新型インフルエンザ等感染症に対する危機管理体制の早期確立の必要性/2014年12月議会・発言通告(その6)

前の記事から続いています)

新型インフルエンザ等感染症に対する危機管理体制の早期確立の必要性

最後の質問(6問目)は、感染症である新型インフルエンザ等についてです。

フジノと『感染症』との関わりは、大学時代にさかのぼります。

スタートは、『HIV』です。

当時、薬害エイズ事件が起こり、大学のたくさんの友人がデモや川田龍平くん(現在は参議院議員)らの支援に参加していました。

しかし、それとは全く別に、フジノは同級生にHIVキャリアがいました。「怖いからついてきてくれ」と頼まれて、一緒に検査にも付いていったし、結果も一緒に聴きました。

あれから20年が経った今も彼は生きていて、HIVに対するクスリの進化を実感させられます。

政治家になってからは、いわゆる性的マイノリティとされる方々の支援に取り組む中で、絶対に無視してはならないテーマとして『MSMとされる方々のHIVキャリアの多さ』を痛感しています。

こうしたテーマに取り組む中で、横須賀市保健所の感染症担当をはじめ、平塚をはじめとする各地の保健所(保健福祉事務所)などの取り組みを学ぶようになりました。

感染症は本当に幅広いことを学びました。

フジノが関心を持つきっかけとなったHIVをはじめ、長年取り組んできたヒトパピローマウイルス(子宮頸がんの原因であるウイルス)HTLV-1も感染症です。

さらに分類の仕方によって一体どれほどの数に及ぶのか、フジノは不勉強なので分かりません。

この数年間、フジノは毎年必ずインフルエンザの流行情報を市民のみなさまにお伝えしてきました(例えばこんな感じです)。

インフルエンザによる死亡者数

インフルエンザによる死亡者数


ご高齢の方々を中心に、本当にたくさんの方々がインフルエンザが原因で毎年亡くなっています。

「毎日の『手洗い・うがい』をしていただければかなり予防できるので、ぜひお願いします!」というアナウンスも繰り返してきました。

しかし、もっと本腰を入れた対策を取る必要性を強く感じています。

厚労省健康局結核感染症課の井上課長の講義を受けました

厚労省健康局結核感染症課の井上課長の講義を受けました


そんな先日、厚生労働省健康局結核感染症担当課長の井上肇さんの講義を受ける機会がありました。

日本の疾病群別疾病負荷割合(2010年)

日本の疾病群別疾病負荷割合(2010年)


毎年5%もの方々が感染症で亡くなっておられる現状をはじめ、感染症に関する政府の取り組みの数々をお聞きして、身が引き締まりました。

そして今回、改めて市議会で質疑をやろうと決心しました。

発言通告の内容は下の通りです。

6.新型インフルエンザ等感染症に対する危機管理体制の早期確立の必要性について

『デング熱』の国内発症や『エボラ出血熱』が大きな話題となったが、『もっと身近で基本的な感染症への対策』こそより重要で不可欠だ、と私は考えている。

特に『新型インフルエンザ』は数年おきに必ず発生し得ることから、日常的な情報収集と計画的な取り組みによる危機管理体制の整備 こそが市民の健康被害を最小限に食いとめる上で重要だと考えている。

本市も今年5月に『新型インフルエンザ等対策行動計画(第2版)』を策定した。

横須賀市ホームページより

横須賀市ホームページより


この危機管理体制は本市や本市保健所だけで構築できるものではなく、身近な診療所・病院の取り組みも極めて重要で不可欠である。

その為、『新型インフルエンザ等対策特別措置法』に基づく『新型インフルエンザ等対策政府行動計画』において、全ての医療機関 に『診療継続計画(以下BCP)』の作成が求められている。

