犯罪被害者支援の為に、もっとやるべきことがある/「それぞれの立場からはじめる犯罪被害者支援~神奈川県犯罪被害者支援県民大会」へ(その2)

前の記事から続いています)

ご遺族による基調講演「犯罪被害者となって」

次に、相模原市での殺人事件の被害者のご遺族である松原真佐江さんから『犯罪被害者となって』とのテーマでお話がありました。

松原真佐江さんの講演

松原真佐江さんの講演


(同じくここから先は、フジノのメモを基に記したもので、聞き間違いや誤解や重要な情報が欠けている可能性があります。正確なものではなく、あくまでもフジノのメモとお考え下さい)

相模原市に独り暮らしをしていた22才の長女(加代子さん)が強盗目的の加害者によって殺害されてしまいました。

無職の男が遊ぶ金ほしさに娘の部屋に忍び込んで、侵入に気づいた娘を殺害したのです。

さらに卑劣なことに娘を殺した後も、まるで娘が元気でいるかのようにメールを私たちに送り続けたのです。

心配で娘にメールを送るとメールは返ってくるのに、娘の家に電話をかけても出ないんです。

そこで娘の会社に電話をすると、

「もう2日間、娘さんは無断で欠席しています」

とのことでした。

私は長野県に住んでいたので体調的に厳しいので、息子と息子の友人が相模原市の長女の家を一緒に観に行ってくれることになりました。

相模原へは高速を使っても3時間かかります。

「ああ、どうしよう、どうしちゃったの?」

と私は苦しみ、悩みました。

メールをしてもちゃんと返事は返ってこないし、電話をかけても電話には出てくれない。

長女の性格を考えると絶対にそんなことはしないので、ある瞬間から、親の、直感で気がつきました。

携帯を持っているのは加代子じゃない、
 
そう気づくと私は部屋の中を歩き回っていました。

娘のアパートには誰もいませんでした。
 
息子は、すぐに警察に捜索願を出しました。

所轄である相模原署では、すぐに捜査にあたってくれました。

始まってまもなくです。

「最悪の状態になりました」

と伝えられました。

アパートの中から遺体が見つかったのでした。

殺人事件、という自分からとても遠いはずの出来事が自分のとても大切な娘に起こるなんて。

私は、立っていられなかったです。

まるで奈落の底に突き落とされたようで、どうしたらいいか分かりません。

息子は昨日アパートを自分が必死に見たのに(遺体がアパートから警察の捜索で見つかったことから)娘を見つけられなかった自分を責め、ショックで大声で叫んでいました。

夫は、状況を少しでも把握する為に必死に落ちつこうとして、すごく怖い顔で警察の人と話をしていました。

娘のなきがらは、警察が紹介したセレモニーセンターで預かってもらう手続きがとられました。

私たちは相模原署への協力の為、犯人が持っているであろう携帯へメールを送り続けました。

相模原のアパートへ娘の様子を見に行ってくれただけなのに、当初、息子は殺人への関与を疑われながら、暑い中、警察の実況見分に立ち会っていました。

それでも、捜査に関わった多くのみなさまにも感謝していました。

担当者が変わるたびにつらい気持ちを必死に抑えて、何回でも同じことを話しました。

私たちは長野から相模原に滞在しつづけたのですが、全く知らない土地で困っている私たちの為に弟が来てくれました。

泊まるホテルの予約、食事、いろいろな用意を引き受けてくれました。

そんな私たちに警察の方が

「絶対捕まえるから!」

と言ってくれました。

私たちもよけいな情報が外にもれて逮捕が遅くなるのを恐れて、警察に何も尋ねませんでした。

3日目、下の娘も事情聴取を受けることになり、名古屋から親戚のクルマで相模原市までやってきました。

犯人は見つからず5日目になりました。

一切の荷物を持ってきていないので一度自宅に帰りたい、と警察の方にお願いして、長野県へ帰宅することにしました。

そこに

「犯人を逮捕しました」

と連絡を受けました。

私たちは急いで相模原に引き返しました。
 
警察の方々に深く感謝しました。

しかし、娘のなきがらを連れて帰る許可がおりず、相模原において帰ることになりました。

加代子、一緒に帰ろうね。ごめん、独りぼっちにして、つらかったね。くるしかったね。

私たちが長野に帰ってから3日後のことでした。

娘を安置しているセレモニーセンターより火葬をすすめられましたが、地元でたくさんの親戚や昔からの友達に最後のお別れができるように長野県で火葬をしたいとお願いをしましたが

