任期が終わり選挙後に全メンバーが替わっても「政策重視の横須賀市議会」で在り続ける為に/政策検討会議(第7回)

新たな5つの論点の議論がスタートしました

今日は『政策検討会議』に出席しました。

政策検討会議に出席しました

政策検討会議に出席しました


前回までの『政策検討会議』では、この任期内(〜2019年4月末)に策定する条例を何にするかを選ぶことが最大のテーマでした。

『横須賀市がん克服条例』を作ることが決定して、今まさにがん対策検討協議会で条例案を議論をしています。

そこで『政策検討会議』では、今回から新たなテーマの議論がスタートしました。

今日の議事次第

今日の議事次第


それは、『政策形成サイクル』を健全に回していく為の課題について議論することです。



「政策形成サイクル」を回し続けていく為に

横須賀市議会の場合、『政策形成サイクル』とは以下の手順をぐるぐると回していくことを意味しています。

  1. 市民の声をもとに課題を抽出する
    広報広聴会議が市民の意見を議会報告会や公聴会によって集めていきます。

  2. 4年間の『実行計画』を作る
    広報広聴会議の提案をもとに、『政策検討会議』で条例化や政策立案すべき課題を抽出・選定して、4年間でどのように実行していくかの計画を作ります。

  3. 『課題別検討会議』で条例案や政策案を作る
    『政策検討会議』で決定した課題の解決に向けて『課題別検討会議』を設置します。そこで課題解決に向けた研究を行ない、条例案や政策案を作り、パブリックコメントを実施し、完成した条例案や政策を本会議で議決します。

  4. 行政によって実施される取り組みをチェックする
    議決された条例や提案された政策をもとに、行政は実際に取り組みを行なっていきます。議会はこの行政の取組状況を定期的にチェックしていきます。

  5. 課題の解決に向けた取り組みを検証・評価した結果を市民に報告し意見を聴く
    課題解決に向けて策定した条例とその後の行政の取り組みによって、課題が解決に向けて動いているかデータや市民の声をもとに検証・評価します。その結果を市民に報告していきます。

そして、1へと戻ります。 これをぐるぐると繰り返していきます。

横須賀市議会の政策形成サイクル

横須賀市議会の政策形成サイクル


これを「課題解決に向けた『政策形成サイクル』を回す」と呼んでいます。



選挙で全議員が交代しても「政策形成サイクル」を回し続ける横須賀市議会で在る為に

この取り組みはとても大切です。

しかし、議員には4年間の任期があり、メンバーが替わってしまいます。メンバーが替わったら「こんなの面倒だからやめた」では困ります。

『政策形成サイクル』を回し続ける取り組みこそ横須賀市議会の在るべき姿だ、というのが今のメンバーの考えです。

その為にも、たとえ全員が新しい議員メンバーになってしまったとしても、横須賀市議会が政策形成サイクルをしっかりと回していくことができる体制をしっかりとルール化しておくべきではないか、という問題意識を持っています。

そこで、正副委員長から5つの論点が出されました。

【論点1】
『議会の取り組み全体を網羅した実行計画策定の必要性があるか否か』です。

横須賀市議会がお手本にした大津市議会は、議会全体のことがらを実行計画の中に盛り込んでいます。例えば『議員定数』の検討なども実行計画の中で取り上げています。

一方、横須賀市議会には長い歴史を持つ『議会制度検討会議』がすでに存在しており、こちらで議員定数をはじめとする議会の制度に関する事柄は議論をしており、十分に機能しています。

大津市議会のように、『政策検討会議』が他のあらゆる会議の上位機関のようになるのが良いのか、政策形成サイクルだけでなく「議会の在り方」まで含めた実行計画を作るのが良いのか否か、改めて議論します。

ちなみにフジノは大津市議会のやり方ではなく、今の横須賀市議会の方式のままで良いと考えています。

【論点2】
パブリックコメント手続きの方法が今のままでは不十分だという問題意識から検討する必要があるのではないかについてです。

現在、市議会が提案する条例案は必ずパブリックコメントにかけていますが、その周知の手段が市議会ホームページしかありません。

あとは横須賀市のホームページの片隅に載せてもらっているだけです。何故かというと、横須賀市のパブリックコメント手続き条例の対象機関の中に横須賀市議会は入っていないからです。

