6
10鎌倉市86.6
11城山町86.6
12金沢区86.5
13戸塚区86.5
泉区86.5
15高津区86.3
相模原市86.3
秦野市86.3
18保土ケ谷区86.2
旭区86.2
藤沢市86.2
21瀬谷区86.1
栄区86.1
海老名市86.1
寒川町86.1
大磯町86.1
二宮町86.1
中井町86.1
28港南区86
伊勢原市86
30磯子区85.9
平塚市85.9
茅ヶ崎市85.9
綾瀬市85.9
葉山町85.9
35神奈川区85.8
西区85.8
37中原区85.7
座間市85.7
清川村85.7
40逗子市85.6
41中区85.5
幸区85.5
43三浦市85.4
厚木市85.4
大和市85.4
愛川町85.4
47南足柄市85.3
湯河原町85.3
49川崎区85.2
49横須賀市85.2
49真鶴町85.2
52小田原市85.1
53鶴見区85
南区85
55大井町84.9
56山北町84.7
57松田町84.5
58箱根町84.4

神奈川県内では横浜市青葉区が男女ともに一番長生きです。

青葉区と比べると、横須賀市は男女とも3才もの差(平均寿命が短い)があります。

つまり『健康格差』があるということです。

これだけハッキリと差が出るのは、経済・社会・環境的な要因が影響しているのだろうなと感じました。

健康格差を無くしたい

近年の研究で『健康格差』の存在が明らかになってきました。

どの地域に暮らしているか、どんな仕事についているか、経済力がどれくらいあるか、どんな世帯構成か、などいろいろな生活習慣には差があります。

また、まちごとの保健・医療・福祉の施設がどのように整備されているか、さらには地域に食料品店などの社会資源がどのように存在しているのかなどによっても、健康に影響が及ぼされるのです。

人のいのちが運命や偶然によって、つまり、生まれた地域・暮らしている地域がどこかによって、元気で暮らせる日々に差が出るのはやっぱりおかしいとフジノは感じてしまいます。

『健康格差』を無くしたい。

健康の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間を『健康寿命』と呼びます。

そして、フジノとしては保健・医療・福祉にもっとしっかり取り組んで、『平均寿命』も『健康寿命』も長生きになれるまちへと横須賀市を変えていきたいです。