「それはできません」

と断られました。

娘のなきがらは、誰も知っている人のいないセレモニーセンターで、火葬にされました。

そんな時に、セレモニーセンターから、今日の火葬代金と共に今までなきがらを安置していた代金を突然請求されて、お金を払いクルマで帰りました。

姉の変わり果てた姿に、言葉も無い妹がぽとぽとと涙をこぼしました。

葬儀には驚くほどたくさんの方々が来てくれました。

みなさまがたには今もお礼状も出せずに大変心苦しく思っています。

中にはぐさっとこころに刺さる言葉もありました。

「だから早く相模原から長野に戻せばよかったのに」

と言われたり

「こども3人産んでおいてよかったね」

と言われました。

でも、加代子はたった1人のこどもなのです。
 
たとえ息子がいても、下の娘がいても、加代子の代わりではありません。

たとえ、きょうだいが3人いたとしても、大切な子を喪った悲しみが減るなんてことはないのです。

「あら、元気そうでよかった」

とも言われました。

それは違います。歯を食いしばって何とか立っているんです。気丈に振るまっていないと、立っていられないんです。

相手の人が無意識にかけているであろう言葉の中に、傷つけられる言葉がたくさんありました。

葬儀の2日後、私の実家の父が亡くなりました。

実家では長女としての仕事が待っていました。

被害者の遺族である、ということだけでなく、長女としての仕事をしっかりと果たさなければなりませんでした。

でも、親戚も加代子のことを知っていて、無言で肩を優しく叩くおじに、とても慰められました。

こんな中、横浜で裁判が始まりました。
 
私たちは裁判の為に長野県から横浜へ向かいました。

何もかも不安な私たちの為に、相模原署の方々や被害者対策室の方や『被害者支援センター』の方々がついてくださいました。

公判は全部で3回でした。

犯人を刺激しないようにと、前から2列目の傍聴席が用意されていました。

傍聴をしていくうちに耐え難い現実が明らかになり、怒りがこみあげ涙がとまらず、娘の遺影を持つ手に力が入り、爪がくいこみました。

慣れない土地で1人で一生懸命がんばっていた家族思いの加代子がどうしてこんな目にあうの?