医療機関の役割

医療機関の役割


しかし、医療関係者の方々から、「残念ながらBCPの作成は現状では進んでいない」とのご指摘を受けた。

(1)本市は、市内の診療所および病院のBCP作成状況を把握しているか。

把握しているのであれば、具体的な数値を示していただきたい。

(2)作成状況が進んでいないのであれば、医師会の協力も得ながら、市としても作成支援の取り組みを進めるべきではないか。

発言通告書の内容は以上です。

合計6問、様々な分野について市長と教育長に質疑します。

全てが生活に直結したものばかりです。

実際にフジノが一般質問に立つ日は、次回の議会運営委員会(11月26日)で決定します。

市民のみなさまのいのちと暮らしを守る為に、全力で質疑を行なって、成果を出していきます。

米海軍横須賀基地と市民との交流が様々な形で行われている本市において、「エボラ出血熱」を初めとする感染症発生時の米軍との情報公開体制の確立/2014年12月議会・発言通告(その5)

(前の記事から続いています)

米海軍横須賀基地と市民との交流が様々な形で行われている本市において、エボラ出血熱を初めとする感染症発生時の米軍との情報公開体制の確立について

一般質問の3問目は、『感染症について米海軍横須賀基地との情報提供体制は確立されているのか』についてです。

このブログでもたびたび取り上げてきましたが、人もモノも海外と日本を自由に行き来できるグローバル社会では、感染症とパンデミックはどこの国でも起こりうる問題です。

特に今年は『デング熱』と『エボラ出血熱』に対して、大きな関心が集まりました。

『デング熱』は季節が冬へと移りかわる中で、媒介する蚊の成虫が死んでいくとともに一応の収束を見せました。

しかし、今もWHOをはじめ、世界をあげて取り組まねばならない『エボラ出血熱』の問題は続いています。

わが国も無関係ではありません。もちろんわが横須賀市においてもです。

10月24日付けで、厚生労働省健康局結核感染症課長から横須賀市に対しても

が出されました。

11月6日に開催された「横須賀市保健医療対策協議会」においても、議題の1つとなりました。

保健医療対策協議会の議事次第より

保健医療対策協議会の議事次第より


感染症に問題意識を持ち続けてきた政治家として、フジノは今回、米海軍横須賀基地との連携体制について取り上げます。

国内で生活をしている日本人の大半は『エボラ出血熱』にかかることは、まずありません。

かかるとすれば『二次感染』です。

そこで『二次感染の防止』をテーマにした質疑を行ないます。

さて、発言通告書の内容は下のとおりです。

5.米海軍横須賀基地と市民との交流が様々な形で行われている本市において、「エボラ出血熱」を初めとする感染症発生時の米軍との情報公開体制の確立について

11月6日に開催された「横須賀市保健医療対策協議会」において、

『米海軍横須賀基地内』で米軍人がエボラ出血熱等に感染した場合、 もしくは擬似症状が見られる場合、その対応は「国外の扱い」となる

と保健所長は説明したが、それ以上の詳しい説明はなかった。

(1)地理的にはひとつながりの横須賀基地と本市だが、国内での扱いとは異なる対応とは、具体的にどのような対応がなされるのか。

従業員数は約5000人、市内居住の軍人・軍属等数は約1万3000人。出入りしている日本人の人数は一体どれほど多いかデータを見つけられませんでした。

従業員数は約5000人、市内居住の軍人・軍属等数は約1万3000人。出入りしている日本人の人数は一体どれほど多いかデータを見つけられませんでした。

(2)そもそも米海軍横須賀基地の中には、日本の「特定感染症指定医療機関」もしくは「第一種感染症指定医療機関」と同様の病院施設はあるのか。

わが国の特定感染症指定医療機関・第一種感染症指定医療機関(厚生労働省のホームページより)

わが国の特定感染症指定医療機関・第一種感染症指定医療機関(厚生労働省のホームページより)

(3)米海軍横須賀基地で働く日本人従業員をはじめ、キニックハイスクール市立横須賀総合高校との交流や、来年3月には新たに基地内のメリーランド州立大学ユニバーシティ・カレッジ・アジア校による英語学習プログラムの市民への提供が始まるなど、日常的に多くの市民が基地内に滞在している。

