市議会議長・副議長が吉田市長に文書で申し入れ/サイクリングパンフレット問題

契約面などの問題に対して正副議長が市長に申し入れ

サイクリングパンフレット問題で、正副議長が市議会の総意として吉田市長に対して申し入れを行ないました。

その様子を神奈川新聞が報じました。

2014年6月28日・神奈川新聞より

2014年6月28日・神奈川新聞より

以下に全文を引用します。

市議会「疑義持たれぬべき」
パンフ問題で契約面など市長に申し入れ

三浦半島観光連絡協議会(会長=吉田雄人横須賀市長)のパンフレット「自転車半島宣言」をめぐる問題で、横須賀市議会の板橋衛議長と伊藤雅之副議長は27日、委員会審議で出た指摘について、吉田雄人市長に申し入れを行なった。

市議会では同パンフに関し、市長の後援会メンバーがいる編集制作実績のないNPO法人に随意契約で制作を委託した契約面や、問題を指摘されて回収した費用を公金で負担する市長の方針などに批判が上がった。

協議会を所管する総務常任委員会でも

「疑義を持たれない契約であるべき」

「協議会の財源は税金であることに留意すべき」

などの意見が出た。

これを受け、定例会閉会にあたって議長らが指摘内容の一部を文書で市長に伝えた。

(渋谷文彦)

フジノはこれで問題を終わりにするつもりはありません。

まだ何も解決していません。

引き続き、きちんと問題を追及していきます。

鎌倉・横須賀に続いて、三浦市議会でも問題追及が始まりました/サイクリングパンフレット問題

鎌倉で始まった追及が横須賀に続き、三浦市議会でも始まりました

吉田市長が自らの後援会メンバーらが所属するNPO法人に、随意契約でパンフレットの編集制作を委託しました。

サイクリングパンフレット「自転車半島宣言」

サイクリングパンフレット「自転車半島宣言」


その『NPO法人横須賀創造空間』は、法人登記からわずか2ヶ月程度しか経っておらず、何のノウハウも実績も持っていませんでした。

「NPO法人横須賀創造空間」サイトより

「NPO法人横須賀創造空間」サイトより


当然の結果ですが、パンフレットには多数の誤りがありました。

2014年5月24日・神奈川新聞より

2014年5月24日・神奈川新聞より


道路交通法違反の写真が複数掲載されていた上に、観光パンフレットであるにもかかわらず、「本来は存在しない道路」を地図に記すなど多数のミスがさらに発覚しました。

2014年5月31日・神奈川新聞より(3度目の報道)

2014年5月31日・神奈川新聞より(3度目の報道)


この回収にかかった費用を、吉田市長は他市町と協議せずに独断で「(5市町の税金が原資である)協議会が負担する」と公金による支払いを明言しました。

2014年6月11日・神奈川新聞記事より

2014年6月11日・神奈川新聞記事より


そのようなNPOに随意契約をした吉田市長の責任は極めて重く、また、パンフレットの回収費用を税金で穴埋めするのは絶対に許せません。

この一連の異常な問題は、まず鎌倉市議会で追及の声があがりました。

続いてフジノが横須賀市議会で追及し、総務常任委員会では多数の委員が厳しい批判の声を挙げています。

そしてさらに、5市町のひとつである三浦市においても、昨日の三浦市議会の一般質問において追及がスタートしました。

その模様をけさの神奈川新聞が報じてくれました。

2014年6月19日・神奈川新聞より

2014年6月19日・神奈川新聞より


その記事を、以下に全文引用します。

「配布できず残念」
三浦市長が謝罪

18日に開かれた三浦市議会本会議でも、三浦半島観光連絡協議会の自転車パンフレット問題が取り上げられた。

吉田英男市長は

「予定通りに配布できなかったことは残念。発行を期待している人たちに誠に申し訳なく、この場を借りて陳謝したい」

と謝罪した。

草間道治氏(みうら市政会)の一般質問に答えた。

協議会の事務局を務める横須賀市のチェック態勢について、三浦市長は

「一部不手際があったのではないかと思うが、協議会は三浦半島の活性化が目的。今後は十分協議をしながら進めていくべき」

と答弁。

横須賀市議会でパンフの制作を受託したNPO法人(横須賀創造空間)と市長の関係や随意契約の問題が指摘されている点については、

「(三浦市は)契約事務執行の当事者ではないので、特に考えは持っていない」

「『横須賀のことだから関係ない』というのではなく、具体的にこの件について、まだ横須賀市長と直接話をしていないので、私から契約行為についての考えを示すことができない」

