自殺対策の「街頭キャンペーン」がスタートしました!/世界自殺予防デー2009&自殺予防週間

自殺予防街頭キャンペーンがスタート!/次回は14日(月)です

昨年に引き続きまして、今年も自殺予防の『街頭キャンペーン』を行なっております!

(昨年の様子:1日目@Yデッキ、2日目@追浜駅前、3日目@京急久里浜駅前)

プレスリリースはこちらです。

「自殺対策街頭キャンペーン」を実施
~ 吉田市長も参加し「命の大切さ」を伝えます ~

横須賀市では、自死遺族、精神保健ボランティアらと共に市内3カ所で『自殺対策街頭キャンペーン』を実施します。

本市では、年間約100人の大切な命が自殺によって失われています。

自殺は追い込まれた末の死であり、多くの自殺は防ぐことができるものです。

街頭キャンペーン初日の9月11日には市長が先頭に立ち、参加者全員で「命の大切さ」「悩みがあったら誰かに相談することの重要性」などのメッセージを市民に伝えます。

  1. 日時(時間は毎回17時~18時)
    (1)9月11日(金) 横須賀中央駅前Yデッキ
    (2)9月14日(月) 京浜急行追浜駅前
    (3)9月15日(火) 京浜急行久里浜駅前  
  2. 参加者
    自死遺族、精神保健ボランティア、自殺対策連絡協議会委員、市民ほか
  3. 内容
    クリアファイル、チラシなど(計3,000部)の配布
  4. 目的
    ・自殺対策に対する理解を深める。
    ・こころの健康問題や自殺予防に対しての意識を高める。

担当:保健所健康づくり課(精神保健福祉担当)
TEL: 046-822-4336 FAX: 046-822-4874
E-Mail: hchp-hw@city.yokosuka.kanagawa.jp




神奈川新聞が報じてくれました

初日の様子を神奈川新聞が報道してくれました。

2009年9月13日・神奈川新聞より

2009年9月13日・神奈川新聞より


この初日の配布の時間帯こそ、まさにフジノが教育経済常任委員会にて

教育委員会事務局の答弁と、先日の本会議での市長の答弁があまりにも違い過ぎるので

異例のことながら、常任委員会へ市長を答弁者として招へいして、一体、本当は何が『事実』なのかを追及していた時間帯でした。

だから、自殺予防対策がメインの政治家であるフジノなのに、初日のこの街頭キャンペーンに参加できませんでした。悔しい...。

市長は大急ぎで最後の方だけ参加したようです。

フジノが市議会を出発した頃には、もう、Yデッキは片づけられていました。



あと2回、街頭キャンペーンは続きます

2日目と3日目は、フジノも当然ながら参加して、市民のみなさまに自殺予防対策の必要性を訴えて啓発活動に参加いたします!

ぜひみなさまもお手伝いにいらしてくださいね。