きちんと横須賀市のホームページのパブリックコメントのコーナーに掲載できるようにする為には、現在の市のパブリックコメント条例を改正する必要がある、というのが『政策検討会議』メンバーの考え方です。

これが全議員の想いと同じか、各会派に持ち帰って議論していただきます。

【論点3】
政策立案後の検証の必要性についてです。

例えば、すでに『政策検討会議』による議論をもとに『ごみ屋敷対策条例』を作りました。

今年度(2018年度)予算では、この条例に対応する為に福祉部福祉総務課に新たな人員配置がなされました。

条例にもとづいた取り組みが福祉部や資源循環部によって、きちんと取り組まれているかどうかを検証していかねばなりません。

ところで、この条例の取り組みを行なうのは複数の部局です。

複数の部局が担当している場合、2つ以上の委員会にまたがる訳ですが、それをどのように検証していくのか現在は決めていません。

そこで正副委員長案では、

「複数の部局にまたがっていてもあくまでも主管課は1つだけなので、その主管課を所管する常任委員会で検証するのが良いのではないか」

との提案がありました。この案について議論していきます。

【論点4】
『課題別検討会議』の進捗管理を本体である『政策検討会議』が行なう必要があるのか否かについてです。

『政策検討会議』の初期に定めた取り組みとして、『課題別検討会議』の進捗管理は『政策検討会議』が行なうことと定めました。

しかし、実際にスタートしてみたら、これは現実的では無いことも見えてきました。

例えば、現在『がん対策検討協議会』がスタートしています。

フジノ自身、『政策検討会議』のメンバーであると同時に『がん対策検討協議会』のメンバーも兼ねています。両方の議論に常に立ち会っています。

実際にスタートした今、『がん対策検討協議会』の進捗管理をわざわざ『政策検討会議』が行なう必要性は感じられません。何故ならば『協議会』メンバーは全力で条例案策定に臨んでいるからです。

つまり、このルールは無くした方がすっきりすると思います。

改めてこの点をどうするかが論点として挙げられました。

【論点5】
最後の論点は、選挙が終わった後の新しいメンバーが不慣れな中で実行計画をゼロから作るのではなく今のメンバーが実行計画の一部を策定すべきではないかについてです。

我々議員は任期ごとに全くゼロから新しい政策を作る、独立した存在です。

しかし一方で、横須賀市議会の長い歴史と伝統も引き継いでおり、先輩議員たちが議論してきた課題を引き継いでいく責任もあります。

次の選挙で選ばれた新人議員のみなさんが、この『政策検討会議』での議論をゼロにしてしまうことは横須賀市議会の在り方として良いのか。

政策重視の横須賀市議会というスタイルは次の世代の議員にも確実に引き継いでもらう為に、拘束力を伴う計画の一部を作成することにしてはどうか、という議論がかねてからありました。