とした。

横須賀市長が、回収などの費用約40万円を協議会が負担する方針を示している点について、草間氏に「了承したのか」と問われた三浦市側は

「(協議会で)協議中」

と答弁。

草間氏は

「協議している段階なのに横須賀市長は議会で協議会が負担すると自ら述べている」

と問題視した。

三浦市長は

「横須賀市長は協議会の会長として責任を持って発言しているはず。横須賀市長が先走っているなどと言うつもりはないし、会長市として信頼をしている」

と述べた。

三浦市長が謝罪したが、最も責任が重いのは横須賀市長の吉田雄人

三浦市の吉田市長はきちんと謝罪まで答弁で行なっていますが、本当は最も責任が重いのは横須賀の吉田雄人市長です。

吉田市長は、迷惑をかけた4市町に謝罪するとともに、随意契約を行なったことの責任を取るべきです。

また、当然ながらNPOのミスで回収費用が発生したのですから、税金をその穴埋めにするのは撤回すべきです。

この問題は、吉田雄人市長こそが最大の責任者です。

実務を担当したのは、経済部長をはじめとする集客プロモーションに関わるメンバーで、美術館における『L’Arc~en~Ciel展』において極めて問題な対応をして、横須賀市議会が厳しく対応を追及したメンバーと重なっています。

「また経済部が同じような問題を起こした」という印象が強いです。

これは決してフジノだけでなく、横須賀市議会の多くの議員の共通認識となっています。

批判されても追及されても、その場限りの答弁で取り繕う。

しかし、繰り返し同じ過ちをおかすその姿勢は、吉田市長の指示のもと、意図的に(つまり確信犯として)こうした問題行動を取っているように感じます。

本来であれば、こうした部課長らは『更迭』すべきです。

しかし、最高責任者である吉田市長の指示通りに動く為か、市長には『更迭』などを行なう意思は全く無いようです。

そもそも吉田市長は自らの責任さえ自覚していません。

一般質問におけるフジノの質疑にも、時にヘラヘラと笑顔まで浮かべながら答弁をしていました。

そうした吉田市長の態度は、市民の多くからNPOとの関係に疑義を持たれているという自覚が全く無いからです。

随意契約したNPOと吉田市長の「不適切な関係」への疑義は晴れず/サイクリングパンフレット問題

フジノの一般質問を神奈川新聞が報じました

フジノが昨日行なった一般質問を神奈川新聞が報じてくれました。

20140610fujino06


答弁を聴いても、吉田市長とNPOの『不適切な関係』への疑義は、全く晴れませんでした。

2014年6月11日・神奈川新聞より

2014年6月11日・神奈川新聞より


以下に全文を引用します。

「契約に関与せず」吉田市長
市議、委託先に疑義

質疑は、パンフレットの編集制作を随意契約で受託した『NPO法人横須賀創造空間』と吉田雄人市長の関係にも及んだ。

市長は

「もしも契約に私がコミットしていれば大問題で、市長の職そのものに及ぶような責任問題になりうる。が、私は一切コミットしていない」

と強調した。

質問した藤野英明氏(無会派)は、吉田市長が初当選を果たした市長選で支援した市議の1人。

「かつて吉田陣営にいた僕からして、このNPOには市長後援会の人間や昔からの知り合いが複数いると感じる」

と指摘。

法人登記が1月で編集制作の実績がなかったことにも触れ、

「客観的事実から委託先としてふさわしかったのか疑義を抱かざるを得ない」

と提起した。

市長は

「市にはいろいろな事業があり、私の友人が多く市役所の仕事を担っている。その一つ一つすべてに疑義があると言われているのと同じように受け止めている」

と反論。

藤野氏は

「他事業と違い入札も経ていない。入札は厳密なルールで行われるからこそ、市長の後援会メンバーがいたとしても問題ない」

と指摘した。




最も責任が重いのは吉田市長であり、上下水道局長の辞任は市長をかばっているだけ/22時まで続いた昨夜の本会議についての新聞各社の報道

22時まで続いた昨夜の本会議について、新聞各社が報道しました

昨夜、21時40分まで続いた本会議(6月議会最終日)での新聞各社の報道を紹介します。

吉田市長からの『(仮称)株式会社よこすかウォーターサービス』設立の断念の経緯と謝罪、その後に行なわれた緊急質問として7名の質問者とのやりとりでの答弁、などが記事になっています。

