告示12日前に立候補を決断、選挙カーも選挙ハガキも電話かけも何も無いフジノが5期目に当選しました/横須賀市議会議員選挙2019(翌日)

何もない。だけど想いの強さと信念に基づいた政策だけはある

今回の選挙は、前回の選挙にも増して『ないないづくし』でした。

立候補の決断をしたのは、告示のわずか12日前でした。

そもそも立候補できるかどうか分からなかった身です。

最後まで自分らしさを貫くことだけを何よりも大切にしました。

  • 応援なし。
    →他の政治家の応援は全てお断りしました。落選した時に誰かのせいにしたくない、だから自分ひとりだけがマイクを握ろうと考えました。

  • 選挙カーなし
    →税金のムダづかいですし、騒音公害そのもので無意味です。有権者をバカにして選挙から遠ざけているのが選挙カーです。

  • 選挙ハガキなし
    →税金のムダづかいです。ハガキ大のスペースでは政策なんて伝えられるはずもありません。ムダそのものです。

  • 電話かけなし
    →電話番号を教えたこともないのにある日突然に候補者から投票依頼の電話が来るのは気持ち悪いです。絶対にやりません。

  • 後援会なし
    →人はみなバラバラで考え方も生き方もまるで違うのに、政策本位で候補者を選ばねばならないのにファンクラブみたくずっと一人を応援するのは違うとフジノは信じています。

  • 握手なし
    →フジノは相手から求められない限り絶対に握手しません。「握手した数が多いほど票数が増える」なんて古い政治家の言葉が大嫌いです。

  • 僕を応援してほしいとか投票してほしいという言葉は一切なし
    →フジノの政策に共感する人だけが自らの意思で投票すれば良いだけのことで、もっと別にご自身に合った政策を訴えている方がおられたらその方に投票してほしいです。

今回はこれに加えて

14時まで一切マイクを使わない

というルールも加えました。うるさくて迷惑だからです。

当選したければ何でもやれることはやれ、みたいな空気はいいかげんに終わりにすべきです。

3.11直後の選挙では紳士協定をむすんで、候補者はみなマイクの使用をなるべく短くすると約束して実行しました。今だってやれるはずです。

フジノには何もありませんでした。

けれども、この想いの強さがありました。

信念に基づいた政策がありました。一般ウケは一切しない、けれども本当にフジノが実現したいことだけを選りすぐった政策をチラシに書きました。

そして、ひたすら歩いて歩いて歩いて、街頭で語りかけました。

その結果、当選しました。

横須賀市民のみなさまは、またもフジノを選んで下さったのです。

『ないないづくし』のフジノを選んで下さいました。

「フジノくんの選挙はすごいね」と言って下さる先輩議員がおられました。

いいえ、違うのです。

いちばんすごいのは横須賀市民のみなさまなのです!

こんな僕を選んで下さるのですから。

改めて横須賀市民のみなさまのふところの深さを感じさせていただきました。



当選証書付与式でした

こうして、今日15時から横須賀市役所正庁にて『当選証書付与式』が開催されました。

当選証書付与式が開かれました

当選証書付与式が開かれました


まず開会前に、正式な当選を知らせる『当選告知』を受け取りました。

当選告知

当選告知


そして開会後、ひとりずつ当選証書が竹折輝隆選挙管理委員長から手渡されました。

すでに昨日から39万人の命を守る立場についた責任をひしひしと感じていますが、その気持ちがより一層強まりました。

閉会後、市議会に向かう階段にて

閉会後、市議会に向かう階段で先輩議員が撮って下さいました


再び一緒に働かせていただく先輩・同僚議員の方々といろいろ意見交換をさせていただきました。

「フジノくんはまた教育福祉常任委員会に入りたいって絶対ゆずらないんだろ?」

と尋ねられました。

はい、そうです(笑)



もっとこきつかってもらう為に「働き方」を見直します

現役の市議会議員として4期目の任期が残っていることもあり、仕事はすでに始めています。

選挙中に市民の方々から伺った相談は、けさからすでに各担当部局と意見交換をはじめました。

当選証書付与式の閉会後、さっそく市長にもお会いしていただきました。

その後、自らの提案で実現したのに4月1日のオープン後に1度も来られなかった『不妊・不育専門相談センター』を見学して、課長・係長と17時まで意見交換させていただきました。

実現した「不妊・不育専門相談センター」

実現した「不妊・不育専門相談センター」


ただ、この4年間は、働き方を見直したいと思います。

もっと良い働き方をすることでもっとたくさんの方々のご相談をしっかりとお聴きできるように健康管理に努めたいと思います。

選挙でお約束したとおり、こきつかってほしいのです。

その為にもっと健康に気をつけるようにしたいです。

そして、選挙期間中にお約束したことをできれば全て実現したいです。

投票して下さった方々の期待を超える仕事をできるようにがんばります!