犯人は何を考えているのか、反省しているのか全く分からない様子でした。

そんな犯人の姿に加害者側の弁護士でさえ怒りを覚えたようで、閉廷後、目が合った私たちに深くおじぎをしてくれました。

民事裁判は、不条理にも

「裁判に勝っても何もとれませんよ」

と弁護士さんに言われてあきらめました。

刑事裁判の判決は、無期懲役。

けれども弁護側は上告しました。

私は、彼には死刑になって、あの世で加代子にこころから謝罪してほしかったです。

彼は死刑になるどころか、刑務所の中で生きつづけることを保障された命であり、20数年後には社会に出てくることを知りました。

すごく虚しく悲しく、不安で恐ろしい感じがしました。

その後、執行猶予中だった犯人の身元引受人が、ただ事実を知りたいだけの私たちにひどい言葉を投げかけてきたこともありました。

娘のアパートのまわりの人たちが事件の日に、女性のうめき声を聴いていたことも知りました。

ああ、その時に110番をしていてくれたらば加代子は生きていたのかしら、と思いました。

マスコミが注目していたのを避けるために、関係者の方々の細かい気配りをしていただいて助けられました。

それでもマスコミの取材に苦しめられました。

犯人は逮捕された時から守られますが、遺族は違います。

マスコミにはお願い文を出してからは静かになりましたが、精神的にまいっていたのでよけいに疲れました。

現実を受け入れられない自分が日々が過ぎてもいます。

こころと体がすごく不安定になっています。

ふつうに暮らせることがどんなに奇跡であるか、どんなに幸せであるか、加代子に教えられました。

今日の講演のお話をいただいた時、すごく迷いました。

被害者の中には社会的活動にとりくむ方もいらっしゃるようですが、今の私にはムリです。

しかし主催関係者の方から「ありのままのきもちを知っていただくことが大事なんですよ」と言われて引き受けることに決めました。

被害者対策室の方々や被害者支援センターの方々から細かい気配りと共に、心温まるお手紙をいただきました。

これがありのままの私の気持ちです。

加代子に、「母さんもがんばったよ」と前を向いて生きていけたらと思っています。


 
お2人のお話は、どちらも涙なしには聴けないものでした。

フジノはそれを堪えてメモをキーボードに打ちまくって

「冷静に。この悲痛の叫びから政策としてできることを見つけ出せ!」

と、必死に考えていたのですが、
 
場内は本当にすすり泣きに満ちていて、悲しみでいっぱいでした。

本当に、つらく悲しいお話でした。

そして、被害者のご家族の気持ちを無視してすすめられていくあらゆること

(例えば、火葬も身近な地域で行なえない、無念ながら火葬をしたその日に安置代など90万円を即日請求されたことなど。何故、後日ではいけないのか?何故、被害者が支払うのか?)

とても怒りを強く感じました。

犯罪の被害者やご家族は、犯罪そのものだけでなく、マスコミや決められたルールのせいで2重にも3重にも苦しめられている現実があります。

これを変えるのが政治の仕事だ、と改めて感じました。

次の記事に続きます)

犯罪被害者支援の為に、もっとやるべきことがある/「それぞれの立場からはじめる犯罪被害者支援~神奈川県犯罪被害者支援県民大会」へ(その1)

犯罪被害者支援の為に、もっとやるべきことがある

中学生たちの演劇発表会場を飛び出ると、大急ぎで昼ごはんを食べて、横浜・桜木町に向かいました。

ランドマークタワーの真正面にある『はまぎんホールヴィアマーレ』が会場です。

ランドマークタワー

ランドマークタワー


午後から、

に参加しました。

『それぞれの立場からはじめる犯罪被害者支援~神奈川県犯罪被害者支援県民大会~』プログラム

『それぞれの立場からはじめる犯罪被害者支援~神奈川県犯罪被害者支援県民大会~』プログラム


被害者支援に対して強い想いを持つ県のある職員さんから熱心にお誘いいただいてこともあって、喜んで参加させていただきました。

「犯罪被害にあった方々の支援はフジノの政策課題だ」と受け止めて、横須賀市議会でいろいろな提案をしてきました。

アメリカ軍の兵士が起こす犯罪の防止(加害の予防)だけでなく、全ての犯罪による被害にあった方々へのサポート(被害への支援)も、とても重要です。

ご遺族による基調講演「犯罪被害者等が望む支援」

まず、2人の方から基調講演が行なわれました。

最初に、練馬区での殺人事件の被害者のご遺族である糸賀美穂さんから『犯罪被害者等が望む支援』のテーマでお話がありました。

糸賀美穂さんの講演

糸賀美穂さんの講演


(ここから先は、フジノのメモを基に記したもので、聞き間違いや誤解や重要な情報が欠けている可能性があります。正確なものではなく、あくまでもフジノのメモとお考え下さい)

被害者は、私の息子で25才でした。

息子は、同い年の恋人に殺されてしまいました。

加害者は、極めて一方的な理由によって、息子を永遠に奪い去ってしまったのです。

もともと情緒不安定の女性でした。

息子が彼氏になった後も、平気で他の男性と浮気をしたり、というようなこともありました。

また、彼女は、自分の両親との関係が一方的に悪いと受け止めていました。

実際には彼女の両親は彼女が家出をするたびに毎回、一生懸命に彼女の行方を探してあげたりしていました。

後で供述を読んでしったのですが、彼女は、

「彼氏(息子さん)を殺してあげなければならない」

と自分勝手な思い込みで考えていました。

息子が殺されたことをテレビなどのニュースで観た友人から様々な電話やメールなど連絡がありましたが、事件当日も、お通夜もお葬式も、どのように終わったのか今も記憶がありません。