連絡体制が確立されていなければ、市民への『二次感染』を防ぐことができなくなってしまう。

もしも基地内で感染もしくは擬似症状が発生した場合、米軍から本市に速やかに情報提供はなされるのか。

(4)「横須賀市新型インフルエンザ等対策行動計画(第2版)」では、在日米軍との情報交換についての記述は数行しかない。

横須賀市新型インフルエンザ等対策行動計画(第2版)で米軍に触れている箇所はここだけ

横須賀市新型インフルエンザ等対策行動計画(第2版)で米軍に触れている箇所はここだけ


具体的な対応の方法や流れや連絡体制など、米軍と本市との間でガイドラインやマニュアルなどは整備しているのか。

次の記事に続きます)

現在は「流行なし」ですが、市内全域で前週よりもやや増えています/横須賀市内のインフルエンザの流行状況(第46週)

フジノはインフルエンザの感染を本気で防ぎたいのです!

毎年、冬になると『インフルエンザ』が流行します。

日本では、毎年1000万人がインフルエンザにかかります。割合にすると約10人に1人が感染しています。

今年は『デング熱』『エボラ出血熱』が大きな話題になりました。

けれども、フジノとしては「最も身近な感染症であるインフルエンザこそ恐るべき感染症だ」と受け止めています。

細やかに情報をお伝えしていくことで、市民のみなさまにはぜひ予防してほしいと強く願っています。

横須賀市全体の状況(第46週)

横須賀市は保健所設置市ですので、詳しい情報がいろいろあります。

こちらは、11月10日~16日(第46週)の状況です。

2014年11月10日~2014年11月16日第46週

2014年11月10日~2014年11月16日第46週


この数字の変化によって、警報が出されたりします。

名称1医療機関あたりの新規患者数
流行無し0.0~9.9
注意報10.0~29.9
警報30.0以上

前週は、全地域で新規患者数が0.0でした。

しかし、第46週に入って『中央地域(本庁・衣笠)』では新規患者数1.0となり、市内の全地域でも増えています。

まだまだ基準的には「流行無し」の数値ですが、増えていることは事実です。

どうかご注意下さいね。

みなさまへ/ぜひこまめに手洗いとうがいをお願いします

厚生労働省が『平成26年度・今冬のインフルエンザ総合対策』を発表しました。

厚生労働省の2014年度のインフルエンザ予防ポスターです

厚生労働省の2014年度のインフルエンザ予防ポスターです

感染力が強いインフルエンザですが、その対策の基本は下の3つです。

  1. こまめな『手洗い』と『うがい』、『咳エチケット』をこころがけて下さいね!
  2. マメに!正しい手の洗い方

    マメに!正しい手の洗い方

  3. 予防接種も有効です!

    予防接種には『感染しても発症をある程度おさえる効果』や『インフルエンザにかかった場合の、重症化を予防する効果』があります。特に、ご高齢の方々や基礎疾患のある方など重症化する可能性が高い方には、効果が高いと考えられます。

  4. 集団生活を送られている方はぜひご注意を。

    集団生活を送る保育園・幼稚園・学校や高齢者施設では、感染が拡大する可能性が高いので、ぜひご注意をお願いします。

下の画像は厚生労働省が作ったポスターです。

前回は、三浦市のゆるキャラ『三浦ツナ之助』くんとのコラボポスターを紹介しましたが、今回は、横浜市のゆるキャラ『ヘルスィ』くんです。

横浜市のヘルスィwithあずきちゃん

横浜市のヘルスィwithあずきちゃん


全国のゆるキャラと、インフルエンザ対策のキャラクターである『マメゾウくん』と『アズキちゃん』のコラボポスターが作られています。

感染症のことでお困りの時やお悩みの時はこちらへ

厚生労働省が新たに『感染症・予防接種相談窓口』をスタートしています。

厚生労働省「感染症・予防接種相談窓口」

インフルエンザ、性感染症、その他感染症、予防接種全般について相談にお応えします。

  • 電話番号 03-5276-9337
  • 受付日時 午前9時~午後5時
    ※土日祝日、年末年始を除く

※行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません。
※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間会社により運営されています。

予防接種と、こまめな手洗い&うがいをこころがけて、この冬を元気にのりきっていきましょうね!

インフルエンザによる学級閉鎖のお知らせ/こまめに手洗いとうがいをぜひお願いします!