「期日前投票」スタートしました!今日23日からヴェルクよこすか、24日からヴェルク&行政センターで投票できます/参議院選挙2016

今日23日から「期日前投票」が始まりましたよー

ついに昨日から参議院選挙がスタートしました。

みなさまのお宅にもすでに『投票案内ハガキ』が届いているはずです。

7月10日(日)が投票日・開票日とアナウンスされています。

でも、実はもう今日から投票ができるんです。

それは『期日前投票』です!

投票案内ハガキ(表)

投票案内ハガキ(表)


投票案内のハガキはシールのように貼ってあるので、それを開いてみて下さい。

あなたのお名前の下の方をご覧下さい。

『期日前投票宣誓書』と印刷されていますよね。

投票案内ハガキ(内側)

投票案内ハガキ(内側)


いろいろな理由で「7月10日はムリ!」という方々はたくさんいらっしゃいますよね。

仕事が忙しかったり、旅行に行く予定がすでに入っていたり、病気やケガや障がいなどで、7月10日に行かれるかどうか分からない。

そんなあなたが国民の大切な権利である投票ができるように、『期日前投票』という制度があるんです。

投票案内ハガキ(期日前投票のご案内)

投票案内ハガキ(期日前投票のご案内)


朝8時30分から夜8時まで、ヴェルクよこすか(勤労福祉会館)と市内各行政センターに行けば、もう投票できるんです。

しかもフジノ自身、今日やってきましたが5分もかかりません。カンタンです。

とってもおすすめです。



「でも期日前投票なんてよくわからない」というあなたの為に

『ヴェルクよこすか』という建物が横須賀中央駅から歩いて10分ほどのところにあります。




この建物です。これが正面玄関です。

勤労福祉会館(ヴェルクよこすか)

勤労福祉会館(ヴェルクよこすか)


2階に『横須賀市選挙管理委員会』が入っています。

ここが「入口」です

ここが「入口」です


エレベーターでも階段でも2階にあがることができます。

玄関ホール

玄関ホール


2階にあがるとすぐに係員の方々がたくさん居て下さるので、絶対に迷いません。

左には2階に昇る階段があります

左には2階に昇る階段があります


そして、机がありますので、ハガキの宣誓書欄に署名と7月10日に来れない理由に丸をつけて下さい。もちろん家で書いてきて下さってもOKです。

ハガキにささやかな宣誓を書く欄がありますので、ボールペンや拡大鏡が置いてあります

ハガキにささやかな宣誓を書く欄がありますので、ボールペンや拡大鏡が置いてあります


ところであまり知られていないのですが、

投票案内ハガキが無くても(忘れても)期日前投票できます。

お名前やご住所などのカンタンな確認さえして、それで投票ができるので忘れてしまった方も無くしてしまった方もご安心ください。

ここが入り口です(ここから先は撮影不可)

ここが入り口です(ここから先は撮影不可)