彼女は、計画性も殺意も容疑も全て認めた為か、刑事裁判は事件からわずか2ヵ月後に始まりました。

けれども2ヵ月後の頃は、まだ私は自分を責め続けていました。

骨壷を抱きながら、毎日謝り続けていました。

私たち被害者の家族の味方と信じていた検察とは話す機会も無いままに、裁判になりました。

「遺族は裁判のはじめに冒頭陳述ができるだけ」

と言われました。

彼女は、何故息子を殺したのか、真実を語ることも無く、息子に対しても私たちに対しても謝罪の言葉も無く、反省の言葉もありませんでした。

2回目の公判では、彼女の親(加害者の親)が陳述することになっていたのですが、当日になって拒否しました。

そこで、私も夫も、彼女の親が自分たちの娘がしたことをどのように考えているのか、謝罪の気持ちがあるのかどうかも、何も知ることができなくなってしまいました。

その日は、私の夫のみが意見陳述をしました。
 
涙でぐしゃぐしゃになりながらの陳述でした。

夫が陳述を終えた後に、

「加害者、何かありますか?」

と裁判長が彼女に問いました。

けれども、

「何もありません」

と彼女は言いました。

彼女の側の弁護士は、加害者の両親に対して、

「20才を超えた加害者に対して、保護者の責任は無いから接触すべきではない」

と指示を出していたようです。

法廷で会っても、お辞儀ひとつ無かったです。

これまで息子が生きている時には彼女のことで何度も相談にのったり、いずれ結婚するだろうと考えていたので、何度も一緒にお話した間柄だったのにあんまりだ、と感じ、とても悲しくなりました。

検察側は懲役13年を求刑しました。

しかし、自首であること、前科前歴が無いこと、25才という若年であること、反省していること(しかしこれは自分の両親への謝罪の言葉)、で減刑されてしまいました。

加害者には保護や人権が守られているにも関わらず、被害者には何の保護も無いことが分かりました。

被害にあった人は国や司法から守られているものと思っていました。

しかし現実には、自分の私利私欲の為に人の命を奪った犯罪者に対しても「心神喪失や責任能力が無い」などの理由によって、量刑が軽くなってしまうだけでした。

被害者の遺族は、なおさら傷つけられてきました。

また、これは同時に、加害者の為にも良いものなのでしょうか。

矯正教育が今、どのように行なわれているのかは分かりませんが、被害者のことを忘れることなく、罪を真正面から見つめることが必要だと思います。

加害者はもし生きて刑務所を出てきたならば、出所の日からが本当の罪滅ぼしの日々です。

2度と取り返すことのできない現実に苦しみながら生きていかなければならないからです。

1年ほどたって民事裁判を行いました。

けれども、相談にのってもらった弁護士さんから

「どうせ何も取れないのだから、請求額は5000万円にしてはいかがですか?」

と言われました。

「これは一体何の話をしているのだろうか」

と私は思いました。

民事裁判の準備を進めていくにつれて争点が無い裁判は刑務所の加害者に書類を送り、署名をして送り返すだけのものだと初めて知りました。

加害者の署名と言い分として

「私にはお金が無いので、出所したら少しずつ払う」

とだけ書いてありました。

加害者の親は、事件の後も、同じ住所でふつうに暮らしながらえていることに、怒りを覚えました。

相手の母親からは謝罪の言葉は無かった上に、お話をしたいと伝えた途端に、むしろ逆切れされてしまいました。

「あんたね、私たちだって大変なんだよ!」

「あなたの息子がつきあわなければ良かったんでしょ!」

と言われました。

殺された上に、なおもけなされる息子が不憫で不憫で、私はその夜、自殺未遂をしてしまいました。

「死にたい」

という気持ちよりも、

「死んだら息子のところに行くことができる。早く息子に会いたい」

という気持ちになりました。

ようやく今、私はそういう命を救わねばならないと思いました。

『被害者支援センター』からお手紙を何度かいただき、友人らの前では語ることができない想いを毎月1回話せるようになりました。

自助グループに参加するまでは

「こんなことに参加して、一体何の役に立つものか」

と疑問に思っていました。

けれども、センターのサポートや同じ苦しみを持つ方々と体験を話すことで、こころの傷が少しずつ小さくなりました。

その後、2006年犯罪被害者基本法、DV法、更生保護法、少年法の改正、刑事訴訟法も今年12月から刑事裁判の中で遺族も意見を言うことができるようになります。

けれども、これらの法改正も、法律に携わる人々の意識が変わらない限り、ただの飾りになってしまうおそれがあります。

警察や司法、地域の支援ネットの理解が必要です。

自殺予防や犯罪を防ぐ為にも被害者の家族は、なるべく早い段階から支援を受けられるように、自治体やカウンセリングとの連携の必要性=協力が本当に必要だと考えています。

県が条例を作ろうとしていることや取り組みを行なってくれていますが、取り組みの単位は県のように大きなものではなく、それぞれの市町村単位にしてほしいと望んでおります。