学級閉鎖のお知らせ

下記の学校は、本日インフルエンザによる『学級閉鎖』の措置を行なった、との報告を先ほど教育長から受けました。

学校対象の学級欠席数措置期間
公郷中学校1年3組
(計34名)
7名11月17日2校時~19日

インフルエンザによる学級閉鎖は、前回のおしらせに続いて2校目の措置になります。

毎年冬になると『インフルエンザ』が流行します。

日本では、毎年1000万人がインフルエンザにかかります。割合にすると約10人に1人が感染しています。

今年は『デング熱』『エボラ出血熱』が大きな話題になりました。

けれどもフジノとしては、最も身近な感染症であるインフルエンザこそ恐るべき感染症だと受け止めています。

ぜひみなさまに知っていただいて予防してほしいと願っています。

横須賀市全体の状況

横須賀市は保健所設置市ですので、詳しい情報がいろいろあります。

例えばこちらは、11月3日~9日(第45週)の状況です。

2014年11月3日~2014年11月9日第45週

2014年11月3日~2014年11月9日第45週


この数字の変化によって、警報が出されたりします。

名称1医療機関あたりの新規患者数
流行無し0.0~9.9
注意報10.0~29.9
警報30.0以上

※いったん警報となった後は、1医療機関あたりの新規患者数が10未満となるまで警報が継続します。

みなさまへ/ぜひこまめに手洗いとうがいをお願いします

実は、ちょうど本日、厚生労働省が『平成26年度・今冬のインフルエンザ総合対策』を発表しました。

厚生労働省の2014年度のインフルエンザ予防ポスターです

厚生労働省の2014年度のインフルエンザ予防ポスターです

感染力が強いインフルエンザですが、その対策の基本は下の3つです。

  1. こまめな『手洗い』と『うがい』、『咳エチケット』をこころがけて下さいね!
  2. マメに!正しい手の洗い方

    マメに!正しい手の洗い方

  3. 予防接種も有効です!

    予防接種には『感染しても発症をある程度おさえる効果』や『インフルエンザにかかった場合の、重症化を予防する効果』があります。特に、ご高齢の方々や基礎疾患のある方など重症化する可能性が高い方には、効果が高いと考えられます。

  4. 集団生活を送られている方はぜひご注意を。

    集団生活を送る保育園・幼稚園・学校や高齢者施設では、感染が拡大する可能性が高いので、ぜひご注意をお願いします。

下の画像は厚生労働省が作ったポスターです。

前回は、くまモンとのコラボポスターを紹介しましたが、今回は、三浦市のゆるキャラ『三浦ツナ之助』くんです。

三浦ツナ之助withあずきちゃん

三浦ツナ之助withあずきちゃん


全国のゆるキャラと、インフルエンザ対策のキャラクターである『マメゾウくん』と『アズキちゃん』のコラボポスターが作られています。

感染症のことでお困りの時やお悩みの時はこちらへ

本日から厚生労働省が新たに『感染症・予防接種相談窓口』をスタートしました。

厚生労働省「感染症・予防接種相談窓口」

インフルエンザ、性感染症、その他感染症、予防接種全般について相談にお応えします。

  • 電話番号 03-5276-9337
  • 受付日時 午前9時~午後5時
    ※土日祝日、年末年始を除く

※行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません。
※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間会社により運営されています。

予防接種と、こまめな手洗い&うがいをこころがけて、この冬を元気にのりきっていきましょうね!

今冬初、インフルエンザによる学級閉鎖のお知らせ/こまめに手洗いとうがいをぜひお願いします!