今回の選挙では、あなたは2枚の投票用紙がもらえます。

1つは、『神奈川選挙区』から立候補している人の名前を書く為の投票用紙です。

もう1つは、『政党』の名前か、『比例区』から立候補している人の名前を書く為の投票用紙です。

投票案内ハガキ

投票案内ハガキ


これは説明だとわかりにくいですよね。

でも、投票所に行くとすぐにわかります。

1枚目の投票用紙を書くコーナーに行くと、『神奈川選挙区』から立候補している人のリストが貼ってあります。

その中からおひとりのお名前を書いて下さい。

そして、投票箱へ入れます。

すると、2枚目の投票用紙を渡してくれますので、2枚目の投票用紙を書くコーナーに向かって下さい。

そこには、『政党名一覧』と、『比例区』で立候補している人々のお名前のリストがどーんと貼ってあります。

その中から、(1)政策に共感している『政党』か、(2)応援している人で比例区から立候補している人か、このどちらかを書いて下さい。

そして、投票箱へ入れます。

これだけです。所要時間はたぶん3分くらいです。

投票を終えたらお近くの係員の方にぜひ声をかけて

「投票証明書をください」

と頼んで下さい。すぐにもらえます。

投票証明書をもらえます

投票証明書をもらえます


市内の商店街や個店の中には『選挙割引』をしているところがあって、この証明書を見せると安くして下さるそうです。

「ヨコスカ選挙割」のおしらせ

「ヨコスカ選挙割」のおしらせ


上が『ヨコスカ選挙割』のチラシです。

正式な名前は「期日前投票参加済証」

正式な名前は「期日前投票参加済証」


という訳で、『期日前投票』のしくみをご説明しました。

カンタンですよね。

ぜひこのしくみをあなたにも使ってほしいとフジノは願っています。

投票は、こどもたちの未来を守る為に大人たちが絶対にやるべき行動だと思います。

毎日お仕事が忙しいのも、お給料があがらないのも、借金ばかりが増えるのも、それは政治の責任です。

そんな政治を生み出しているのは、実は市民のみなさまです。

ガード下の飲み屋でグチっても、ニュース番組を観ながら文句を言っても、SNSに毒舌を垂れ流しても、あなたの暮らしは変わりません。

投票によって政治家を選ぶことだけが、政治を変えます。

しっかり働く政治家を選べば、あなたの暮らしが変わります。

そして、こどもたちの未来が変わります。

だから、投票に行って下さい。大人として、人として、ぜひ。



税金がもったいないので「選挙ハガキ」は出しません/横須賀市議会議員選挙(最終日・その1)

立候補者は「選挙ハガキ」2000枚をタダで送ることができます

実は、横須賀市議会議員選挙の立候補者は「選挙ハガキ」2000枚をタダで送ることができます。

「日本郵便株式会社横須賀郵便局が立候補者に渡す説明書」より

「日本郵便株式会社横須賀郵便局が立候補者に渡す説明書」より


公職選挙法と公職選挙郵便規則などの法令で、決められているのです。

なんとハガキ2000枚をタダで送れます

なんとハガキ2000枚をタダで送れます


ご存知でしたか?



フジノは「選挙ハガキ」を出しません

フジノは、『選挙ハガキ』を出しません。

もしもふつうの人が2000枚のハガキを送れば、10万円以上かかります。

横須賀市議会議員選挙の立候補者は50人以上です。

そのおカネ、500万円以上もかかります。

さらに郵便配達をしてくださる方々の人件費も含めたら、一体いくらになるのでしょうか?

もちろん、そのお金は『税金』から支払われています。

たったひとりだけでもフジノは『選挙ハガキ』を出さないことで、市民のみなさまからお預かりしている大切な税金を節約しました。

毎日フジノは歩いては演説をし、政策をお伝えしています。

『選挙公報』にも政策を記しました。

40万人市民のこのまちで、何故に限られた2000名だけにハガキを送る必要があるのでしょうか。



他にも選挙でフジノがやらないこと(12年間やらなかったこと)

ちなみに

フジノが選挙で絶対にやらないこと(過去もやったことがありません)

  • 『選挙カー』も12年間1度も使ったことがありません

    →名前を繰り返すばかりでうるさいし、これにも税金の補助が出ています。まさに『ムダ』です。


  • 投票をお願いする『電話』もやりません

    →いきなりかかってくる投票依頼の電話。どこから電話番号を知ったの?気持ち悪いからやりません。

です。

あまりにもフジノはガンコなので友達は怒ります。

「みんな使ってるんだから、フジノも使えるものは使ったらいいのに」

「フジノ、もっと票数が増えるかもしれないんだからやったらいいのに」

イヤです!

税金のムダ使いを必死に12年間そぎおとしてきました。

市役所の職員のみなさんは本当にがんばっています。それなのに政治家が『選挙カー』で税金を使っていたら、職員のみなさんは白い目で政治家を見るでしょう。「偉そうにムダを無くせ、なんて。まず自分がムダを無くせばいいのに」って。

市民のみなさんは、選挙期間中であろうとふつうの暮らしを送っています。そこにいきなり投票依頼の電話がかかってくるのは、やっぱり日常生活を乱す気がしてイヤなんです。

政治家は、税金のムダ使いを全て無くして、市民のみなさまのいのちと暮らしを守ることが仕事です。

選挙の時からしっかりと政治家が自らの姿勢を貫かなければ、当選してからも同じです。

フジノは選挙の時も当選した後もずっと同じ姿勢です。



DELIさんによる「静かな選挙革命」が起こっています/松戸市議会議員選挙2014

DELIさんが当選すると、政治が大きく変わります!