みなさまにはぜひ他人事とお考えにならないでいただけたらと思います。

次の記事に続きます)

予想できた今朝のアメリカ兵による2女性刺傷事件/市長の責任はあまりにも重い、対策はもっとやれる

予想できた今朝のアメリカ兵による2女性刺傷事件

けさ8時半頃、横須賀市内で2人の女性がアメリカ兵によってナイフで刺されました。

この2人の女性は、ともに横須賀市民ではなく、都内と県内他市の人間でした。

何よりも加害者であるアメリカ兵が100%悪い

この大前提は、絶対に変わりません。

けれども、不変の大前提に立った上で、あえて言います。

今回の事件は、起こることが十分に予想できました。

アメリカ兵の犯罪問題を市議会でとりあげてきたフジノは、市民の方々からの問い合わせやマスコミの取材に対して、このように応えてきました。

「今回の事件が起こることは、十分予想していました。

被害者が殺されなかったことだけが、本当にラッキーでした。

事件そのものは予期できました。
  
決して驚くべき事件ではありません。

何故なら、昨年1月3日に女性が殺されたにも関わらず、アメリカ軍も横須賀市も、有効な対策を全く行なっていないからです。

特に、『アメリカ軍の人事管理のレベルの低さ』はこれまでも横須賀市民はイヤというほど味あわせられてきました。

『対策をやっている』と司令官はいつもコメントしますが、つい先日も将校が飲酒当て逃げ事件を起こしたばかりです。

何も結果が出ていない以上、対策なんて何もやっていないのと同じです。

規律が最も求められる組織が軍隊であるにも関わらず、『アメリカ軍の規律のレベルの低さ』は、横須賀市民なら誰でも知っていますから。

原子力空母が母港化されることによって、アメリカ兵と軍属がますます市内にあふれるようになって、アメリカ軍は「基地の中に住宅が足りないから」と横須賀市内の住宅をアメリカ兵用に借り上げる準備を進めていますが、ハッキリ言って、拒否したいです」

こんな風にコメントをしました。



市長の責任はあまりにも重い、対策はもっとやれる

これからもアメリカ兵による犯罪は、ますます増えるでしょう。

それに対して横須賀市長の責任はとても重いです。

昨年1月に横須賀市民の女性が殺害されてから設立した『基地周辺地区安全対策協議会』を

「今すぐ開くべきだ」

と、いくら僕が警告しても、決して市長は開こうとさえしないで来ました。

市長はアメリカ兵が犯罪をおかすたびにコメントでは「厳しく抗議する」と言いますが、全く効果が出ていません。

口先だけではなく『行動』であらわすべきなのですが、アメリカ兵による犯罪問題についてのただ1つの話し合いの場である『安全対策協議会』さえ開きません。

『行動』で示さないのですから、本気度がゼロなのはもはや市民のみなさんも気づいています。

選挙公約の1つが『安全安心』だったくせに、公約を守ろうという行動がありません。

蒲谷市長の責任はあまりにも重いです。

いくらフジノが市議会で警告しても、アクションを取らない。
 
このまちの現実が見えないのでしょうか。

特に、つい先日の6月議会でもフジノは、アメリカ兵との交際目的で横須賀を訪れる女性たちに対して犯罪被害にあう危険性が高いハイリスクな存在なのだから『スーパー防犯灯』の存在をピンポイントで広報すべきだと提案しました。