インフルエンザによる学級閉鎖についてお知らせします。

学級閉鎖のお知らせ

下記の学校は、本日、インフルエンザによる『学級閉鎖』の措置を行なった、との報告を教育長から受けました。

学校対象の学級欠席数措置期間
長沢中学校2年4組
(計34名)
9名10月28日2校時~30日

インフルエンザによる学級閉鎖は、今冬では今回が初めての措置になります。

先日は『感染性胃腸炎』による学年閉鎖がありましたが、毎年冬になると『インフルエンザ』も流行しがちです。

日本では、毎年1000万人がインフルエンザにかかります。割合にすると約10人に1人が感染しています。

今年はデング熱やエボラ出血熱などの感染症が大きな話題になっています。

でも、フジノとしては、最も身近な感染症であるインフルエンザについて、ぜひみなさまに知っていただいて予防してほしいと願っています。

みなさまへ/ぜひこまめに手洗いとうがいをお願いします

感染力が強いインフルエンザですが、その対策の基本は下の3つです。

  1. こまめな『手洗い』と『うがい』、『咳エチケット』をこころがけて下さいね!
  2. マメに!正しい手の洗い方

    マメに!正しい手の洗い方

  3. 予防接種も有効です!

    予防接種には『感染しても発症をある程度おさえる効果』や『インフルエンザにかかった場合の、重症化を予防する効果』があります。特に、ご高齢の方々や基礎疾患のある方など重症化する可能性が高い方には、効果が高いと考えられます。

  4. 集団生活を送られている方はぜひご注意を。

    集団生活を送る保育園・幼稚園・学校や高齢者施設では、感染が拡大する可能性が高いので、ぜひご注意をお願いします。

下の画像は厚生労働省が作ったポスターです。

くまモンとあずきちゃん

くまモンとあずきちゃん


全国のゆるキャラと、インフルエンザ対策のキャラクターである『マメゾウくん』と『アズキちゃん』のコラボポスターが作られています。

予防接種と、こまめな手洗い&うがいをこころがけて、この冬を元気にのりきっていきましょうね!

デング熱に感染した横須賀市民はすでに軽快し退院しました/市の対応が市議会(教育福祉常任委員会)に報告されました

今回の事態を受けての「横須賀市の対応」を報告します

先日のフジノブログにおいて、横須賀市民の女性が『デング熱』陽性反応が出た件について、情報提供と対応を報告しました。

そして今日、開会中の9月議会(教育福祉常任委員会)において、健康部から改めて報告がなされましたので、お伝えします。

教育福祉常任委員会に追加提出された報告

教育福祉常任委員会に追加提出された報告


その内容は、以下の通りです。

デング熱への対応について

  1. 経緯

    平成26年8月29日、横浜市から、横須賀市内在住の方が横浜市内医療機関にデング熱に感染している疑いで入院している旨の連絡が保健所にありました。

    • 患者は10歳代女性、海外渡航歴は無い。
    • 8月16~18日 都立代々木公園周辺に滞在
    • 8月23日 発熱等の症状が出現し、医療機関を受診
    • 8月28日 症状が軽減せず、医療機関を再び受診
    • 8月29日 横浜市内の医療機関を紹介受診し、同日から入院
    • 9月1日 症状が軽快し、退院

    関係者の調査の結果、患者が発症前に都立代々木公園周辺で『デングウイルス』を保有している蚊に刺されて感染した可能性が疑われています。

  2. 対応

    (1)市民対応

    (2)医療機関対応

    • デング熱の国内感染が疑われる事例においては、診断前であっても速やかな情報提供を依頼

ご不安があれば、保健所・かかりつけ医療機関にぜひご相談下さい

デング熱の症状は、厚生労働省のQ&Aページなどでも紹介されているとおり、適切な治療を受ければ1週間ほどで回復するものと言われています。

2014年9月2日・朝日新聞より

2014年9月2日・朝日新聞より


実際、すでに横須賀市民の女性は症状は治り、無事に退院もしておられます。

フジノからお伝えしたいことは「恐れすぎないで下さい」というお願いです。

先日のブログで記したことの繰り返しになりますが、

  • 蚊に刺されないように長袖・長ズボンを着ること
  • 蚊避けのスプレーなどを利用すること
  • 発熱などの症状にご不安があれば保健所やかかりつけ医療機関に相談すること

がオススメです。

また、今後も市民のみなさまにお伝えすべき情報はどんどん発信していきます。

ご質問があればいつでもメールやツイッターなどでフジノまでお願いします。

横須賀市民1名に「デング熱」陽性反応が出た件の報告と、「デング熱」の基本的な情報について

横須賀市民1名からデング熱の陽性反応が出ました

すでに報道でご存じの方も多いとは思いますが、改めてお伝えします。

8月31日夜、横浜市から連絡を受けました。

横浜市内でスクリーニング検査を受けた横須賀市民1名に「デング熱」陽性反応が出たとのこと。

感染症法に基づいて、受診した医療機関のある横浜市が今後の対応を行なってまいります。

横浜市によるプレスリリース

横浜市によるプレスリリース

ぜひ正確な情報と知識で不安を取り除いて下さいね!