実際に、新たに選ばれたばかりの新人議員だけで1年目の初めから政策形成を実現することは難しいと思います。

フジノの考えとしては、ある程度(具体的には『1年目の条例策定スケジュール』が良いと思います)は前の任期の議会メンバーがあらかじめ定めておくのが良いと思います。

この点について、議論が必要です。

今日はこの5つの論点が示されて、質疑応答と意見交換が行われましたました。

具体的な議論は次回から行なっていきますが、今日の時点でも激しい議論が続きました。

次回は、論点1と2について議論する予定です。



分かりづらさは承知の上で記しました

『政策検討会議』での議論は、市民のみなさまには分かりにくいです。

率直に、ブログを書いていてもどう表現を変えても分かりやすく書くことはムリだと感じました。

けれども、分かりづらさとは反比例して、政策重視の横須賀市議会という在り方の『核』を議論しているとても重要な場です。

そこで、分かりづらいままであることを承知の上で、記しました。

今、横須賀市議会は絶対に後戻りしない為の改革を進めています。

政策本位の横須賀市議会というアイデンティティを確立する為の改革です。

無会派も含めた、全ての会派の代表が1つのテーブルに集まって未来の横須賀市議会の姿を徹底的に議論しています。

ここでの議論は、市民のみなさまの毎日の暮らしのつらさや悲しみにはじかに影響を与えないように見えると思います。

けれども、実は『市民のみなさまの暮らしに直結した議会になる為の仕組み』を徹底的に作っているところなのです。

5年後、10年後の横須賀市議会の姿を『政策検討会議』では議論しています。

分かりづらさは承知の上で、これからも議論の様子を報告し続けていきたいと思います。

どうか市民のみなさまにもこうした取り組みをぜひ知っていただきたいと願っています。



「医療計画」の実効性を高めるには「評価」こそ重要!/地域包括ケアを実現する為に

PDCAサイクルを通じた医療計画の実効性の向上の為の研究会へ

今日は、東京・新橋の航空会館へ向かいました。

厚生労働省が開催した、『第1回・PDCAサイクルを通じた医療計画の実効性の向上の為の研究会』を傍聴しました。

会場の前に立つフジノ

会場の前に立つフジノ

全国の都道府県において、今年4月から新たな『医療計画』(第6期)がスタートしました。

フジノはこの『第6期医療計画』について、改定の指針を作る為の国の審議会を2010年からずっと追いかけてきました。

第6期医療計画の策定スケジュール(2010〜2012年)

第6期医療計画の策定スケジュール(2010〜2012年)


何故、都道府県の計画である『医療計画』にフジノがこだわり続けるのか?

それは、2025年を前に『地域包括ケア』を実現する為には、とても重要だからです。

国際医療福祉大学院の武藤正樹教授の講義をもとにフジノが作成

国際医療福祉大学院の武藤正樹教授の講義をもとにフジノが作成

『計画』(Plan)は作るだけではダメです。

実際にスタートした後、きちんと『実行』(Do)されたかどうかを『評価』(Check)しなければなりません。

その『評価』をもとに改善を加えて次の『計画』に反映させることで、より精度の高い計画によって高い成果を導くことができるのです。

PDCAサイクルについて

PDCAサイクルについて


これを『PDCAサイクル』と呼んでいます。

『医療計画』も全く同じです。

昨年12月の活動日記に記した通り、フジノはしっかりと計画の実現をチェックしていきます。

2012年12月5日の活動日記より)
国の審議会からずっと追いかけてきた改定作業、最後の最後まで見つめていきます。
そして改定が終わった後は、計画がしっかりと実現されるようにずっとチェックを続けていきます。
医療を守り、福祉を守る。
それがフジノの仕事です。
全力を尽くします。

神奈川県による『保健医療計画』が策定されて、今はその計画が実行される時期にあります。

『実行』がスタートしたら、次に大切なのは『評価』です。

その取り組みがどこまで実現したのかを毎年『評価』して、翌年度以降の取り組みに反映していかねばなりません。

これまで『第5期医療計画』までも、数値目標が立てられて、その目標の達成状況などが評価されてきました。

各都道府県がそれぞれに工夫をこらして、評価を行なってきました。

けれども、これでは全国を同じ基準で評価していくことができません。

また、本格的に『PDCAサイクル』の考え方が導入されたのは、第6期が初めてです。

そこで、「まずは国が大きな方針を示す必要がある」との考えから、今日のこの研究会が開催されました。

開催案内、厚生労働省HPより

開催案内、厚生労働省HPより


今日の研究会は、計画改定までの審議会に比べるとマスメディアの注目もとても低く、傍聴者も30人程しかいませんでした。

でも、この研究会はとても重要だとフジノは考えています。

都道府県の医療計画担当者の方々は、できれば毎回傍聴に来ていただきたいです。

さらに、都道府県の担当者に限らず、ぜひとも市区町村の介護保険・障がい福祉・健康増進の担当者の方々にも足を運んでいただきたいです。

尾形座長をはじめ、研究会メンバーのみなさんと事務局

尾形座長をはじめ、研究会メンバーのみなさんと事務局


『地域包括ケア』『在宅療養』を実効性のある形で2025年までに実現するには、残された時間はとても少ないです。

社会保障政策・社会福祉政策に関わるみなさまに、ぜひ一緒に自らの地域の『医療計画』の実効性を高める取り組みを進めていただきたいのです。

この研究会は、次回は7月31日に開催予定です。

ぜひご注目ください。

(後日追加)