しかし、市長はそれを「やらない」と拒否しました。

ハイリスクな存在だと分かっているからこそ、予防の為にそこにメスを入れるのは、政治・行政として当然です。

けれども、何も動かなかった訳です。

だから、今日のようにアメリカ兵との交際目的の市外から来た女性が刺される事件が起こるのは当然のことなのです。

モラルの低いアメリカ兵が多数存在するアメリカ軍に「もっとしっかりと教育体制を取れ」と訴えるのは当たり前です。

しかし、アメリカ軍に期待しても動かない。

ならば、次にやるべきことは、犯罪にあいやすいハイリスクな存在(被害者になりやすい存在)に注意を促すべきなのです。

やれることがあるのにそれをやらなければ、防げた犯罪を防げなかったのは、政治・行政の責任だと思います。

もはやこうして事件が起こってしまった今、今すぐ事後的な対策を取る為にも『基地周辺地区安全対策協議会』を召集して開催すべきです。

このまちで長年暮らしている僕たちには、問題がはっきりと見えている。

成すべきことだって分かっている。

あとは『行動』するだけだ。

『行動』を起こさない限り、アメリカ兵による犯罪はいつまでも繰り返される。

6月議会での警告に続いて、改めてフジノは

対策を取らない限り、アメリカ兵による犯罪はこれからも続く

と警告します。



DV加害者更正プログラムの導入をめざして/小宮山洋子代議士の講演と質疑応答を通して

今夜の講師は、小宮山洋子代議士(民主党)

今夜は、政策学校『一新塾』にて小宮山洋子さん(衆議院議員・民主党)からお話をうかがいました。

小宮山さんといえば、国会議員として『男女共同参画社会基本法』『DV防止法』の制定に積極的に取り組んでこられたことで有名です。

一方、フジノにとっても『男女共同参画社会の実現』と『DV問題』はとても大切な課題です。

これまでも取り組んできましたし、これからも取り組みつづけていかねばならない重要な課題です。

だからこそ、今日はぜひともお話をうかがって、質問や提案などをしたいと強く思っていたのですね。

ラッキーなことに、新年度スタート直後ということもあったのか、いつもは大混雑の会場が比較的すいていたので、じっくりとお話をうかがうことができて、質問もばっちりできました。

DV加害者更正プログラムの導入をめざして

小宮山さんの目指すところとlフジノが目指しているところはほとんど同じだ、ということも分かってホッとしました。

結局、男女共同参画社会を実現するということは『誰もが暮らしやすい社会にすること』なのです。

それは、障がいのある方も無い方も等しく暮らしやすい社会をめざすこととも同じ意味なのですね。

さて、質問したこと(というか提案したこと)は

  • 国の制度としてポジティブアクションを導入すべき。守れない企業には、ぜひとも罰則化も視野に入れてほしい。
  • DV加害者の更正プログラムの導入をすべきだと考えているが、国のしくみとして取り組みを始めてほしい。

この2点についてでした。

DVは地方議員にとってはいつも目の前にある課題です

でも、ちょっとショックな出来事が...。

『DV加害者更正プログラム』についてフジノが語った時に、小宮山代議士から

「あなたは(加害者更正プログラムの現状を)良く知っていますね」

と言われて、ショックでした。

市議会議員は、国会議員よりも現場に近いんですよ!

DVの問題はフジノにとっては日常的です。
 
今日も市民相談を受けたばかりだし。

そんな現状が小宮山さんほどの人でも伝わっていないのかな...。

ともかく2つのことについて意見交換をできたことは、とても貴重な機会でした。

小宮山さんとしては

「DV加害者更正プログラムについては取り組みを先進的に行なっている国々でも、まだその効果がまちまちであることから、慎重に導入をしていかねばならない、と考えている」

とのことでした。

フジノは直接に海外での取り組みを視察した訳では無いのですが、アメリカ・マサチューセッツ州のメンズリソースセンターの取り組みなんて、かなり良い線いっていると思っているんですけれどね~。

小宮山さんにとって『加害者更正プログラム』の導入は、DV防止法を作った時にも、改正DV防止法においても、実現することができなかったことから、『やらなければならない宿題』として考えているそうです。

フジノとしては、

「沖縄などの自治体の動きを受けて、横須賀市でも早く取り組みを始めたい。しかし、政府もきちんと取り組みを行なってほしい」

と考えています。

小宮山さんは民主党所属ですから、与党では無い訳で、提案してもすぐの実現は難しい、という立場にいます。

でも、フジノはとても期待しています。

フジノたち地方議員は自治体でがんばりますから、小宮山さんには国会でどんどんがんばってほしいと思いました。