自殺対策基本法が成立しました!

自殺対策基本法が成立しました!

今日は国会に行きました。13時から衆議院の本会議を傍聴する為です。

国会

国会


国会。

32年の僕の人生で。2回目。

まさか僕がこんなところに来るようになるとは…。

人生って分からない。

さて、自殺対策基本法案はこんな流れで動いてきました。

参議院衆議院
内閣委員会(6月8日)→
本会議(6月9日)
内閣委員会(6月14日)
本会議(本日)→
成立!

ついに本日、自殺対策基本法案が可決されました!

自殺対策基本法、成立しました!

みなさま、本当にご協力ありがとうございました。

(NHKのニュース、毎日新聞、朝日新聞その1・その2など多数のメディアで報道されました)



あくまでもここからがスタートです

法制化はあくまでもマイナスがゼロになっただけのことで、法律ができただけでは自殺を減らすことはできません。

これからこの法律をもとにして、いくつもの自殺予防対策を総合的に実践していくことこそが本当に必要です。

そもそも自殺の原因となるような誤った社会的なことがらを正していくこと。

もしも自殺に追い込まれた時に、その人の隣に寄り添ってくれる人が必ずいる、そんな『人と人とがつながりを持てる社会』にしていくこと。

万が一、自殺が起こった時も遺族の方がさらに追い込まれるようなことは無い、きちんとケアをしっかりとできるような社会に変えていくこと。

さらに結果が統計としてあらわれるまでには少なくとも10年間はかかることでしょう。

けれどもあきらめずに取り組み続けること。

これらが、これから必要になることです。
 
1つずつ実践していくことが不可欠です。

現場に最も近い立場である地域の保健師さん、かかりつけ医の方々、学校関係者の方々、そして、広く一般の方々、みんなの意識が変わる必要があります。

みんなでネットワークをつくって、現場の情報を共有していくのです。セーフティネットを大きく細かくしていくのです。

政治の側面で言うならば、これからはまさに『地域の自殺対策を推進する地方議員有志の会』の出番です。

自殺の原因は、年齢ごとでも地域ごとでも全く異なります。

それぞれの地域ごとに合った対策をしっかりたてていくのは地方議員の仕事です。

10万1,055人の署名を一瞬も忘れることなく、僕たちは全力でがんばります。

今年からこの国はやっと自殺対策に本腰で取り組む体制がスタートすることになりました。

さあ、みんなでがんばっていこう!



自殺対策基本法案、衆議院の内閣委員会で可決されました!

自殺対策基本法案、衆議院の内閣委員会で可決されました!

今日は9時から始まった衆議院の内閣委員会をインターネット生中継で傍聴しました。

衆議院インターネット中継

衆議院インターネット中継


『自殺対策基本法案』はこんな流れで動いていきます。

参議院衆議院
内閣委員会(6月8日)
→本会議(6月9日)
内閣委員会(今日!)
→本会議
→成立!

こういう順番なんです。

そして今日、衆議院の内閣委員会で『自殺対策基本法案』が全員一致で賛成、可決されました!

ついに、明日15日が最後の関門、衆議院・本会議です。

お昼13時から始まります!

自殺対策基本法案成立まで、あと少しです!



自殺対策基本法の制定を後押しする社説に感激!

自殺対策基本法の制定を後押しする社説に感激!

今日は神奈川新聞の社説が『自殺者3万人~法制定で対策の実効性を~』というものでした。

  • 自殺対策基本法が必要であること
  • 実効性のある対策を進めていく必要があること

を訴えてくれています。

2006年6月11日・神奈川新聞より

2006年6月11日・神奈川新聞より


さらに驚いたのは、なんとフジノの名前が載っています。

32年間生きてきたけれど、まさか自分の名前が新聞の社説に載るなんて信じられない!

さらにさらにうれしかったのは、5月30日の本会議でのフジノの一般質問の成果である『世界自殺予防デーにあわせて自死遺族への相談会を実施する』を、取りあげてくれていることです。

横須賀市の自殺予防は、政治家フジノが全力を尽くしてきただけでなく、現場の保健師さんも一緒にがんばってきてくれています。

そういう取り組みをすくいあげて社説で書いてくれることは、現場のみなさんにとっても、本当に励みになります。

フジノにとっても大きな励みになりました。

神奈川新聞の社説担当の方(論説委員さん?)、本当にありがとうございました!

自殺対策基本法案は、来週14日に衆議院内閣委員会で審議されます。

この委員会をのりこえれば、あとは本会議。

成立まであと1週間です!

「自殺対策基本法案」が参議院の内閣委員会で可決されました!

自殺対策基本法実現への「署名提出」の報告をしています

朝7時から8時半までと、夕方16時半から18時半までの2回に渡って、横須賀中央Yデッキで議会活動報告チラシを配りました。

  1. 『自殺対策基本法』の実現を目指す署名がなんと10万人を超えたこと

  2. 署名に協力してくれたみなさんへの感謝の気持ちを伝えること

  3. 昨日ついに署名を国会に提出してきたこと

  4. 今日から国会で法案の審議が始まること

  5. 『自殺対策を推進する地方議員有志の会』を設立したこと

これらを記した新しいチラシを作って、さっそく配ってきました。

みなさまから頂いた署名を国会に提出したことや国会審議スケジュールを記しました

みなさまから頂いた署名を国会に提出したことや国会審議スケジュールを記しました


けさは新聞社の方が写真を撮りに来てくれました。

高校生が男女を問わず、たくさんチラシを受け取ってくれて、とてもうれしかったです。

特に、この場所では毎日のように署名活動を行なって、高校生たちもたくさん署名に協力をしてくれたのですね。

だから、彼ら/彼女らも当然ながら署名のゆくえ、法案のゆくえ、が気になるはず。

そのせいか、1度チラシを受け取った高校生が戻ってきて

「フジノさん、そのチラシ、あと6枚ください」

と言いました。

そんな高校生たちに勇気づけられます。本当にありがとうね。



自殺対策基本法案、参議院の内閣委員会を通過しました!

今日は10時から始まった参議院の内閣委員会をインターネット生中継で傍聴しました。

何故ならば、自殺対策基本法案はこの内閣委員会でまず話し合われるんですね。

ここで成立すると、本会議に送られます。

参議院の内閣委員会→参議委員の本会議→衆議院の内閣委員会→衆議院の本会議→成立!

こういう順番なんです。

どの1つで否決されても法案は成立しません。

今日は内閣委員会の最後の最後で、委員長による提案という形で『自殺対策基本法案』が出されました。

趣旨説明の後、全会一致で可決されました。

これで明日の本会議にかけられます。

2006年6月8日・毎日新聞

2006年6月8日・毎日新聞


このまま衆議院に送付されて、そして、成立しますように!