2013年7月5日・キャリアブレインより

2013年7月5日・キャリアブレインより

美術館問題は常にフジノの頭を離れません/昨日は委員会質疑で取り上げ、今日は「横須賀美術館運営評価委員会(2012年度)」の傍聴へ

美術館運営評価委員会へ

今日は、観音崎にある横須賀美術館へ向かいました。

毎年度3回開かれている『美術館運営評価委員会』を傍聴しました。

20130313-163458.jpg

初めて立候補した時からずっと、フジノは美術館について考えない日はありません。

昨日(2013年3月12日)の委員会質疑でも、美術館改革に向けての多くの提案を行なったばかりです。

現場スタッフのがんばりで改善は続いています

毎年出される赤字についてはずっと問題視してきたフジノですが、その一方で、赤字の問題とは別に、学芸員のみなさんをはじめとする美術館スタッフのがんばりは、とても高く評価しています。

今回の『美術館運営評価委員会』でも、課題の改善がさっそく見られました。

新年度の『事業計画(案)』が評価委員会で示されたのです。

これまでは、新年度がスタートしてから半年も経ってから事業計画がこの委員会に出されていました。

このスケジュールの問題が改善されたのはとても大切です。

委員会で行なった美術館に関する質疑

昨日の教育福祉常任委員会でフジノが行なった、美術館に関する質疑を掲載しますね。

2012年3月12日・教育福祉常任委員会
question美術館費について伺います。

まず、美術館運営評価委員会について伺います。

明日(2013年3月13日)も開かれると思いますが、この運営評価委員会は、毎回その評価の方法を改善してきて、だんだん精度が高くなってきていると思います。

例えば、当面の課題というのは、年度初めの事業計画が半年ほど過ぎないとこの運営評価委員会にかけられない、そういったところが上げられると思います。

こうしたいくつかのまだまだ改善しなければいけない点などを2013年度はどのように改善していくのか、方針をお聞かせください。

answer(答弁=美術館運営課長)
評価委員会ですが、平成25年度の予定は、6月に評価、前年度の評価を行います。

本来は年度の頭に事業計画を出すべきところでありますが、現段階での案としまして、あすの評価委員会でまずお示しをさせていただいて、御意見をいただこうと思います。

その上で、6月の会議のときには、評価のほうが主になりますが、あす御意見いただいた分を踏まえた中で、その時点での正式な事業計画を6月の会議に提出したいと考えております。

以降は、平成25年度でいいますと、秋口、10月以降に委員の改選がございます。新しい委員は事業計画を審議することはできませんが、新しい委員のもとで、決まっている事業計画をもとにしまして、評価を理解いただくという形になろうかと思います。

question続いて、歳入とあわせて美術館全体の収支についての示し方について伺います。

今回、美術館の収入は、教育委員会として853万7,000円前年度予算比で下がる。それから、支出としては、4億270万1,000円ということで、1,749万1,000円前年度予算比で下がる。

ただ、これだけでは横須賀美術館の全体の姿をあらわしていることには決してならない。

今回は、経済部が運営委員会方式で『特別企画展』も行なう。これは横須賀市全体で見れば、一つのお財布で連結というのはおかしいですが、経済部の取り組みも含めて教育委員会、横須賀美術館というのが新年度については行なわれる。

これを予算には確かに教育委員会ではないけれども、一緒に提示すべきだったのではないか。予算書を見るだけだと、使用料がこれだけ下がる。それはネガティブなイメージを与える。そうではなくて、経済部との取り組みで、集客面ではこういう効果があるという取り組みもあわせて予算審議に出すべきだったのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

answer答弁者=教育総務部長
確かに一体として捉えられると、そういう捉え方はとても大切なことだと思います。

ただ、今回のこの予算書につきましては、一定のルールのもとで出させていただいておりますので、一応経済部の取り組みは、先ほども議論になりましたが、『美術館条例』の適用外の事業ということで、今回の予算書では別々の形で計上させていただいております。

question示し方の今後のあり方についてですけれども、平成26年度なのか、それとも途中で報告で出すのか、いずれにしても美術館全体の取り組みとしてどうなのかということは、議会にもきちんと示したほうが理解が得られやすいと思うのですが、いかがでしょうか。
answer今回の取り組みは、さまざまな美術館改革の中の取り組みの1つになっております。