デング熱についての厚生労働省の「Q&A」コーナーをぜひご覧下さいね。

厚生労働省のデング熱に関するQ&Aページ

厚生労働省のデング熱に関するQ&Aページ


いくつかご紹介しますね。

【問い】
罹ると重い病気ですか?

【答え】
デング熱は、体内からウイルスが消失すると症状が消失する、予後は比較的良好な感染症です。

しかし、希に患者の一部に出血症状を発症することがあり、その場合は適切な治療がなされないと、致死性の病気になります。

【問い】
治療法はありますか?

【答え】
対症療法となります。

痛みと発熱に対してのアスピリンの投与は、出血傾向増悪やライ症候群発症の可能性があるので禁忌です。血漿漏出などの症状が出現した場合は、血漿漏出による循環血液量の減少を輸液により補うことが治療の中心になります。

【問い】
患者の経過と予後はどうでしょうか?

【答え】
デング熱の予後は比較的良好です。

血漿漏出と出血傾向が主症状の場合は適切な治療がなされないと致死性が高いですが、症状が回復し始めると迅速に回復するのが特徴です。

適切な治療を受けられれば、予後は良好です。

【問い】
日本国内でデング熱に感染する可能性はあるのでしょうか?

【答え】
日本にはデング熱の主たる媒介蚊のネッタイシマカは常在していませんが、媒介能力があるヒトスジシマカは日本のほとんどの地域(青森県以南)に生息しています。

このことから、仮に流行地でウイルスに感染した発症期の人(日本人帰国者ないしは外国人旅行者)が国内で蚊にさされ、その蚊がたまたま他者を吸血した場合に、感染する可能性は低いながらもあり得ます。

ただし、仮にそのようなことが起きたとしても、その蚊は冬を越えて生息できず、また卵を介してウイルスが次世代の蚊に伝わることも報告されたことがないため、限定された場所での一過性の感染と考えられます。

なお、ヒトスジシマカは、日中、屋外での活動性が高く、活動範囲は50~100メートル程度です。

国内の活動時期は概ね5月中旬~10月下旬頃までです。

予防方法については、このような説明がありました。

【問い】
蚊に刺されないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

【答え】
ヒトスジシマカやネッタイシマカは日中に活動し、ヤブや木陰などでよく刺されます。

その時間帯に屋外で活動する場合は、長袖・長ズボンの着用に留意し、忌避剤の使用も推奨します。

長袖・長ズボン、また蚊をよけるスプレーなども良いようです。

横須賀市の感染症対策のご紹介

先日、市内の学校の先生から

「生徒たちが蚊にさされると『デング熱だ!』と指さしあったりしてて。。。」

という報告を受けました。

こどもたちは率直にニュースに敏感です。

『感染症対策』にかぎらず、不安や怖れに対しては、正確な情報提供に尽きるとフジノは信じています。

フジノの知識の範囲ではありますが、爆発的な感染(パンデミック)の恐れは低い、感染症だと受け止めています。

また、横須賀市には「保健所」が設置されており、「感染症対策担当」も設置されています。

横須賀市ホームページの感染症対策のコーナー

横須賀市ホームページの感染症対策のコーナー


フジノは、市が設置している感染症対策委員会の傍聴もしていますが、医師会をはじめ、市内医療機関の感染症対策への意識は高いと感じています。

さらに、新港埠頭に新設した救急医療センターには感染症用の特診室も5部屋もあります。

ベッド

これからもしっかりと情報発信につとめて、市民のみなさまのご不安を取り除けるように努力しますね。

フジノとしては、これからも市民のみなさまにお伝えできる情報は全て発信してまいります。

(*後日、続報をお伝えしました)