2012年6月27日・神奈川新聞より

2012年6月27日・神奈川新聞より


神奈川新聞では、これまでの経緯を含めた事実関係を中心にしたバランスのとれた記事になっているとフジノは感じました。

2012年6月27日・毎日新聞より

2012年6月27日・毎日新聞より


毎日新聞でも同じく、事実関係を時系列で記してバランスの良い記事になっていると感じました。

2012年6月27日・朝日新聞より

2012年6月27日・朝日新聞より


最後の朝日新聞ですが、上下水道局長の責任が重いということをメインに記されています。

フジノは、この点については強い疑問を抱いています。

今回の問題で、最も責任が重いのは吉田市長です。

それがこちらの記事では、上下水道局長のみが悪いかのような印象を受けます。



最も悪いのは吉田市長であり、上下水道局長は市長をかばっているだけ

これまでも記してきたとおりですが、

上下水道局長ひとりに全ての責任を押し付けるような解決の仕方は絶対に今後の市政運営に問題を残す

 とフジノは考えています。

市長の命令を受けて新会社設立を絶対実現すべく、上下水道局長が市長の為に必死に動いた結果が今なのです。

上下水道局長を『罷免』(クビ)にして終わり、なんてことは絶対にあってはなりません。

すでに上下水道局長は、市長へ辞表を提出しているという話もあります。

吉田市長が成すべきことは、上下水道局長は局長の職責は解いても良いので市役所に慰留して

今回の問題が何故起こってしまったのかをしっかりと調査委員会を立ちあげて、調査を行なって総括すべきです。

その上で、市長自らの処分を行ない、必要があれば上下水道局長の処分も成すべきです。

今ここで「上下水道局長を罷免して、市長は減給処分」なんて安易すぎる処分では、絶対に再発は防げません。

再発防止の為に、そしてコンプライアンスの確立の為に、調査委員会の設立と徹底的な調査を行なうべきです。



「吉田市長が上下水道局長を罷免する方針」と朝日新聞が報じました/吉田市長は自らが就任を乞うた上下水道局長に責任を押し付けて「よこすかウォーターサービス」問題を幕引きするのか

市長は「上下水道局長を罷免する方針」と報じた朝日新聞は特ダネ

6月22日(金)に問題が発覚してから数日が経つのに、全くマスメディアが報じない状況が続きました。

そんな中、昨日、全議員宛に経過報告のペーパーが配布されたこともあり、ようやくけさになって報道各社もこの問題を報じ始めました。

そのうち、2紙の記事を紹介したいと思います。

まず、地元紙として取材力に定評のある神奈川新聞の記事です。
 
これまでの経緯を簡潔に分かりやすく報じています。

市民のみなさまに、この複雑な問題を知っていただく上で分かりやすく報じてくれた神奈川新聞の秀逸な記事はとてもありがたいです。

2012年6月26日・神奈川新聞より

2012年6月26日・神奈川新聞より

一方、朝日新聞は、事実関係を説明することに加えて強烈な特ダネを報じました。

なんと朝日新聞の記事によると

「複数の市議によると、市長はこの事業を提案した上下水道局長を罷免する意向を市議らに伝えたという」

朝日新聞・矢吹記者の取材力はとても信頼できるので、市長の発言を聴いた市議らのソースは確かなものだと思います。

2012年6月26日・朝日新聞より

2012年6月26日・朝日新聞より


吉田市長はこの問題を上下水道局長1人に責任を押し付けるつもりなのでしょうか?

それは、絶対にあってはならないことです

問題が発生した原因究明も全くしない状況の今、トカゲの尻尾切りのように上下水道局長をクビにして終わらせては絶対にいけない。

上下水道局長は、吉田市長のマニフェストを実現する為に吉田市長の想いを受けて必死に活動してきたのです。

全ては吉田市長の政策を実現する為の行動だったことは間違いありません。

つまり、吉田市長の責任は極めて重いのです。

上下水道局長をクビにするといったことを発言する以前に自らの責任をハッキリさせるべきです。

さらに、この新会社の設立は、大切な目的をもって進められてきました。
 
地域の中小零細業者を守り、さらに地域の経済を振興していく為です。

その目的自体は、全く正しかった訳です。

だからこそ、市議会では賛否が拮抗(20対18)したものの、最終的には可決されたのです。

それを市長の判断で撤回するのです。

本来であれば、この問題を調査するプロジェクトチームを作ってしっかり関係者に調査を行なって、原因究明をすべきです。

その上で、市議会に対して、新会社設立撤回の為の補正予算案を提出するのが在るべき姿です。



「よこすかウォーターサービス」設立断念を吉田市長が文書で報告しました/明日の本会議で緊急質問が行なわれます

吉田市長が突然「(仮)よこすかウォーターサービス」設立の断念へ

22日(金)の予算決算常任委員会が終わった後に、突然、吉田市長が副市長らと各会派の控え室をまわって

『(仮称)株式会社よこすかウォーターサービス』設立を中止することになった

と報告して回りました。

無所属のフジノに対しては「これから向かうので控え室に残っていてほしい」といった声がけも市長側から全く無かったので、フジノは席を外していました。ですから、フジノは他の議員からの伝聞だけで、市長らの公式な説明を一切聴いていません。