平成24年度、平成25年度にかけて経済部では集客について取り組み、それから美術館のほうでは、社会教育施設としてさらに集客を図るためのいろいろな企画などを考えておりますので、それらを一体とした形で最終的に御報告をさせていただいて、今後の美術館の方向性というものを示していきたいと考えております。

その中に、当然そういう収支面も入ってくるものと考えております。

question続いて、収入について伺います。

美術館の諸収入の一つとして、毎年約800万円から900万円近く、美術館の書籍等の売り上げがあります。

この商品、図録などの売り上げというのは増えているのか。また商品開発というのはどんな形で行われているのか。2013年度の方針等も含めてお聞かせください。

answer答弁者=美術館運営課長

ここにあります雑入の中には、美術館がつくってミュージアムショップに卸して売り上げたものの収入が入っております。

これは企画展ごとに制作しますカタログ、図録ですとか、それからその展覧会の折々でポストカードを時にはつくることもございます。そういうものになっております。

それ以外の商品につきましては、現在のところ考えておりません。

questionその売り上げというのは、今後さらに工夫次第では増加することが見込まれると思うのですが、新年度、さらに売り上げを上げていくというような取り組みは行う予定はありませんか。
answer現時点では、平成25年度に具体的なものはありませんが、確かにミュージアムショップを介して販売することで収入を上げるということも大事な一つだと思いますので、今後そういう部分でも検討していきたいと思います。
question続いて、美術館展覧会事業について、谷内六郎館に関連して伺います。

間もなく谷内家の御遺族との横須賀市の訴訟も終わりが見えてくると思います。

どのような判決が出るのかというのは、今の時点ではわかりませんが、結果次第では作品の返還もあり得るわけです。

そうした際に、谷内六郎館展示替4回と予算書には記されていますが、最悪のときの対応というのも想定しておくべきだと僕は考えています。

そうしたシミュレーションというのは行っておられるのでしょうか。

answer裁判の結果は、開いてみないとわからないところですが、訴えられた側ではありますが、勝訴するという前提で思っておりますので、特にシミュレーションは考えておりません。
question姿勢としてはそのとおりかとは思いますが、まだ本当に裁判というのは終わってみなければわからないわけですから、最悪の結果になった場合に谷内六郎館だけ休館させるというのもおかしな話ですし、何らかの対応も想定はしておいていただきたいと思います。これについては意見にとどめます。

続いて、美術館運営事業に関連して、広報、宣伝としての美術館のツイッターでの発信について伺います。

かねて質問をさせていただいて、その駐車場の混雑ぐあいなどを細かく発信してほしいということを申し上げました。

対応もしていただいて、それから最近では地域とのかかわりをふやしてほしいという提案を酌んでいただけたのかどうかわからないのですが、美術館のツイッターアカウントとして、地域を歩いて、そしてその地域のよさというのをツイッターアカウントで発信していただいています。

これは極めてよろしいことだと思いますが、残念ながらフォロワー数がまだ非常に少ない。これをもっと獲得できるように、ぜひさらに取り組みを進めていただきたいと思います。

例えば、フォローしてくれている人が、美術館に来たら何らかの割引が受けられるとか、何かインセンティブをつけて、そして常にツイッターやSNS上で話題になる美術館であってほしい、そういった意味で中の人に頑張ってほしいというような思いなのですが、いかがでしょうか。

answer確かにフォロー数を増やしていくことが課題だと思っております。

どういうふうにやっていくのかというのは、なかなか見出せない中でありまして、今、委員御提案の内容も踏まえて検討していきたいと思っております。

question続いて、美術館管理事業費の中の修繕料について確認をします。

美術館の位置している場所が海に面しているということもあって、潮風による老朽化というのは市内市街地にある建物よりは早いと思います。

以前、学芸員の方と話した時に、やはり1年間のスケジュールもあるので、なかなか修繕を行っていくタイミングというのは難しいというのも伺いました。ただ、やはり定期的に壁の塗りかえなどは行っていかなければならないと考えています。