選挙最終日の松戸駅前で開かれたDELIさんの『ブロック・パーティー』に行ってきました。

ブロックパーティーのDELIさん

ブロックパーティーのDELIさん


改めてフジノは、DELIさんが当選したら政治が大きく動き出すことを実感しました。

1週間ぶりの再会にハグしたDELIさんとフジノ

1週間ぶりの再会にハグしたDELIさんとフジノ


DELIさんが何故スペシャルなのか、政治家生活12年のフジノが率直に感じたことを記します。

三宅洋平さん、DELIさん、山本太郎さん

三宅洋平さん、DELIさん、山本太郎さん





目先の新しさだけに飛びつく、若手の「古い政治屋」のパターン

政治家になりたい若手の候補者は、新しい選挙スタイルを生み出そうとします。

今までの「若手の立候補者」たちの特徴

  • ホームページが流行すればホームページに飛びつく
  • ブログが流行すればブログに飛びつく
  • 『本人』のたすきを付けることが流行すれば『本人』のたすきに飛びつく
  • 『NO選挙カー』運動が流行すれば『NO選挙カー』に飛びつく
  • 自転車を使うことが流行すれば自転車に飛びつく
  • SNS(ツイッター・フェイスブック・LINEなど)が流行すればSNSに飛びつく

そして

「こんなにも新しいメディアを駆使している自分こそ、新しい時代の政治家だ!」

とアピールするのです。

でも、こういう人々は『古い政治屋』と何も変わりません。

『年齢が若い』だけで、権力欲の強さとか自分が目立ちたいだけの自己顕示欲の強さは、全く『古い政治屋たち』と同じです。

選挙の手段がその時々の流行で変わるだけで、『古い政治屋たち』と根本的に全く同じです。

だからフジノにとっては、気持ちが悪くてたまらない。

こういう人たちが政治家になっても、『古い政治家』が引退しても、年齢が若くなっただけの『古い政治家』が就職しただけ。

だから、何も変わらない。

いつも、政治が変わらない。

そして、いつもいつも市民のみなさまが苦しめられる。割を食うんです。



DELIさんによる「静かな選挙革命」が進行中!

けれども今、松戸市でDELIさんによって『静かな選挙革命』が起こっています。

全く今までのやり方とは違う、完全に『異次元の選挙活動』です。

でも、それは『作戦』では無いのです。

DELIさんはそのままのDELIさんとして、無意識にやっているのです。

だから『異次元の選挙活動』なのです。

たぶん他の誰にもマネできません。DELIさんにしかできません。

だから、フジノは大絶賛しています。

DELIさんが無意識にやってる前代未聞の選挙!

  • DELIさんは、前代未聞、名前をアルファベットのDELIのままで立候補しました。

    立候補名は「DELI」

    立候補名は「DELI」


    →投票用紙に書いてもらいやすくする為に、選挙の時だけ難しい漢字をわざわざひらがなにする政治屋はたくさんいます。

     HIP HOPファンならば「あのDELIさんか!」と分かるかもしれません。

     しかし、投票に行く有権者の中で若者は極めて少ない『シルバー民主主義』が現在の日本です。

     アルファベットの『DELI』のままで立候補するのは、それだけで避けられる可能性さえあります。

     でも、ありのままの自分をさらけだしているDELIさんは、自らのアイデンティティーであるDELIを選挙の為に変えたりしません。


  • DELIさんは『逮捕されたことがあること』を全く隠しません。自ら進んで過去の経歴を率直に話します。

    立候補届を出した直後のDELIさん

    立候補届を出した直後のDELIさん


    →当選したいが為に、経歴を詐称して学歴をごまかす政治屋がたくさんいる中でDELIさんは何もごまかさず隠しません。

     生きていれば、人にはいろいろな過去があります。その過去も含めて自分自身なのです。

     DELIさんは自分の過去を隠したりしません。

     DELIさんにとって、隠したりごまかして当選しても何の意味も無いからです。


  • DELIさんは、『たすき』をかけません

    DELIさんはスーツを着ません

    DELIさんはスーツを着ません


    →名前を売ることが目当ての政治屋は、選挙前は『本人』と書かれたたすきをつけて、選挙になると名前がでかでかと書かれたたすきを付けます。

     DELIさんは「ふだんのままの自分で当選しなければ意味が無い」と考えているので、『たすき』なんか付けません。

     だって、ふだんあなたも『たすき』なんて付けないでしょう?