「正式には25日(月)にペーパーで経緯を報告します」との連絡が議会事務局を通じてありましたので、今日、そのペーパーを受け取りに来ました。

全議員宛に配布された「よこすかウォーターサービス設立の断念について」

全議員宛に配布された「よこすかウォーターサービス設立の断念について」


全議員宛に配布された経過報告のPDFファイル版はこちらです。



市長は記者会見を行なわず。新聞各社も報じず

それにしても、金曜日に市長から各会派に対して報告があったのに、土曜日も日曜日もけさになってもどのメディアも全く報じなかったことに強い違和感をおぼえました。

フジノは、金曜日の時点ですぐに市長らは記者会見を行なうべきだと感じました。

しかし、記者会見は行なわない方針だと聴きました。そうした姿勢に問題を感じたフジノはあえて金曜日の時点でツイッターでこの問題をツイートしました。

「吉田市長、よこすかウォーターサービス設立、挫折」

日頃はフジノのツイートをよくチェックしている新聞各社なのに、この問題に関しては追いかけたところは無かったようです。

今のところ、市長が記者会見を開いた様子はありません。

「詳細は調査中ではありますが、設立を中止したことを報告します」

これだけでいいのです。

決定事項を今お伝えできる範囲で市民のみなさまに全て報告するのは絶対に必要です。

市長の情報発信の在り方にフジノは大きな問題を感じます。



明日、緊急質問が行なわれる予定です

明日の6月議会最終日では本会議において、緊急質問が行なわれる予定です。

フジノは今回、『よこすかウォーターサービス』設立に賛成票を投じた1人ですので、質疑は行ないません。

しかし、市議会が正式に可決した議案を市長1人が「断念した」と一方的に発表することが許されるのか、とても疑問です。

少なくとも、市議会もその理由に納得をした上で断念をする為の正式な手続きが必要なはずです。つまり、『よこすかウォーターサービス』設立の分の予算をカットする補正予算案を正式に可決しなくてはならないはずです。

こうした手続論をはじめとする、あらゆる不透明な経緯について市議会としては厳しく追及すべきだと思います。



速報!ついに横須賀市で「PPS」導入が実現/東京電力より約2400万円安く電気を買うことができます!

速報!ついに横須賀市で「PPS」導入が実現します!

今日、財政部長と教育長から報告を受けました。

電気の購入についての入札が無事に終わり、『PPS』最大手の株式会社エネットから電気を買うことが正式に決定しました!

(『PPS』とは『新電力会社』のことです。詳しくはこちらのサイトをご覧ください)

しかも、東京電力の基本料金と比べると、なんと1kwあたり291.4円も安くなりました!

東京電力の単価落札額比較
基本料金(1kwあたり)1,638.0円1,346.6円△291.4円

すでに繰り返し書いてきたことですが、これまで横須賀市は電気を買うのに東京電力1社だけとの『随意契約』をしてきました。

けれども、

『原発でつくった電気』では無く『クリーンなエネルギーでつくった電気』を、『東京電力』から買うよりも安く買うことができる方法があるので

昨年の震災後、『脱原発議連』のメンバーによって「導入すべきだ」と提案を繰り返してきました。

それが、電力を『競争入札』によって買うことです。

こうした市議会の提案を受けて、ようやく今年から横須賀市は『入札』を行なうことになりました。

まずは市立学校72施設から導入して、効果が検証されれば他の施設へと拡大していきます。

この第1弾として重要な入札が5月30日に開札となり、『PPS』の最大手である『株式会社エネット』が落札しました。

こうして、東京電力とそのまま契約しているよりも、約2400万円安く電気を買うことができることになりました!

『脱原発議連』の活動がまさに実りました。
 
市民のみなさまに報告できてとてもうれしいです。

詳しいことはまた後日お知らせします。

2012年6月5日・神奈川新聞より

2012年6月5日・神奈川新聞より