今回の修繕費の中には、そうした計画的な修繕というのは盛り込まれているのか、その点を伺いたいと思います。

answer今回、平成25年度の修繕料は、空調熱源ポンプの整備ということで、それ以外は通常の小破修繕という予算になっております。

確かに計画的に修繕していくべきものだと考えておりまして、現在、中長期修繕計画、これは美術館の内部のものになりますが、これを作成しまして、早い時期に手を打つ、それから大型の修繕があるときには、それに合わせた展覧会のスケジュールが組めるような形でつくっていきたいと考えております。

questionこの美術館の修繕についても、先ほど上地委員がおっしゃったように、本来は全市的な取り組みの中で位置づけていくものですが、まだ公共施設管理白書が完成していない時点では、やはり美術館単体で計画的にやっていくしかないと思うのですね。

コストを下げろ下げろというのは、僕がずっと言ってきたために、そういった修繕に予算要求するのもはばかれるというような雰囲気が美術館内にあるような気がして、けれども、これ長寿命化していくのは僕も願いですので、それはぜひ今後も計画的に進めていっていただきたいと思います。

さて、フジノはこれから北久里浜駅前に向かいます!

自殺対策街頭キャンペーンに参加してきます!

県の高齢者保健福祉計画評価・推進委員の県民委員に応募しました

現在、神奈川県が『かながわ高齢者保健福祉計画評価・推進委員会』の県民委員を募集しています。

今年4月からスタートした『かながわ高齢者保健福祉計画』の施策や事業が計画にそってしっかり実施されているかなどを評価する委員会です。

フジノはこの県民委員に応募してみました。

神奈川県高齢者保健福祉計画評価・推進委員などの県民委員の募集

応募には『意見・提案(800字程度)』として下の課題が出されています。

次のいずれかの事項に関して、800字程度に意見・提案をご記入ください。

1.高齢者が安心して元気にいきいきと暮らせる社会づくりへ向けての意見・提案
2.高齢者とともに地域社会を支え合うための意見・提案
3.介護予防を推進するための意見・提案

フジノは1番を選んで書きました。

ここに書いた内容がそのまま『今回フジノが応募しようと考えた理由』ですので、そのまま掲載してみます。

 私は、来たる2025年に向けて地域包括ケアを実現しなければならないと考えている。

特別養護老人ホームに入所を希望する方々は全国で40万人を超えると言われている。しかし、入所施設を建設し続けることは、介護保険制度における保険料の値上がりに直結する。すでに基準月額が5000円に到達している現状では、もはや入所施設を新たに作り続けていくことは不可能だ。さらに増加を続ける高齢者人口も2050年には反転し、人口減少へ向かうと推計されており、施設を作ればそれはすぐにデッドストックと化すことが明らかだ。

したがって、もはや入所施設は現行の量にとどめ、自宅や住み慣れた地域でケアを受けられる仕組みづくり(=地域包括ケア)こそが現実的な手段である。財政的にも地域でのケアを行なうことが効率的であると共に、人の尊厳やクオリティ・オブ・ライフの観点からも、地域包括ケアの実施の方が優れていると言える。

私は、市議会議員として第3期の介護保険事業計画(高齢者保健福祉計画を含む)から現行の第5期計画まで策定から評価と向き合ってきた。第4期計画以降、日常生活圏域ごとの調査を行なって、より精緻な給付量の見込みや地域ごとのニーズの把握が成されてきている。

したがって残された課題は、都道府県の介護保険事業支援計画と市町村の介護保険事業計画をしっかりと連動させることだと私は考えている。これが現在は実現できていない。さらに介護だけでなく、保健医療計画、健康増進計画、地域福祉計画、障害福祉計画も全て連動させていかねばならない。現場に最も近い市町村と、個別の市町村だけでは解決できない課題を扱う都道府県とがしっかり連携していくことによって初めて地域包括ケアは実現すると私は考えている。

そのひとつの手段として、私は市議会議員の立場であると同時に、県の評価委員に応募して、現場に近く個別の課題を把握している市議としての意見を述べると同時に、県の計画へ理解を深めてその課題と取り組みを把握して市政に還元したいと考えている。

果たしてフジノは選ばれるでしょうか?