  • DELIさんは、『スーツ』を着ません。

    →「ふだんのままの自分で当選しなければ意味が無い」とDELIさんは、選挙の為だけにスーツを着たりしません。

     ふだん着ていないのですから、選挙だからって何故スーツを着なければならないのでしょう?

     DELIさんはふだんどおり普段着のままで全ての活動をしました。


  • DELIさんは、選挙ハガキも出さないし、電話もかけません。

    →見ず知らずの候補者から選挙期間中に突然届いたハガキが嫌だったDELIさんは、選挙ハガキを出さず、電話かけも一切やりませんでした。


  • DELIさんは、選挙前からずっと続けてきた松戸市内の土壌の測定を、選挙期間中もずっと続けました

    土壌の測定

    土壌の測定


    →いろんな政治屋が、日頃はゴミ拾いのNPOやボランティア活動をやっていますが、選挙期間に入るとピタッとやめます。

     要は、NPOやボランティアをやっている自分を宣伝するのが目的で本気でやってる訳では無いのです。

     だから、選挙に入ったらそうした活動は完全にストップします。

    選挙期間中にも朝から夕方まで土壌測定を続けたDELIさん

    選挙期間中にも朝から夕方まで土壌測定を続けたDELIさん


    けれどもDELIさんは、選挙期間中もずっと朝から夕方までは土壌の測定をひたすら続けてマップ作りを継続しました。

    DELIさんは、測定した結果をマップにして配りました

    DELIさんは、測定した結果をマップにして配りました


    そしてふだんどおり、土壌測定をしながら公園で遊んでいるお母さんやこどもたちと語りあいました。

  • DELIさんは『夜の駅立ち』なんてやりません。ツイキャスで毎晩、語りあいました
    宇都宮健児さんと語り合うDELIさん、その様子は生中継でツイキャスされました

    宇都宮健児さんと語り合うDELIさん、その様子は生中継でツイキャスされました

    →選挙期間中は夜8時を過ぎたらマイクは使えませんが、ほとんどの政治家たちは駅の改札の前に立って終電まで「おかえりなさーい」とおじぎをひたすら繰り返します。

     顔を売る為です。

     このどこに政策があるのでしょうか?

     DELIさんは毎晩ツイキャスを通じて21:00〜22:30、宇都宮けんじさんをはじめとする方々と語り合う様子をインターネットで生中継しました。じっくりと政策を語り、その姿を通して人柄が伝わってきました。

他にもたくさんたくさんあります!

けれども時間がないので書ききれません。

あえてシングルイッシューで選挙を行なったことや、全国の地方議会議員選挙で初めて『選挙フェス』を実現したことなど、たくさんあります!

こんなやり方は今までの選挙には存在していません。

これで当選したら、まさに『革命』です!

フジノの結論は、だから1つです。

DELIさんは、本物です。

政治家になるべき人です。

なりたい、なりたい、というような人種ではありません。

あの人になってほしい、ああいう人が政治家になったらいいのに、というタイプがDELIさんです。

投票日は16日(日)

投票日は16日(日)


どうか松戸市民のみなさま、DELIさんに投票してください!

12年間の政治家生活を通して、フジノはあらゆる政治家(政治屋)をまぢかで見てきました。

DELIさんなら、政治を前に進めます。

DELIさんなら、こどもたちのいのちを守る為に必死に仕事をします。

フジノが本気で保証します。

DELIさんの周りにいる人たちはサイコーなハートの持ち主ばかりです

DELIさんの周りにいる人たちはサイコーなハートの持ち主ばかりです


だから、松戸市民のみなさま、DELIさんに投票してください!

DELIさんに賭けてみてください!

絶対に損はしません。

むしろ、10〜20年経った時に、「ああ、2014年11月16日にDELIさんに投票して良かったなぁ」と思い出すはずです。

DELIさんに投票して下さい!よろしくお願いします!




投開票が行なわれた16日~17日深夜にかけてのブログ記事はこちらです)